« 納税者が職と住居を失い路頭に迷っているのに、税金で建てた豪華議員宿舎にいる国会議員。/【音楽】ファゴット吹きの休日。 | トップページ | 「非正規従業員 「野垂れ死にする」…年内限りに声震わせ」←半世紀近く生きているが、こんな悲惨な状況は初めてだ。 »

2008.12.26

今日(26日)はKenさんの奥様のご命日ですので、追悼の音楽をお聴きいただきたいのです。

◆リンクさせていただいてます、Kenさんの奥様が2年前の12月26日に急逝されました。

Kenさんとはインターネットで知り合って、本当に有難いと思っています。

がたがたへりくつクラシックというブログで、驚異的な音楽への情熱と博識ぶりがよく分かります。

Kenさんは、アマチュアオーケストラのコンサートマスター、つまり、アマチュア・ヴァイオリニストですが、

弾くだけではなく、私とは比較するのも失礼なほど、西洋音楽に造詣が深く、音楽への愛情がブログからひしひしと伝わってきます。

私もクラシック音楽を載せて色々書いていますが、所詮受け売りの知ったかぶりですが、Kenさんはお世辞でも何でもなく、

まともに勉強している方で、次元が違います。こんなアマチュア、私は他に知りません。私は大変尊敬しているのです。


そのKenさんの奥様がなんと2年前の12月26日に急逝なさいました。

私はまだネットでKenさんと知り合ってそれほど時間が経っていなかったけれど、大変なショックを受けました。

早いものであれから2年。三回忌ですね。法要は既に済まされたそうですが、ご命日は今日なので、

昨年同様、Kenさんの奥様を追悼したい。私には音楽をお聴かせすることしか出来ません。

浅学非才の私の選曲ですので、お恥ずかしい限りですが、Kenさんとお子さんたちと、天国の奥様にも

お聴き頂ければ幸いです。

追悼の音楽と表題に書きましたが、はっきりと死者を追悼する音楽(葬送行進曲など)は、一つもありません。

ただ、美しく、心が慰められるような音楽を選びましたので、読者の皆様にもお聴き頂きたいのです。


◆【音楽】バッハ、モーツァルト、ベートーベン、シューベルト、ショパン、ブラームス、です。

なるべく余計な説明は書かないようにします。

最初は「ピアニストの旧約聖書」、バッハ、平均律クラヴィーア曲集の一番最初の曲です。

演奏はスヴィヤトスラフ・リヒテルです。





続いて、モーツァルトのピアノ・コンチェルト第21番から第二楽章、アンダンテ、です。映画音楽に使われて有名な楽章です。

ピアノ・ソロは内田光子さんです。



こういうのは、音が簡単なだけに、ピアニストの音楽性が剥き出しになります。大変難しいと思います。

ですが、美しい。


次は、ベートーヴェンのピアノソナタ第8番「悲愴」第二楽章です。
「悲愴」といってもこの楽章は祈りを捧げるような静かな、穏やかな音楽です

演奏は、バックハウスという、おっかない顔をしたおじさんです。

既に故人ですが、ベートーヴェン弾きとして世界的に名を馳せた人です。





きれいでしょ?


次は、シューベルトの弦楽四重奏曲を聴いて頂きます。第14番「死と乙女」から第二楽章です。

変奏曲の形式になってます。テーマは同名の彼の歌曲から取っているのです。最初は暗い、

と思うかも知れませんが、再生開始後2分半ぐらいからの第一変奏のヴァイオリン聴いて下さい。

非常にきれいです。演奏は、アルバン・ベルク四重奏団です。





最後は、フル・オーケストラによる交響曲。ブラームスの交響曲第4番の第一楽章。

冒頭からすすり泣くような音楽ですが、途中に非常に響きの厚い部分を経て、楽章終わりの悲壮感が美しい。

演奏は、カラヤン=ベルリン・フィルです(このCD、ブラームスの交響曲が全曲で2,000円台です)




