« 【音楽】1845年3月13日、メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲初演。ソネンバーグというひじょーに個性的なソリスト。 | トップページ | 「経済回復へ追加措置=「財政重要」も数値目標見送り-G20共同声明」←意外感が無いので、また明日から株は下がると思います。 »

2009.03.15

「スト決行!TBSからアナ消えた」平均給与1550万円でストですか。

◆記事:「スト決行!TBSからアナ消えた」(デイリースポーツ - 03月14日 09:40)

TBSのニュース、情報番組に出演しているレギュラーのアナウンサー陣が13日、一斉に番組から姿を消す事態が起こった。

TBSの労働組合が同日正午からストライキを行ったためで、組合員であるアナウンサーらも番組への出演を取りやめた。

アナウンサーがストのため出演を見合わせるのは、他局を含めてもここ10年ほど例はなく、異例の事態だ。

「木村郁美アナウンサーは、今日はお休みです」。フリーの福沢朗キャスターが「ピンポン」でこう説明したのを皮切りに、

午後から夜にかけて、人気アナウンサーの“欠席”が相次いだ。

TBS広報によれば、今回のストは春闘の会社側の一次回答に対するもので、13日正午から深夜0時までの時限スト。

このため「ピンポン!」のほか「2時っチャオ!」「イブニング・ファイブ」「ニュース23」などの生放送で組合員アナが不在となり、

代わりに管理職アナウンサーや外部キャスターが穴を埋めた。また、番組内容も多少変えてしのいだという。


◆コメント:スト(組合)の要求内容を書かなければ意味が無い。既に高給取りのはず。

「デイリースポーツ」だから仕方ないけれど、「アナウンサーが消えた」ことばかりを強調してもしかたがない。

ストライキは憲法第28条で保障された労働基本権の一つ(団体交渉権又は争議権)であり、

それは全ての労働者が等しく有する権利だから、テレビ局のアナウンサーにもストライキをする権利がある。

法的には、つまり理屈、建て前はその通りだ。しかし、「春闘」ってね。

民放テレビ局のアナウンサーの給与明細、公表して欲しいな。あの連中、驚くほどの高給取りであるはず(後述)。

テレビ業界の読者の方から、教えて頂いたが、こういう時アナウンサーだけならまだしも、

他のスタッフまでストに突入すると、下請け会社(番組制作会社)が代わりにやらされるそうだ。

テレビ局の番組の多くは、テレビ局員ではなくて、実質的に下請け会社が制作しているが、

下請け会社の社員の給料は何もしないテレビ局員よりも遙かに安い。

長いことそういう構造が当たり前とされていたが、最近、問題になっているようだ。

時事通信に先日、載った記事。

◆テレビ局の「下請けいじめ」是正へ=ガイドラインを策定-総務省(時事通信)(2009/02/25-20:42)

総務省は25日、テレビ局が番組制作会社に対し、優越的な地位を利用して不公正な取引を強いているとして、

是正に向けたガイドラインを策定したと発表した。景気減速に伴いテレビ広告収入が低迷し、

下請けである規模の小さい番組制作会社へのしわ寄せが進んでいるのを改善するのが狙い。

テレビ局は番組の多くを制作会社に依存しているが、ここ数年、自社のイベントチケットを制作会社に販売させたり、

CMの利用を強要したりするなど下請法に違反する「下請けいじめ」が横行。公正取引委員会がテレビ局に対し警告してきた。

テレビ局の広告収入は景気悪化で大幅に落ち込み、民放各社が番組制作費の削減を強化していることも背景にあるとみられる

また、テレビ局員の給与水準、何故高給を維持できるのか、を詳細に解説した記事もある。

赤字なのに平均年収トップのテレビ業界 「高給のカラクリ」(MONEYzine 2009年02月08日 13:00)

