« 「<オバマ次期大統領>演説で景気対策説明 就任前に決意示す」←あまりにも大規模なので、どうなるか分からないのです。 | トップページ | 米失業率、12月7.2%に悪化=昨年の雇用、63年ぶり大幅減」/「<裁判員制度>実施巡る脅迫状、秋田に続き山形でも発見」 »

2009.01.10

<大手銀行8グループ>有価証券評価益、7割近く減少←それでも平均自己資本比率は11%台だ。

◆記事:<大手銀行8グループ>有価証券評価益、7割近く減少--08年9月中間決算(1月9日20時42分配信 毎日新聞)

金融庁が9日まとめた大手銀行8グループの08年9月中間決算状況によると、

同9月末時点の株式を含めた有価証券の評価益は計8566億円と、同3月末時点(計2兆7119億円)に比べて7割近く減少した。

米国発の金融危機で、保有株式や金融商品の価格が大幅に値下がりしたため。

08年9月期の自己資本比率も平均11.13%と、08年3月期(平均11.58%)から目減りした。

8グループは、

▽みずほフィナンシャルグループ(FG)

▽三菱UFJFG

▽三井住友FG

▽りそなホールディングス(HD)

▽中央三井トラストHD

▽住友信託銀行

▽新生銀行

▽あおぞら銀行。

08年9月末時点の日経平均株価は1万1259円86銭だったが、世界的な金融危機が深刻化した10月以降は株安が一段と進行。

9日の終値は9000円台を大きく割り込んでおり、このままの株安水準が続けば、

09年3月期の大手銀行8グループの有価証券評価損益が大幅な損失に転じるのは確実だ。


◆コメント:当たり前の事を、必要以上に深刻そうに書くな。

記事の元になっている数字は金融庁のサイト更新履歴 に載っている。

主要行等の平成20年度中間決算について 平成21年1月9日 金融庁の一番下、

主要行等の平成20年9月期決算状況(連結)(PDF:14K)を見る。

すると、表の左右真ん中あたりに、「その他有価証券評価損益」という列があり、一番下の黄色い所を見ると、8グループ計で8,566(億円)となっている。


更にその下に(参考)過去の主要行等合計の推移という欄があり、最下段に20年3月期 (8グループ計)のその他有価証券評価損益は27,119(億円)だったと記されている。

8,566/27,119=0.315。1-0.315=0.685。68.5パーセント。「有価証券評価益、7割近く減少」とは、そのことである。

この期間、株価はまだ暴落していないのだが、サブプライムローンを証券化した商品にどの銀行も投資していて、サブプライム関連商品の価格は

3月から9月までの間に暴落しているから、どの銀行もやられている。

どのような商品でどれぐらい評価損が出たかは、この表だけからは不明だが、当然予想されたことである。


そして、中間決算の2週間前にリーマン・ブラザーズが破綻し、それ以降株価が暴落しているので、最終決算(今年の3月末)で、

更に、有価証券評価損が膨らむだろう、と毎日新聞は書いているのである。

そんなことは言われなくても分かっている。

それだけ書いても、あまり意味を成さない。数字の悪いところだけを強調するのは、良くない。


◆これだけ有価証券評価益が減っても自己資本比率が11パーセント台というのは、体力の強さを物語っている。

私は別の見方をしている。

中間決算で、有価証券評価益が2008年3月期に比べ7割も減っているのに、

中間決算における大手8行の自己資本比率は平均11.13%で、3月末の11.58%から僅か0.45%しか下がっていない。

この自己資本比率は大変重要で、BIS(国際決済銀行)のバーゼル銀行監督委員会の定める世界共通の基準では、

国際業務を営む銀行は自己資本比率を8パーセント以上に保たなければいけない。


かつて、バブルが崩壊し、日本の銀行が資本を取り崩して、不良債権を償却していたときは、下手をすると8パーセントを割れるかも知れない、

ということで公的資金を注入して、資本を増強したのだが、それに懲りて、大手邦銀は自己資本の充実を心がけていたから、今回はまだ余裕がある。

中間決算後に株価が暴落しているから、確かに、3月期末には、もっと悪く(自己資本比率が低く)なっているだろう。

それに関して毎日新聞の憶測は間違っていないが、

08年9月期の自己資本比率も平均11.13%と、08年3月期(平均11.58%)から目減りした。

とだけ書いても、意味がない。「目減りし」ても、過去の最悪期に比べれば遙かに自己資本比率は高い。

アメリカでは、世界最大の銀行だった、シティが公的資金を注入されているが、日本では、少なくとも3メガバンク

(三菱東京UFJ、三井住友、みずほ)が同じような状況になるとは考えられない。

どうせ書くなら、バブル後の最悪期を顧みれば、邦銀の財務状態は遙かに改善している、という事実を

併記しないと、徒に一般国民の不安を煽る。その点で、この記事の書き方は不十分・不親切である。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「<オバマ次期大統領>演説で景気対策説明 就任前に決意示す」←あまりにも大規模なので、どうなるか分からないのです。 | トップページ | 米失業率、12月7.2%に悪化=昨年の雇用、63年ぶり大幅減」/「<裁判員制度>実施巡る脅迫状、秋田に続き山形でも発見」 »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/43692272

この記事へのトラックバック一覧です: <大手銀行8グループ>有価証券評価益、7割近く減少←それでも平均自己資本比率は11%台だ。:

« 「<オバマ次期大統領>演説で景気対策説明 就任前に決意示す」←あまりにも大規模なので、どうなるか分からないのです。 | トップページ | 米失業率、12月7.2%に悪化=昨年の雇用、63年ぶり大幅減」/「<裁判員制度>実施巡る脅迫状、秋田に続き山形でも発見」 »