如何でしたでしょうか。今日は絶対にKenさんの奧様を追悼する特集を組む事に決めておりました。

お聴き頂けたら、幸いです。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 納税者が職と住居を失い路頭に迷っているのに、税金で建てた豪華議員宿舎にいる国会議員。/【音楽】ファゴット吹きの休日。 | トップページ | 「非正規従業員 「野垂れ死にする」…年内限りに声震わせ」←半世紀近く生きているが、こんな悲惨な状況は初めてだ。 »

エッセイ」カテゴリの記事

クラシック」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

Kenさん、ご丁寧なコメントを頂戴して、却って恐縮しております。

しかしながら、本当に意外な偶然ですね。私は、言うまでもなくKenさんがお書きになったエピソードを知る由もなく、

無い知恵を絞って曲を選んだのですが、Kenさんがおっしゃるように、「神のみ業」ではないか、と思わざるを得ませんね。不思議です。


「死と乙女」はお辛い気持ちにさせてしまったかも知れない。すみません。これ迷ったんです・・・。

吉田秀和さんのエッセイに、知り合いの方がお子さんが急病になり、病院へ運ぶ時に、シューベルトの「魔王」を

思い出してしまい、「何て、人を不安にさせる嫌な曲を書く奴(シューベルトのことですね)だ」と思ったと語っていた、というのがあります。

吉田さんが言いたいのは、シューベルトの音楽には、確かにそういう要素があり、人が抑圧して考えないようにしている、

恐ろしいこと、不安な気持ちを呼び起こすような力がある、ということです(それが良いとか、悪いとかではなくて)。

ですから、Kenさんがご結婚の後、「死と乙女」を意識的に聴かなかったのは、シューベルトの本質を見抜いておられたのでしょうね。

他の曲に関しては繰り返しになりますが、何らかのご縁がおありだったとのことで、喜んで頂けて良かった、と思います。

奥様も聴いて下さっているといいな。

投稿: JIRO | 2008.12.26 22:38

夜になって、再度聴かせて頂きました。
名演ばかりを選んで下さって、本当にありがとうございました。

1曲目のプレリュード部分はグノーのアヴェマリアの伴奏に「させられちゃった」ので有名ですが、町内会から演奏を頼まれて、不器用な家内に伴奏させるにはレパートリーが限られるので、苦肉の策で最初の依頼の時のいちばん初めに弾いたのが、このアヴェマリアでした。・・・そのことはJIROさんにお話したことは無かったので、ビックリすると同時に、胸をつかれたような思いで、今朝はしばしパソコンの前を立ち上がれませんでした。

3曲目はビリー・ジョエルがポップス化して歌っていますね。とにかくこのメロディは家内の大好きなもののひとつでした。我が家にある、どの演奏でCDをかけていたのかは忘れましたが(ケンプだったかもしれません)、良い曲だね、と、つくづく言っていました。

がっしりした体躯のわりには、私にとって、新婚当時から、なぜか出掛ける姿を見ていると不安を感じさせる家内でした。ですので、その生前に「死と乙女」は、実は意識的に聴きませんでした。それまで大好きだったのですけれど。妙なものです。

モーツァルトだけが、共通の思い出を持たない曲ですが、別の協奏曲をやった演奏会の日の打ち上げで階段からコケ落ちた私の襟元を持って、助け起こしてくれるのかとおもいきや笑い転げるばかりだった彼女を腹が立って引っ張っていったのが、どういう訳か、私たちが結婚することになったきっかけでした。そういう意味では、これも全く無縁、というわけではありません。

ブラームスの4番は、まだお互い独身時代に同じ演奏会で弾いていますが、少なくとも私の方はまだ彼女が眼中に無かった・・・という次第で。

なんだか、偶然とは思えない選曲。

神のなせる「みわざ」だとしか思えません。

心から御礼を申し上げます。

投稿: ken | 2008.12.26 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/43531628

この記事へのトラックバック一覧です: 今日(26日)はKenさんの奥様のご命日ですので、追悼の音楽をお聴きいただきたいのです。:

« 納税者が職と住居を失い路頭に迷っているのに、税金で建てた豪華議員宿舎にいる国会議員。/【音楽】ファゴット吹きの休日。 | トップページ | 「非正規従業員 「野垂れ死にする」…年内限りに声震わせ」←半世紀近く生きているが、こんな悲惨な状況は初めてだ。 »