« <学生音コン>東條太河さん 小学校の部で1位…バイオリン←小学校5年生でメンコン弾くのですよ。/ハイフェッツの「メンコン」 | トップページ | 「<山本五十六>「述志」2通発見、日米開戦の心情つづる」←山本さん、三国同盟にも開戦にも大反対だったのは、周知の事実。 »

2008.12.02

「裁判員通知来た」ブログで公開相次ぐ…氏名・顔写真も←法律の趣旨が分かっていないようですね。

◆記事:「裁判員通知来た」ブログで公開相次ぐ…氏名・顔写真も(12月1日3時3分配信 読売新聞)

裁判員制度の候補者名簿に登録された人が、通知が届いたことをインターネットのブログで公開するケースが相次ぎ、

中には候補者の氏名を特定できるブログもあることが分かった。裁判員法は候補者の個人情報を公にすることを禁じており、

匿名のブログなら大きな問題はないが、個人が特定できるものは罰則はないものの、同法違反と見なされることになる。

通知書が各家庭に届き始めた29日以降、ネット上では通知書を受け取った感想や、

封筒の写真を載せたブログが次々に現れた。ブログで氏名や顔写真を公開したうえで「通知が来た」と書いた男性もいた。


◆コメント:何故、秘密にしなければいけないか。

何だか、皆さん、裁判員になる、ということが、良く分かっていないみたい。

但し、この記事はちょっと説明が不足しています。

裁判員法は候補者の個人情報を公にすることを禁じており

とあります。これは「候補者に関する原則」なんです。

裁判員法は、正式には、裁判員の参加する刑事裁判に関する法律という名前の法律です。

裁判員の個人情報を明かしてはならない、という条文は「第六章 裁判員等の保護のための措置」に含まれています。

第101条の文言(もんごん)は次の通り。
第百一条  何人も、裁判員、補充裁判員、選任予定裁判員又は裁判員候補者若しくはその予定者の氏名、住所その他の個人を特定するに足りる情報を公にしてはならない。

これらであった者の氏名、住所その他の個人を特定するに足りる情報についても、本人がこれを公にすることに同意している場合を除き、同様とする。

(注:太文字は引用者による。)

ネットでは早くも、「俺が裁判員だぞー」と自分でバラしている人がいるそうですが、101条には、
これらであった者の氏名、住所その他の個人を特定するに足りる情報についても、本人がこれを公にすることに同意している場合を除き