これによると、平均給与は、

  • TBS 1550万円

  • フジテレビ 1534万円

  • 日本テレビ 1405万円

  • テレビ朝日 1322万円

  • テレビ東京 1226万円

民間企業であるから、給与水準は収益に応じて各企業が決めれば良いのだが、常識の範囲というものがある。

あれだけ下らない番組を粗製濫造し、国の顔色を見て、政府の御用報道機関のようなニュースを流し、

自らは何も生産せず、他人の不幸や失敗を全国に言い触らして立派な仕事をしているつもりの連中である。


さも深刻そうな顔で、「世界不況」を懸念するようなニュース記事を読んでいるが、

実際は、高所得を得ている自分たちは十分安泰だ、とタカを括っているに違いない。

そう言う奴らが、なおかつ「春闘」で「ストライキ」とは、呆れる。

今でもお前ら役に立たないのに、給料高過ぎだ、と言いたいのは、私だけであろうか。

今はまだ、広告収入の減少を下請けに押しつけて凌いでいるが、世の中全体が不況になれば、

自分たちだけは大丈夫、と思っているテレビ局員をはじめ、いくつかの業種の人間も、

ここまで世の中全体の景気が後退を続けている限り、遅かれ早かれ、

不況の影響を受けざるを得ないだろう。いずれ、分かる。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 【音楽】1845年3月13日、メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲初演。ソネンバーグというひじょーに個性的なソリスト。 | トップページ | 「経済回復へ追加措置=「財政重要」も数値目標見送り-G20共同声明」←意外感が無いので、また明日から株は下がると思います。 »

テレビ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あつしさま、コメントをありがとうございます。

ご賛同、ありがとうございます。

>あくまでも私の個人的な感想なのですが、見るに堪えない番組が多いからです。
>やたらと雑学をひけらかすクイズ番組、出演者だけが大騒ぎしてはしゃいでるバラエティー番組等々。

いや、私も本当にそう思います。下らないクイズ番組が増えたのは、B級タレントを集めてああいう番組を作るのに、
予算が殆ど要らないからだそうです(ドラマは、数字を取ろうと思ったら売れている役者に高いギャラを払わなければならないので、
広告収入が激減しているテレビ局は敬遠したいようです)。

出演者がはしゃいでいるというのも、おっしゃるとおりで、芸人は、客を楽しませるのが仕事なのに、

「内輪ネタ」で自分たちだけで面白がっていて、あんなものを私どもカタギの大人が喜ぶ、とテレビ局が思っているとしたら、

侮辱的です。

しかも、それを全部下請けに予算を値切って作らせ、テレビ局のプロデューサーなんてのは椅子に座っているだけで、

年収数千万というのですから、呆れてものが言えません。

そのうち、本当に何処かのキー局が倒産しても不思議ではないように思えます。

投稿: JIRO | 2009.03.15 23:08

JIROさま こんにちは。連続コメントで失礼します。今日の日記、全くの同感です。

>あれだけ下らない番組を粗製濫造し、国の顔色を見て、政府の御用報道機関のようなニュースを流し、
>自らは何も生産せず、他人の不幸や失敗を全国に言い触らして立派な仕事をしているつもりの連中である。

こんな連中が作るくだらない番組、最近はほとんど見ません。あくまでも私の個人的な感想なのですが、見るに堪えない番組が多いからです。やたらと雑学をひけらかすクイズ番組、出演者だけが大騒ぎしてはしゃいでるバラエティー番組等々。予算がないからなのか、自分たちが時間をかけて取材したことを元にした、じっくりと腰を据えた番組は、民放ではほとんど見ることが出来ないのではないでしょうか。言葉は悪いのですが、見てるとバカが移りそうですから見ないようにしています。こんな仕事しかしていない連中の年収が1000万円を超えるとは、本当に驚きです。悪い冗談ではないかと思います。

投稿: あつし | 2009.03.15 17:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/44349566

この記事へのトラックバック一覧です: 「スト決行!TBSからアナ消えた」平均給与1550万円でストですか。:

« 【音楽】1845年3月13日、メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲初演。ソネンバーグというひじょーに個性的なソリスト。 | トップページ | 「経済回復へ追加措置=「財政重要」も数値目標見送り-G20共同声明」←意外感が無いので、また明日から株は下がると思います。 »