« 「裁判員制度 精神的フォローは誰が?」←NHKスペシャル、見ました? | トップページ | 「<ビッグ3>救済廃案、破綻の瀬戸際に」←全くアメリカ人ってのは・・・・。 »

2008.12.12

たまにやります。昨日から本日のニュースを徒然なるままに。

◆記事:「mixi」15歳から利用可能に、年齢制限の引き下げ実施(12月10日22時32分配信 Impress Watch)

ミクシィは10日、SNS「mixi」の年齢制限を緩和し、15~17歳のユーザーでも利用できるようにした。

ただし、コミュニティが利用できないなどの機能制限を設けている。

 従来、mixiは18歳未満の利用を禁止していたが、今回から、15歳以上であれば既存ユーザーの招待を受けて登録・利用できるようになった。

11月に行われた発表会では、年齢制限の引き下げに併せて、ユーザーサポートを100人から200人に増員することも明らかにしている。

なお、15~17歳のユーザーには、一部機能制限を設けており、コミュニティ機能や友人検索機能が利用できないほか、

日記公開範囲の標準設定が「友人まで公開」(変更可能)になっている。

また、青少年にふさわしくない一部のレビューや広告は表示しないようにするという。


◆コメント:15歳~17歳のガキがmixiなんかで遊んでいるんじゃないっ。

全くITの普及も考えものだ。最近、電車の中で本を読んでいる中高生を見たことがない。

ケータイメールだけですら、かなりの時間を使っているらしいが、この上更に、mixiなんかでウロチョロするんじゃない。

悪いことを言わないから、今は本を読め。本を読む習慣は若いときじゃないと身につかないぞ。後で日本語を知らずに恥をかくぞ。


◆記事:株式投信、3年ぶり低水準=4カ月連続で減少-11月末(12月11日17時2分配信 時事通信)

投資信託協会が11日発表した投信概況によると、11月末の公募株式投信の純資産総額は

前月末比3.7%減の40兆5857億円と4カ月連続で減少し、2005年11月末以来3年ぶりの低水準に落ち込んだ。

円高・株安で運用成績は引き続き低迷。世界的な景気後退を背景に、

個人投資家の不安心理が依然として改善していない状況が鮮明になった。

 販売額は解約・償還額を上回ったが、資金の流入超過額はわずか105億円。

販売額は5年9カ月ぶり、解約額も3年半ぶりの低水準にとどまるなど、

先行き不透明感の強まりから投信の売買を見送る姿勢が目立った。


◆コメント:今の相場で、投信残高が減るのは当然でしょうね。

投信とは、「投資信託」の略で、

多数の投資家が資産運用会社を経由して信託銀行に資金を預け(信託)、資産運用会社がその資金を株式や債券、

金融派生商品などの金融資産、あるいは不動産などに投資するよう指図し、運用成果を投資家に分配する金融商品。運用で損失が出た場合には投資家が負担する。

と言うわけで、投資のプロ(ファンド・マネジャー)が沢山いる資産運用会社に金を預けて、

株、債券、商品、為替などの市場で運用「してもらう」もの。

ファンド・マネジャーはプロとはいえ、凡そ相場を100%当てるのは不可能であるから、

投信を買うということは、その時点で元本割れを覚悟しなければならないのである。

ただでさえ所得が減っていて、おカネに余裕が無いときに、投信を買う人が減るのは自然の道理。

今は、「増やそう」などと思わずに「貯めよう」とした方が良いです。

なお、記事の元になったデータは投資信託協会のサイトの、

【更新履歴】12月11日 月次概況新聞発表(11月分)を開くと、 投資信託概況 11月中 で発表されている。


◆記事:硫化水素自殺1000人超す=1~11月、高水準続く-警察庁(12月11日14時34分配信 時事通信)

硫化水素による自殺者が今年1~11月に1007人となったことが11日、警察庁の調べで分かった。

インターネット情報の影響などで今年に入って激増したが、既に1000人を超え、昨年1年間の29人の約35倍に上った。

 硫化水素の「原料」となる商品の一つが、自殺多発のあおりで10月末に製造中止となったが、

発生方法を紹介するネット情報は依然多い。自殺は4月の204人をピークに減少傾向にあるものの、

11月も53人で、1日平均1人以上の高水準が続いている。

 硫化水素自殺が増えたのは、市販商品を使って簡単に発生させる方法がネット上に多数紹介された影響とされる。

救助に入った家族や救急隊員が巻き添えで死傷する二次被害も多発したため、

警察庁は4月末、同ガス自殺を誘引するネットの書き込みを「有害情報」として取り扱い、業者やサイト管理者に削除を要請している。


◆コメント:だからさあ、こういうことを書くと、また増えるんだよ。

数年前にネットで知り合った他人がクルマの中で練炭で自殺したとき。 また、中学生がイジメを苦に連鎖的に自殺したとき。

私は自分の日記・ブログで、

「マスコミが報じるから、余計増えるのだ」

と書いた。

硫化水素自殺も全く同じ事である。最近、硫化水素自殺の記事はあまり無かったが、

こうやって、マスコミがこの話を取りあげると、「じゃ、 俺も」ということが必ず起きるのだ。

勿論、最後は自殺者本人の意思だが、マスコミは不要に「煽っ」ている のである。

「硫化水素自殺 今年1000人超した」ことを国民が「知ることのメリット」、

逆の言い方をすると、「知らないことによるデメリット」は特にない。

「報じる事によるデメリット」の方が大きいのだ。

真実でも報道しない方が良いことが、世の中には存在するのである。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「裁判員制度 精神的フォローは誰が?」←NHKスペシャル、見ました? | トップページ | 「<ビッグ3>救済廃案、破綻の瀬戸際に」←全くアメリカ人ってのは・・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

selaさん、ご賛同ありがとうございます。

以前、mixiでselaさんにご指摘頂いて分かったのですが、

私の日記に頓珍漢なコメントを付ける若い人が結構いたときに、

selaさんが、「これは携帯から(私の)日記を読み、しかも、文章の最初から読んでいないためだと思われる」

と教えて下さり、合点がいきました。

メールのやりとりばかりしていると、短い文章の応酬でまともな文章が書けなくなるように思いますし、

とにかく本を読まないで、知的レベルが同程度の友だちとメールごっこをしていては、国語力も知識も常識も身につきません。

ケータイは本来「電話」で、救命救急のドクターとか、営業マンで出先で他のお客さんから連絡を受ける必要がある

とか、本当に必要な人はごく一部です。仰るとおり、ついこの前までケータイなんてなかったのです。

学生には不要です。

更に仰るとおり、大人までもがケータイに夢中になり、本を読まないことや、

とにかく売り上げを伸ばしたい、通信各社の姿勢が問われます。

投稿: JIRO | 2008.12.14 01:08

本当に、本当にそう思います。 >年齢制限引き下げの件

嘆かわしいというか。
日本語の語彙をまず増やせ、というか。
読解力が無いとあなたの人生苦労するぞと思います。

そして。
ケータイなんて、要らないと思います。人間関係を構築する前にこじらせるというか、妄想で自分を追い詰めてる弊害のほうが大きいと思うので...。

てことを分からんオトナ、もしくは客にして利益を貪る企業?がそもそもイカンのですが..............

投稿: sela | 2008.12.13 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/43393908

この記事へのトラックバック一覧です: たまにやります。昨日から本日のニュースを徒然なるままに。:

« 「裁判員制度 精神的フォローは誰が?」←NHKスペシャル、見ました? | トップページ | 「<ビッグ3>救済廃案、破綻の瀬戸際に」←全くアメリカ人ってのは・・・・。 »