« 「世界初の“アルコール0.00%ビール”をキリンが発表」←ビールを飲みたくても飲めない人がいる、という事実。 | トップページ | 「米の停戦決議賛成、10分前に阻止=ライス長官「恥かく」-イスラエル首相」←パレスチナ人を殺し続けているイスラエルは恥ずかしくない? »

2009.01.12

「元派遣、再就職に“心の壁”…「接客苦手」職種にこだわりも」←これはちょっと甘いね。

◆記事:元派遣、再就職に“心の壁”…「接客苦手」職種にこだわりも(1月12日3時9分配信 読売新聞)

「派遣切り」や「雇い止め」に遭った人たちの再就職先が、なかなか決まらない。

 年齢や資格が壁となっているだけでなく、慣れ親しんだ職種への「こだわり」や、新しい職種への「とまどい」もあるようだ。

3月までに職を失うと見込まれる派遣社員や期間従業員らは約8万5000人。求職と求人のミスマッチ克服が課題となっている。

「募集中の仕事はいっぱいあるんですが、今までやったことのない業種ばかりで……」。

昨年11月末、滋賀県の自動車工場の派遣契約を打ち切られ、東京・日比谷の「年越し派遣村」から都内の施設に移った男性は、

仕事が決まらずにいる理由をそう語る。

12月に上京。ネットカフェに寝泊まりしながらハローワークに週3~4回通ったが、運転免許を持たない身には、求人情報の多くが無縁に感じた。

求人情報誌に載っていた「年齢、経験不問」の職場に電話したこともあるが、まず聞かれたのは年齢だった。「43歳」と告げたとたんに断られた。

最近になって、ようやく長期間働けそうな警備会社を見つけた。「もう甘いことは言ってられない」と、覚悟を決めるつもりだ。

昨年8月末に大手自動車工場で「派遣切り」に遭い、派遣村で過ごしてきた男性(30)も、新たな仕事が見つかっていない。

9年間、愛知県や静岡県の自動車工場で働いてきたから、自動車関連の仕事ばかり約30社に応募してきたが、雇ってくれるところはなかった。

昨年末、ホテルの住み込み清掃員に採用が決まりかけたが、「給料が安く、将来につながらない」と断った。

「自分は人見知り。営業や居酒屋の店員などは難しい」と今も自動車関連の仕事を探し続けている。

厚生労働省によると、派遣村から移った都内4施設で実施しているハローワークの就職相談では、

建設、警備、旅館など、住み込みで働ける仕事を中心に約4000件に上る仕事が紹介されており、9日までに125人が求職の登録をした。

しかし、生活保護の手続きや住居探しに時間を取られているという事情もあり、再就職が決まったのは数人だけという。

厚労省東京労働局によると、求職者1人あたりの求人数を表す有効求人倍率(パート除く)は職種ごとに大きなばらつきがある。

都内の昨年11月の数値を見ると、「一般事務職」は0・27倍、「製造・土木」も0・55倍と極めて低い。

これに対し、資格や経験が重視されるIT技術関連、介護関連などは3倍以上となっている。

資格を持たない人には、再就職は難しいように見えるが、特段の資格が必要ない「接客・給仕職」で5・93倍、「警備職」も5・74倍の求人があるのだ。

現実には年齢や経験などの制約も受けるだろうが、同労働局の担当者は

「給与や勤務時間帯など、人によってそれぞれ譲れない一線があるようです。その一線を越える仕事を無理に紹介できませんから」と話す。

年明け以降、連日5~10人の元派遣社員が相談に訪れている東京・豊島区のハローワーク池袋の青木和夫・職業相談部長によると、

「相談にくる元派遣社員たちは素直でまじめな印象。就労意欲も高い」という。

それだけに、「今まで働いてきた仕事以外の職種に気持ちを切り替えて、就職活動をすることができない人もいるのでは」と見る。

トヨタ自動車の減産に揺れる愛知県では、昨年11月の製造業の新規求人数(パート除く)が前年同月の9646人から4120人へ半数以下に減った。

しかし、同県でも介護・福祉などの職種は人手不足となっており、資格不要の仕事もある。

同県内のハローワーク担当者は、「長年、モノを作ってきた人は、ヒト相手の仕事にとまどいがある」と分析。

別のハローワークの担当者は「派遣会社からの求人に対し『派遣はもうこりごり』と敬遠する人もいるのでは」と、ミスマッチの一因を推察した。


◆コメント:私も接客業が苦手でしたが、15年やりましたよ。

うーむ。非正規雇用労働者を簡単に解雇する企業の経営方針に反対である、と書いてきて、

