« 「とかくにこの世は住みにくい」ので、音楽にします。「聖なるアリアと合唱曲集」 | トップページ | 【翻訳】「自民党はタイタニック号のようだ」(ウォール・ストリート・ジャーナル 18日付社説)及び所感。 »

2009.02.17

「景気悪化で月別の自殺者数公表」←毎月公表することに自殺抑止効果があるだろうか。

◆記事:月別の自殺者数を公表へ=景気悪化考慮、1月分から-警察庁(2月17日10時17分配信 時事通信)

警察庁は17日までに、今年から、毎月の自殺者数を公表することを決めた。

これまでは1年間分の統計を翌年6月ごろにまとめて公表してきたが、昨年末から景気が急速に悪化。

自殺者が急激に増える恐れもあることから、月ごとの数字を公表することにした。

 新たに毎月公表するのは、1カ月間の全国と都道府県別の自殺者数とそれぞれの男女別内訳。

年齢別や原因・動機別は従来通り、年間のまとめ時に公表する。今年1月分は3月中にも警察庁のホームページなどで公表される。


◆コメント:逆効果を生ぜしめる恐れがある。

確かに今までおかしいな、と思っていたのは、前年の交通事故死者数は年が明けるとすぐに発表されるのに、

自殺者数は5月か6月にならないと発表されなかったことである。

警察が認知している自殺者数の集計に半年もかかるとは到底思えない。


しかし、不景気で自殺者が増えそう「だから」毎月の自殺者数や内訳を公表する、という発想は、明らかにおかしい。

警察は、忘れたのであろうか。

かつて(2003年)、ネットで知り合った見知らぬもの同士が車の中で練炭を炊いて自殺することが連続しておきた。

これは、この特異な行為を報道すること(公の知るところとなること)が同種自殺の連鎖の、少なくとも一因になったように思われた。


日本中で同じ時期に、「クルマの中で見知らぬ者同士が練炭を焚いて一酸化炭素中毒で自殺する」という

全く同一、かつ、特殊なアイディアを思いつく人が、偶然増えたとは考えづらく、「集団練炭自殺報道」が次の同種自殺を惹起した、

といっても過言ではない。

少なくとも私はそのように考え、

2003年05月24日(土)「集団自殺」と「通り魔」は報道しない方がよいのではないか。

を書いた(当時はブログは無くて、ウェブ日記エンピツだけ)。


◆「中学生がイジメを苦に自殺」も同じだった。

2006年に中学生がイジメを苦に自殺することが、立て続けに起きた。

この時も、自殺が大きく報道されることにより、自殺実行者が、自分をイジメた相手に報復できる、という錯覚に陥っている、

と私は考えた。そこで、

2006年11月15日(水) 「小中学生の自殺連鎖止まらず」←お前ら(マスコミ)がいちいち報道するのも一因だぞ。ココログ

を書いた。

図らずも、その約一ヶ月後に自殺防止を専門とする精神科医が同じ意見であることが報じられた。

2006年12月25日(月) 「いじめ自殺報道」が「自殺連鎖」を誘発した可能性あり。専門家の指摘←私は、先月同じ事を書きました。ココログ


◆自殺者数を毎月公表し、もしも、急激に増加していたら、「じゃ、俺も」となりかねない。

自殺者数を毎月公表したところで、一般人が、駅のホームで「飛び込みそうなひと」に特に注意を払い、自殺予防に貢献しよう、

と、考えるとは思われない。鉄道関係者が気をつけると言っても、急に各駅の人員を増やす訳にも行かないだろうし、増やしたからといって、

必ず、飛び込みを防げるとは限らない。また、自殺の方法は飛び込みだけではないから、自殺者が増えていくのを知ることにより、

元々希死念慮(自殺願望)を持つ人が、「じゃ、俺も・・・」と実行に移すトリガーになりかねない。

記事には、

自殺者が急激に増える恐れもあることから、月ごとの数字を公表することにした。

とあるが、それは逆効果ではないか、と思うのである。それなら、(仮定上の話だが)、

「自殺者が劇的に減少しつつある時」に、その事実を公表するべきなのである。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。


【お知らせ】「エンピツ」メンテナンス

エンピツが18日(水)午前0時から、午前6時まで、読むことも書き込むことも出来なくなるそうです。以下、エンピツからの「お知らせ」。
停止サーバー : エンピツサービスに係わる全サーバ

サービス停止日 :2009年2月18日(水)

サービス停止予定時間 :午前0時からより午前6時までの6時間

停止理由 :データセンターの移転により

今回は全サーバの停止のため、閲覧、書き込み全てのサービスが一時停止となります、ご了承下さい。

図々しいお願いで恐縮ですが、この時間を避けて清き一票をお願いいたします。

|

« 「とかくにこの世は住みにくい」ので、音楽にします。「聖なるアリアと合唱曲集」 | トップページ | 【翻訳】「自民党はタイタニック号のようだ」(ウォール・ストリート・ジャーナル 18日付社説)及び所感。 »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

メンタルヘルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「景気悪化で月別の自殺者数公表」←毎月公表することに自殺抑止効果があるだろうか。:

» 自殺者数を頻繁に公表することの危険性 [Flon自殺対策情報サイト]
警視庁が毎月自殺者数を公表することにしたニュースについて、個人のブログで否定的な [続きを読む]

受信: 2009.02.23 22:48

« 「とかくにこの世は住みにくい」ので、音楽にします。「聖なるアリアと合唱曲集」 | トップページ | 【翻訳】「自民党はタイタニック号のようだ」(ウォール・ストリート・ジャーナル 18日付社説)及び所感。 »