« 「景気悪化で月別の自殺者数公表」←毎月公表することに自殺抑止効果があるだろうか。 | トップページ | 19日は「メヌエット」で知られるボッケリーニの誕生日。「メヌエット」「フルート・ソナタ」「コントラバス・ソナタ」「交響曲」 »

2009.02.19

【翻訳】「自民党はタイタニック号のようだ」(ウォール・ストリート・ジャーナル 18日付社説)及び所感。

◆(原題)Tokyo Titanic

http://online.wsj.com/article/SB123490689140703061.html#

悪い冗談だが、自民党はあたかもタイタニック号の様相を呈している。いや、それよりひどい状態かも知れない。

乗客・乗員は、皆、末期的な方向に向かいつつあることを知っている。

絶望的な景気の悪さという状況に加え、中川財務相が、とどめを刺した。


日本は1970年代以降、最悪の景気後退局面に陥っている。(月曜日に発表された)2008年第4四半期のGDPは、

前期比マイナス3.3パーセント。3四半期連続して、前期比マイナスであり、年率に換算するとマイナス12.7パーセントになる。

日本経済は既にデフレの崖っぷちにあり、失業率は上がり続けている。

この世界第2位の経済大国の景気は、今や米国の3倍の速さで後退し続けているのである。


その主たる原因は外需の落ち込みにある。それに加えて民間企業がリストラでもたついていること、雇用関係の

面倒な法体系により、日本の会社は、より厳しい経済環境に適応出来るように変わることが出来ていない。

中川財務相は、金融政策の舵取りの失敗によって罷免されることはなかったが、先週末G7後の記者会見に泥酔して現れて

醜態を晒したかどにより、その職を解かれ、後任には、消費税引き上げ派の与謝野経済担当相が中川氏の職を兼務することが決まった。


そして、これこそが、麻生政権の悲劇を端的に物語っている。麻生首相は前任の安倍晋三、福田康夫両氏を引き継いで、

昨年9月に首相に就任したばかりだが、前の二人が経済改革に失敗したのをずっと見ていた人である。

麻生首相は、従って、サプライサイドエコノミックスに大きく方針を転換する--例えば減税を通じて--ことが出来たはずである。

しかし、彼が提案したのは、「定額給付金」だった。麻生内閣支持率は、一桁台にまで落ちこむ寸前である。


今や、麻生氏の政治的存在意義は、ケインジアン風の「バラマキ方式」を含む、来年度予算を可決することだけ、といっていい。

このおかげで、野党・民主党はかつて無いほど、強い立場にある。小沢一郎代表のリーダーシップの下で、

民主党は、9月に任期満了となる衆議院の早期解散の交換条件として、予算案への同意を「取引道具」として用いることが出来る。

自由民主党は、半世紀にわたって、殆ど常に日本を支配してきた。今や自民党の勢力の衰えは見て明らかである。

しかし、民主党の景気対策は自民党のそれと殆ど違いがない。


自民党は1990年代、小泉元首相という強力なリーダーの下で、「構造改革」の旗印を掲げ、強大な勢力になったが、

今や、「小泉伝説」は後継者たちの時代に入ってから、過去のものになりつつある。その小泉はつい最近、麻生首相を痛烈に批判した。

小泉氏の再登場を真剣に希望する声もあるぐらいで、これは、日本の有権者が今の経済を大きく変化させたいと希望している証左である。

自民党も、民主党も、それが出来ないというのならば、若手の政治家による、第三の勢力=政党が出現してもおかしくない。

自民党は、タイタニック号と同じ針路を辿っているかも知れないが、日本経済を再生する勢力に委ねられるかも知れない。


◆コメント:ウォール・ストリート・ジャーナルの理解・評価は中途半端。

ウォール・ストリート・ジャーナルの社説だが、理解が中途半端である。

自民党は最早、タイタニックの如き「沈没船」だ。しかし、民主党も似たようなものだ、と。

ここまでは、当たっているが、だからといって、日本国民は小泉元首相の「改革」がとんでもないペテンだった、

ということに、とっくに気付いており、奴の所為で弱者切り捨ての格差社会が生まれた、と言うことも含めて自民党に

不満なのである。小泉路線に帰って欲しい、と願っているものはいない。

確かに、小泉の支持率は高かったが、彼は日本史上最悪の首相だった、とわたしは思う。

第三の勢力が出て、謂わば三大政党政治になるかも知れない、というのは、机上の空論で、

それだけの勢力を持つ実力のある若手国会議員が、多数存在するとは考えられない。

今は、とにかく国会は景気対策を最優先課題として話し合うべきなのに、野党は首相の中川の任命責任を追及する、

などといって、これは選挙を意識してのパフォーマンスに他ならない。


また、18日、自民党の後藤田正純衆院議員は、サミット前の麻生退陣を要求するなどとクーデターの真似事をしているが、

それは、今、麻生首相のままで総選挙が行われたら、自民大敗は必至だから、野党になるのはイヤだ。

それどころか、内閣支持率がココまで低いと、自民党員であるが故に、総選挙で再選されないかも知れない。

そんなの、絶対嫌だ。また、国会議員になって、美味しい思いをしたいのだ、という「私欲」の表れである。


今国会に限らず国会の召集は天皇の国事行為の一つで、今回も陛下からは、1月5日、

第171回通常国会の開会に際して、いつもどおりだが、

国会が、国権の最高機関としてその使命を十分に 果たし、国民の信託に応えることを切に希望します

とのお言葉があった。これが国民の総意だろう。

国会は国会議員の為に存在するのではなく、主権者たる国民の為に存在するのだ、というあまりにも当たり前の事実を、

国会議員たちは皆、忘れている。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「景気悪化で月別の自殺者数公表」←毎月公表することに自殺抑止効果があるだろうか。 | トップページ | 19日は「メヌエット」で知られるボッケリーニの誕生日。「メヌエット」「フルート・ソナタ」「コントラバス・ソナタ」「交響曲」 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

麻生政権批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/44107471

この記事へのトラックバック一覧です: 【翻訳】「自民党はタイタニック号のようだ」(ウォール・ストリート・ジャーナル 18日付社説)及び所感。:

« 「景気悪化で月別の自殺者数公表」←毎月公表することに自殺抑止効果があるだろうか。 | トップページ | 19日は「メヌエット」で知られるボッケリーニの誕生日。「メヌエット」「フルート・ソナタ」「コントラバス・ソナタ」「交響曲」 »