その考え自体は変わらないが、元派遣で、仕事が決まらない人。そういうことだったのか。

「切られた」派遣労働者に同情してきたが、この記事を読む限り、同情出来ない例もありますねえ。

好きなこと、得意なことを仕事に出来る人は限られている。勤め人は特にそうだ。

仮に、「本が好きだから」という理由で出版社に入社し、純文学の編集担当などを希望しても、

女性週刊誌の編集部に配属になることもある。例を挙げればきりがない。


私ら正社員の総合職は、ハンコ一つで、何処の部署にでも転勤しなければならない。

全く未経験の仕事をさせられ、最初は、一般職の女の子にまで、コケにされることもある。

特別の理由が無い限り、海外勤務を命ぜられれば、拒否出来ない。勤め人とはそういうものだ。

私自身の「自慢」をするつもりはないけれども、私はどちらかと言えば一人で、黙々と作業をするのが向いている。

今はそういう仕事だけれども、若い頃は四の五の言っていられない。現場で接客をしろ、と言われたら、するしかない。


接客業は苦手だから、などと異動を拒否することなど許されないのだ。

店頭での接客は慣れたけれども、接待もしなければならず、酒飲みではなく、宴席が大嫌いな私には辛かった。

しかし、それは「仕事」であるから、飲めない酒も飲んだ。また、このブログをいつも読んで下さっている方は御存知の通り、

私はクラシック音楽が好きだが、酒の席でクラシックの話など出来ない。それどころか、二次会でカラオケに行って、さも楽しそうに

「演歌」を歌わなければならなかった。正直云って苦痛であった。が、繰り返すが、これは「仕事」である。

こういう事が15年続いた。だけど、私は耐えましたよ。何とか。


「石の上にも三年」というでしょう。最初は苦手な仕事も3年我慢すれば何とかなる。それでも苦手かも知れないが、

働くのは「食うため」であって、「楽しむため」ではない(楽しいに越したことは無いが)、と割り切るしか無いのだ。

今の状況に鑑み、「派遣切り」に遭った人は選り好みをしている場合ではない。

何処かに職を見つけて自分の苦手な仕事であっても、頑張ってみなければならないのではないだろうか。

景気の良いときなら、派遣に登録して好きな仕事ばかりを選んでいられたかもしれないが、今はそういう状況じゃない訳でしょ?

ちょっと、意識が甘い、というか状況を把握していないのではないか、と言わざるを得ない。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「世界初の“アルコール0.00%ビール”をキリンが発表」←ビールを飲みたくても飲めない人がいる、という事実。 | トップページ | 「米の停戦決議賛成、10分前に阻止=ライス長官「恥かく」-イスラエル首相」←パレスチナ人を殺し続けているイスラエルは恥ずかしくない? »

ニュース」カテゴリの記事

社会福祉」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

職業」カテゴリの記事

コメント

TACさん、引きこもりのボランティアをなさっているのはご立派ですが、

元派遣労働者は、引きこもりじゃありませんよね。とにかく働いていた人達ですよね。

そういう人々に、今更、

>弱い自我をある程度支えながら係わり続けて、自我の成長・成熟を促す

必要があるのでしょうか。職があるのですから、それを選ぶか選ばないかは、カウンセラーに頼ることではなくて、

自分で決めることでしょう。

>少なくとも、経営陣が「人件費」の節約のために自らの賞与や給与を半減した
>り返納した…などというニュースはこの状況の中、今のところ目や耳にしませ
>んし、総理をはじめ与党の国会議員も同様です。どちらがより生活に余裕があ
>るかを冷静に判断した上で、「自己責任」論を経営陣や政治家・上級官僚の
>「無責任」のカモフラージュに利用されないように注意すべきだと思います。

それに関しては、伊藤忠商事の丹羽社長の例をとって、経営者の責任、国の責任について既に言及しました。

「年末・年始の「年越し派遣村」ニュース所感。本来、行政の仕事であり、ボランティアに頼る事じゃないだろう。」
http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2009/01/post-3d12.html

