« 【差替】【音楽】バッハオルガン名曲集(一部チェンバロ)。その他の楽器でも。「目覚めよ~」アンドレ追加。 | トップページ | 【号外】2008-2009 東急ジルベスターコンサート 、カウントダウンは「ラプソディー・イン・ブルー」だそうです。 »

2008.12.31

「派遣切りから2か月、所持金底つき炊き出しの列に」←理屈とは別に、単純に「気の毒だ」と思わないかな。

◆派遣切りから2か月、所持金底つき炊き出しの列に(12月30日3時4分配信 読売新聞)

「派遣切り」や「雇い止め」の動きが広がる中、職と住まいを失った派遣労働者や期間従業員が、厳しい年末年始を過ごそうとしている。

 都会の公園で行われている炊き出しを訪ねると、瀬戸際まで追いつめられた彼らの姿があった。

 29日午後7時。東京・新宿の新宿中央公園の広場では、炊き出しに300人以上が列を作っていた。

 その一人、茨城県内の大手電気機器メーカーの工場で派遣労働者として働いていた河野泰享(やすたか)さん(33)は、

肉と野菜の煮込みをご飯にかけた丼を受け取ると、立ったまま食べ始めた。

 河野さんは10月上旬に派遣会社から「工場が減産になるので辞めてほしい」と通告され、同月中旬、職探しのため上京した。

交通量の調査など日雇いのアルバイトをしながら、夜はファストフード店などで寒さをしのいでいたが、

年末になって仕事が途絶えた。今の所持金は500円。今月からは新宿駅周辺で寝泊まりしている。

 荷物は路上で寝るためのシートなどが入ったリュックサック一つ。広島出身だが、住民票は茨城県の派遣先の寮の住所のままで健康保険証もない。

「健康だから路上の寒さにも耐えられるが、病気になったら……」。河野さんは食事を終えると新宿駅に足を向けた。

 同公園で28日~来月4日の予定で炊き出しをするボランティア団体「新宿連絡会」によると、

炊き出しに来る人は昨年より2割ほど多く、若い人も増えているという。

 28日夜、名古屋市内の公園でも元派遣労働者の男性(40)が炊き出しに並んでいた。

浜松市の自動車関連工場で働いていた男性は今月初め、派遣契約を打ち切られ、同僚8人とともに寮を追い出された。

手元の蓄えは約20万円。「親の世話にはなれない」と北海道の実家には帰らず、職探しのため名古屋に来て、

サウナやカプセルホテルに寝泊まりしていたが、26日夜、ついに所持金が底をついた。

 通りかかった公園で、見よう見まねで段ボールを敷き、新聞を体に巻き付け寝ようとした。

だが、あまりの寒さに1時間も我慢できなかった。その日は一晩中、街を歩いて朝を迎えた。

「来年は、正社員として働けるところを見つけたい」。男性は、そう言って公園を後にした。

年末年始は市の無料宿泊施設への入居を申し込むつもりだという。


◆コメント:「薄情」という言葉を知っていますか。

「派遣切り」という言葉をマスコミがやたらと用いるので、その反動だろうか、ネットを見回すと、冷たい意見が目立つ。

派遣社員は、派遣先の社員ではなくて、派遣会社に属する社員である。派遣先の会社は人材派遣会社と契約するときに、

「業績不振その他の理由で、いつ派遣職員が要らなくなるか分からない。そのときには、文句を言わないこと」

という趣旨の約束をしている。派遣会社から出向している社員は当然それを承知しているはずだから、文句は言えない筈だ、と。


こういう意見を表明しているのは、まだシャバ(社会)に出ていない学生や、社会人でも独身の若い人が多い。

所帯を持っている大人は、たとえ自分が正社員であっても、突然職と住居を失った人の胸中を想像出来るから、そう言う意見は少ない。

派遣社員の立場に関して、理屈はその通りだ。しかし、たとえ派遣社員とて、昔からホームレスだった人とは違う。

派遣社員として真面目に働き、派遣先の企業に大なり小なり貢献し、所得税・住民税を納めていた納税者である。

そして、今年の日本景気の悪化の速度は、米国金融危機に端を発している。

今日、ブルームバーグという金融専門の情報会社が、事の発端となった、9月15日のリーマン・ブラザーズの破綻について、

次のような記事を載せていた。

◆米リーマン破たん処理、急ぎ過ぎで750億ドルの価値損失(ブルームバーグ)(2008/12/29 18:42)

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版)は29日、米証券大手リーマン・ブラザーズ・ホールディングスの破たん処理が

無秩序で無計画だったことから、同社の価値が750億ドル(約6兆7800億円)相当の失われた恐れがあると報じた。同社の事業再編チームの社内分析を引用して伝えた。

コンサルタント会社、アルバレス・アンド・マーサルの調査によれば、

リーマンが米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用申請を慎重に計画・実施していた場合、数100億ドルの価値が維持できたという。