とされています。自分が裁判員に選ばれた事を自分で公表するのは、候補者の段階では、確かに禁じられていますが、

裁判が終わったあと、「俺が、あいつを死刑にしたんだぞ」と自分から公表するのは「本人が公にすることを同意している場合」

と、考えられます。ですから読売が
裁判員法は候補者の個人情報を公にすることを禁じており

と書いているのは、間違ってはいないけれど、説明不十分ではないかと思います。

しかし、それでも、自分が裁判員であったことをバラすメリットは全くありません。


◆もしかしたら、あなたは誰かを死刑にするかもしれないのですよ。

どうも、この裁判員制度には、問題があるように思います。

裁判員が関わるのは刑事裁判。しかも、死刑か無期懲役か、というような重大な犯罪に対する刑罰の決定に関与するのです。

刑事事件は、あまりにも時間がかかる、と言われています。しかし、それは刑事裁判で一番大切なのは、事実認定だからです。

本当に被告人が、調書に書いてあるとおりの行為を実行したのか。人を裁くのですから念には念を入れなければなりません。

裁判員制度が始まっても、裁判員だけで判決を決めるわけではなく、法律の専門家である裁判官も関与しますが、

2回か3回の公判で、紙一枚で裁判員に選ばれた人たちは、裁判所が予め用意された分厚い資料を読まされて

(複雑な事実関係を、簡単に理解出来るかどうか。人を裁くのですから完全に理解しなければなりません)、

「はい、それでは、被告人を死刑にしますか?無期懲役にしますか?無罪ですか」

と、判断を求められます。日頃ニュースで凶悪な殺人事件の報道を聞いているとき、私たちは、簡単に、

「こんな奴、さっさと死刑にしてしまえ」とかいいますが、裁判員になったら、目の前の被告人を本当に死刑するかどうか、

本気で考えるのです。一般市民がその心理的重圧に耐えられるでしょうか。そしてもしも本当に死刑になったら、

被告人が兇悪犯だったとしても、あなたがその人物の生命を奪うことに関与したという事実は一生消えないのです。

私は死刑存続論者ですが、こういう判断は、感情を抑制する訓練をした、法律の専門家の仕事だとおもうのです。


◆うっかり、自分が裁判員であることが分かったら、何が起きるか分かりませんよ。

自分に裁判員通知が来たことを自分でネット上に公開するのは、自己責任ですが、

これだけ、ネットで何でも暴かれてしまう世の中です。自分は秘密にしておきたいのに、他のひとにバラされてしまうかもしれません。

きっと色々な騒ぎが起きると思います。今、世間は重罰化を望む傾向にありますが、世間の感覚などはいい加減なものですし、

嫌がらせを無上の喜びとする類の人も大勢います。あなたが関わった裁判で、被告人が死刑執行されたら、きっと、

「お前が、奴を殺した一人だな」

などと、ネット上で中傷される可能性は十分にある。あるいは、死刑にされた被告人の身内から報復されるかも知れない。

実際にそういうことが起きなくても、その可能性がある、という心理的圧迫感により、精神的に参ってしまう人が、きっと出ます。

だから、裁判員に選ばれたことを公判後であっても自ら吹聴するのは、実際に裁判員制度が始まったら、大変危険な行為です。

繰り返しますが、自分は沈黙していても、前述の通り誰かに公表されてしまうかも知れない。

そういうことをよく考え、覚悟を決めないといけないのです。

最後に、一言。

裁判員が関わるのは、一審だけなんですね。被告人が控訴して、逆転判決など出たら、

一体裁判員制度は何のためにあるのか、と、思います。

私には、この制度のメリットが認められません。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« <学生音コン>東條太河さん 小学校の部で1位…バイオリン←小学校5年生でメンコン弾くのですよ。/ハイフェッツの「メンコン」 | トップページ | 「<山本五十六>「述志」2通発見、日米開戦の心情つづる」←山本さん、三国同盟にも開戦にも大反対だったのは、周知の事実。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あつしさま、こんばんは。いつもありがとうございます。

あつし様のご意見に完全に賛同したします。

>「健全な常識」などという曖昧な基準で死刑判決のような重大な判決を下すのは
>法治国家としての基本を否定することになり、問題だと思います。

そうですね。そもそも「健全な」は主観的な評価です。どのような思想・信条を「健全」と見なすか、
一概に言えません。

仮に「健全な常識の持ち主」の判断基準が明文化されたとしても、このサイトに、裁判員の選び方が
説明されていますが、これでは、選ばれた人たちの思想まで判断することは不可能です↓

裁判員制度 | 裁判員制度の紹介
http://www.saibanin.courts.go.jp/introduction/how_to_choose.html

>この「健全な常識」は周りの人の意見に左右されやすいですからね。

そうなのです。日本人の行動様式の大きな特徴の一つは「他人と同じようにする」ということですから、
自分の意思を貫けるか、甚だ疑問です。

誹謗中傷・報復などをかんがえれば、自らが裁判員に選ばれたことを明かすのは愚の骨頂です。

裁判員制度の話はずいぶん前から出ていて、自分の日記を検索したら、

4年前、2004年3月、まだブログに登録していなかった頃に、私は既に裁判員制度に反対していました。(笑)↓

「「国民が刑事裁判に参加へ、裁判員法案を閣議決定」←止めた方がいいと思います。」
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=89954&pg=20040302


当時と今と、考えは変わりません。

投稿: JIRO | 2008.12.03 21:21

おはようございます。裁判員制度、いよいよ動き出しましたね。以前にもコメントさせていただきましたが、裁判員制度の導入理由として、「専門的な知識ではなく、市民の皆さんの健全な常識により判断していただく」とありましたが、「健全な常識」などという曖昧な基準で死刑判決のような重大な判決を下すのは法治国家としての基本を否定することになり、問題だと思います。この「健全な常識」は周りの人の意見に左右されやすいですからね。また選ばれた裁判員の考え方によって判決にばらつきが出る事になりますから。やはり仰るように、死刑判決等の重大な判断は複雑な事実関係を確実に理解し、法律を厳密に解釈し適用できる訓練を受けた法律の専門家がすべきだと思います。それでも冤罪事件などが起きるのですからね。あと自分が裁判員に選ばれたことを公開するのも控えた方が良いと思います。ネット上での誹謗中傷や、被告人の身内からの報復などは充分に考えられますからね。
この裁判員制度、私もメリットがあるとは思えません。即刻実施を中止すべきだと思います。

投稿: あつし | 2008.12.02 09:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/43294235

この記事へのトラックバック一覧です: 「裁判員通知来た」ブログで公開相次ぐ…氏名・顔写真も←法律の趣旨が分かっていないようですね。:

» 裁判員通知来た [けいのつぶやき]
裁判員制度のことで 今日、裁判所が候補者に通達書を出したそうですが、自分はうつ病... [続きを読む]

受信: 2008.12.03 19:57

» もし、裁判員候補になったら・・・ [徒然なる司馬に]
ここ1・2年TVなどで裁判員制度についてしばしば取り上げられていたが、もう来年の5月には裁判員制度がスタートするのだ。時の流れるのは実に早いもんだなぁ〜。 ・・・・と感心している場合ではない。 下記の記事を読んでいると、未だに「裁判員制度」という言葉は知っていても詳しい中身は認知されていないのが実情なのだ。これはあきらかに政府(とくに法務省かな)の怠慢である。 裁判を身近な存在にしよう、とか、裁判の判決までのプロセスに民間人・一般人の意識を導入しようとか意気込んで始めたのなら、もっと世..... [続きを読む]

受信: 2008.12.07 02:10

« <学生音コン>東條太河さん 小学校の部で1位…バイオリン←小学校5年生でメンコン弾くのですよ。/ハイフェッツの「メンコン」 | トップページ | 「<山本五十六>「述志」2通発見、日米開戦の心情つづる」←山本さん、三国同盟にも開戦にも大反対だったのは、周知の事実。 »