投稿: JIRO | 2009.01.14 01:51

misaさん、コメントをありがとうございます。。

仰ることは、筋が通っているのですが、

今回の派遣社員の失業に関しては、アメリカの金融危機が、9月に始まってから、世界中の金融・経済の専門家ですら

予想出来ないほど、速く、広範囲に世界景気の後退をもたらし、その結果あまりにも一度に派遣社員が

クビになったということが特殊な事情なので、急に職を失った人に暫定的に住居に世話をするぐらいは、

仕方ないかと思います。ただ、仕事の口があるのに選り好みして、なお、職が無い、という「元派遣」は

甘いなあ、と、私も思います。

しかし、世論は、景気が良いときには、「派遣」にたいして特に批判的ではなかったのに、

不景気になって、彼らが職を失った途端「派遣なんかでいるから悪いんだ。ざまあみろ」と、

これは極端ですが、中にはそういう論調も有ります。一種の「正社員の優越感の誇示」みたいなコメントが

ネット上で散見されます。それはちょっと言い過ぎかな、というのが、

書き方が難しいのですが、私のスタンスです。

投稿: JIRO | 2009.01.14 01:38

ひきこもりの問題に係わっていると、自我の弱さを感じる場合が少なくありません。カウンセリング的には、弱い自我をある程度支えながら係わり続けて、自我の成長・成熟を促すのが結局は近道だと感じます。

ニュースでも、必ずしもすぐに新たな就労につながらない姿をクローズアップしていましたが、「私はやったのだから、他の人だってやるのが当然だ」とするのは、少し違う気がします。派遣やパートの「自己責任」とするならば、逆に経営陣や政治家はきちんと「自己責任」を取っているのかも厳しく追求する必要がある筈です。

少なくとも、経営陣が「人件費」の節約のために自らの賞与や給与を半減したり返納した…などというニュースはこの状況の中、今のところ目や耳にしませんし、総理をはじめ与党の国会議員も同様です。どちらがより生活に余裕があるかを冷静に判断した上で、「自己責任」論を経営陣や政治家・上級官僚の「無責任」のカモフラージュに利用されないように注意すべきだと思います。

投稿: TAC | 2009.01.13 22:50

ほんとにその通りだと思います。急に仕事も住居も失った、という方には気の毒だとは思いますが・・・。
私は現在は別の仕事をしておりますが、正社員で10年ほど働いていました。
(紆余曲折を経て現在は独立してます)
その時、派遣社員の方について思いました。
派遣の方は自由がありました。サービス残業もありません。異動も、転勤も、出張もありません。辞めたくなったらスイと辞められます。
それがあるから派遣でいたい、ということだとずっと思ってました。
もちろん、自動車関係ではなかったため、それぞれの詳しい事情はわかりません。
しかしながら自由にはリスクがつきものです。自由な立場を自分で選んでいて、今更それで税金を使ってどうにかしようというのは我慢なりません。
企業が生き残るために派遣を切るわけです。そのまま残して本体が潰れたら元も子もありません。
また、そのために正社員にしわ寄せもあるわけです。

独立した人には自由がありますが、マイナスになるリスクだってあるわけです。

生きていくためには、好きではない仕事もしなければなりませんし、下げたくない頭を下げなければならない場面もあります。  経験も興味もないゴルフでも身銭切って練習している方だって多いと思います。
必要な資格を取るために、プライベートな時間に勉強をしなければならないこともあるでしょうし、いやな人間関係があっても我慢しなければなりません。
苦手な事だって、できるようになるよう努力をしている人がたくさんいます。

その努力によって支払われた税金を使って、自由に生きたい人の助けをしようなんて、なんだか根本的に違う感じがして仕方ありません…。

ちょっと急いでいたので、わかりにくい文章ですみません。

投稿: misa | 2009.01.13 15:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/43723715

この記事へのトラックバック一覧です: 「元派遣、再就職に“心の壁”…「接客苦手」職種にこだわりも」←これはちょっと甘いね。:

« 「世界初の“アルコール0.00%ビール”をキリンが発表」←ビールを飲みたくても飲めない人がいる、という事実。 | トップページ | 「米の停戦決議賛成、10分前に阻止=ライス長官「恥かく」-イスラエル首相」←パレスチナ人を殺し続けているイスラエルは恥ずかしくない? »