WSJは、こうした計画があれば、市場混乱を回避し多くの価値を維持する上で、秩序ある資産売却を可能にするとともに、

デリバティブ(金融派生商品)資産を解消するための時間を与えただろうと指摘している。

「リーマンを潰すか?」と私は、あの日、日記ブログに書いた。世界中に影響が出ることは目に見えていた。その通りになった。

今回の世界同時不況は、アメリカの金融危機が、世界の金融システムを不安定化させ、それが原因でおきたものである。

今までも、日本は何度となく不況を経験しているが、このような極めて特殊な、わずか一つの巨大証券会社の破綻が世界不況をもたらすとは、

世界中の金融、金融政策の担当者は、誰も想像していなかった。

私が知る限り過去約50年で、これほどまでに「急激に」「広範囲」に景気が悪化したのは初めてである。


したがって、派遣という不安定な立場を選んだ人間が悪いのだ、という言い方は、あまりにも酷である。

派遣会社なんか就職するからいけないのだ、というが、今やリストラは正社員にも及んでいる。

今は自分は正社員であり、非正規労働者がどうなろうが、知ったことではない、といっている人たちも、自分たちは安全だ、

と、考えない方が良い。


重ねて書くが、「真面目に働き、国民の義務の一つである納税の義務を果たしていた」のに、ある日突然、職も住居も失った人が、

巷に溢れている。ハローワークは役所の仕事納め(26日以降)も窓口を開いている。

住むところもなく、寒さに凍え、おカネもなくてひもじい思いをして、やっと「炊き出し」で飢えを凌いでいる。

こういう人々をみて、「自分が悪いのだ」という言葉を叩きつける人を、私は、人を思いやる心が無い「薄情」な人だと思う。

まず、「気の毒だ」と感ずるのが、「人間として正しい」のだ。


日本経済、いや、世界経済が好調な時にも倒産する会社はある。

私は、そのような光景を何度も観たが、倒産した会社の社員は、本当に気の毒になるほど惨めなものなのだ。

今の、クビを突然切られた非正規労働者とて同じ事だ。

そういうことを知らないで、あまりひどいことを云うものではない。

繰り返すが、日本の景気は悪化している、と、内閣府の「月例経済報告」も日銀の「金融経済月報」も公式に認めている。

悪化し続けている。いつ浮上するか、見当も着かない。

明日は我が身と覚悟することだ。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 【差替】【音楽】バッハオルガン名曲集(一部チェンバロ)。その他の楽器でも。「目覚めよ~」アンドレ追加。 | トップページ | 【号外】2008-2009 東急ジルベスターコンサート 、カウントダウンは「ラプソディー・イン・ブルー」だそうです。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

職業」カテゴリの記事

コメント

あつしさま、こんばんは。コメントをありがとうございます。

>今の派遣切りは、そんな会社には都合の良い雇用制度を生み出した経済界と行政に責任があるのであって、
>まじめに仕事をしてきた人には何の責任もないと思います。

全くおっしゃるとおりで、このような雇用改革を小泉政権時代にアメリカの要求に従って、導入した政府と企業の責任です。
ここでも以前書きましたが、小泉内閣の経済諮問委員だった経済学者の中谷巌氏が、
「アメリカのグローバル資本主義、競争第一主義、合理性のみを追及した市場経済を導入したのは誤りだった」と認めています。

>そんな人に向かってとてもじゃないですが、「自分が悪いのだ」などとは言えません。
>私は正規に雇用されている会社員ですが、仰るように明日は我が身かもしれません。
>だから決して人ごではないことを自覚すべきですよね。ましてや学生の分際で、
>社会に何の貢献もしていない者が言うべき言葉ではないと思います。

全く同感で、たまたま自分にまだ職がある人が「勝者」の気分にでもなっているのではないでしょうか。
学生なんぞ、出る幕じゃありません。

>レスをしていただいたこと、有り難うございます。

こちらこそ、毎回、拙い日記にご丁寧なコメントを頂戴したにも関わらず、

しばしば、レスが遅くなりまして、申し訳ありませんでした。

あつし様のような読者の方がいらっしゃるからこそ、書き続けようと思うわけでして、

来年もまた、よろしくお願い申し上げます。

ご家族の皆様とよいお年をお迎えください。

投稿: JIRO | 2008.12.31 19:14

好景気で忙しいときにはすぐ雇うが、景気が落ち込むと真っ先にクビを切る派遣という労働形態。今の派遣切りは、そんな会社には都合の良い雇用制度を生み出した経済界と行政に責任があるのであって、まじめに仕事をしてきた人には何の責任もないと思います。そんな人に向かってとてもじゃないですが、「自分が悪いのだ」などとは言えません。私は正規に雇用されている会社員ですが、仰るように明日は我が身かもしれません。だから決して人ごではないことを自覚すべきですよね。ましてや学生の分際で、社会に何の貢献もしていない者が言うべき言葉ではないと思います。
最後に今年一年、私のつたないコメントに丁寧にレスをしていただいたこと、有り難うございます。この日記のおかげでJIRO様のような人と交流を持てたこと、大変感謝しております。では、よいお年をお迎え下さい。

投稿: あつし | 2008.12.31 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/43581453

この記事へのトラックバック一覧です: 「派遣切りから2か月、所持金底つき炊き出しの列に」←理屈とは別に、単純に「気の毒だ」と思わないかな。:

» 今こそ政府の出番だ 雇用の確保に全力を [野分権六の時事評論]
米国発の世界的な経済危機は、日本に失業者の急増という事態をもたらしている。経営側 [続きを読む]

受信: 2009.01.03 18:11

« 【差替】【音楽】バッハオルガン名曲集(一部チェンバロ)。その他の楽器でも。「目覚めよ~」アンドレ追加。 | トップページ | 【号外】2008-2009 東急ジルベスターコンサート 、カウントダウンは「ラプソディー・イン・ブルー」だそうです。 »