« 「キム元死刑囚 拉致家族と面会」麻生首相「よかったじゃないですか」←「よかったじゃないですか」じゃ、ないでしょ? | トップページ | 【音楽】1845年3月13日、メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲初演。ソネンバーグというひじょーに個性的なソリスト。 »

2009.03.12

<川崎の医師>講演会で「どんどん吸って早く死んで」←人の発言は文脈全体を知らないと、真意を知ることは出来ない。

◆記事:<川崎の医師>講演会で「どんどん吸って早く死んで」(3月12日2時35分配信 毎日新聞)

川崎市立井田病院(中原区、関田恒二郎院長)の男性医師(55)が、7日に富山市で開かれた講演会の質疑応答で

「禁煙が進むと医療費がかさむことは明らか。どんどん吸って早く死んでもらった方がいい」と発言していたことが分かった。

禁煙推進団体は「人の命と健康を守る医師の発言とは思えない暴論」と抗議した。

医師は取材に対し「真意が伝わらず誤解を生んだ」と釈明している。

病院などによると、講演会は富山県医師会主催で参加は関係者約30人。男性医師は医療と介護をテーマに講演した。

質疑応答で、神奈川県が制定を目指す公共的施設受動喫煙防止条例について問われ、回答した際に発言したという。

医師は「私もたばこを吸うので、(喫煙は)自己責任だと言ったつもりだったが、誤解されてしまった」と説明。

さらに「禁煙よりも、医療や介護を受けられない人たちへの対応に力を入れるべきだという思いがあった」と話した。

市民団体「たばこ問題情報センター」(東京都千代田区、渡辺文学代表)は10日、

関田院長と医師に発言の真意などについての公開質問状を提出した。


◆コメント:発言の一部だけを切り取って、誇大に報ずるのも、それを鵜呑みにするのも正しくない。

新聞はしばしば恣意的に部分的な引用をするが、人の発言の真意は、その発言の前後の文脈の中で無ければ正確には理解出来ない。

約2年前、2007年1月に当時の厚労相・柳沢伯夫氏が「女性は産む機械」と発言した、といって、

ボコボコにマスコミや野党や世論から叩かれたことがある(そういうの、皆すぐ忘れるね)。

その時、私は日記・ブログで、報道の問題について書いた。

柳沢発言は確かに不注意だが、直後、「機械といってごめんなさいね」とある。文脈を読むことだ。ココログはこちら)。

リンク先を読むのが面倒くさい人も多いだろうから、当時、柳澤発言を報じた記事を載せる。

◆資料:柳沢発言を伝える各紙の第一報(抜粋)

【日経】女性は「産む機械」、すぐ言い直し謝罪・柳沢厚労相が講演で

柳沢伯夫厚生労働相は27日、島根県松江市での講演で少子化の解消策として

「産む機械、装置の数は決まっちゃった。あとは1人頭で(たくさん産むように)頑張ってもらうしかない」と述べ、

女性を“子供を産む機械”とみているかのような発言をした。厚労相はその場ですぐに「機械と言ってごめんなさい」などと謝罪。

「産む役目の人」と言い直した。(1月28日 01:01)

【産経新聞】女性は「産む機械」柳沢厚労相

柳沢伯夫厚生労働相は27日、松江市で開かれた自民県議の決起集会で、

「産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と女性を機械に例えて少子化問題を解説した。

柳沢氏は「これからの年金・福祉・医療の展望について」と題し約30分間講演。出生率の低下に言及し

「機械って言っちゃ申し訳ないけど」「機械って言ってごめんなさいね」との言葉を挟みながら、

「15-50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と述べた。

厚労省は昨年12月、人口推計を下方修正。この時、柳沢氏は「子供を持ちたいという若い人たちは多い。

その希望に応えられるよう、できる限りの努力をしていきたい」と話していた。(2007/01/28 03:40)

【毎日新聞】柳沢厚労相:講演で「女性は産む機械」

柳沢伯夫厚生労働相=写真=は27日、松江市で開かれた自民党県議の集会で講演した。

講演は年金・福祉・医療問題に関するもので、出席者によると、柳沢厚労相は少子化対策に言及する中で

「15から50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、

機械と言うのは何だけど、あとは一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」などと述べたという。

少子化対策にかかわる閣僚による、女性を「出産する機械」とも例える発言だけに、今後、批判を強く受けそうだ。[2007.01.28 東京朝刊]

この発言及び報道に関する私の考えは、リンク先を読んで頂きたい。


この時も今日も似たような印象を受ける。

各紙の報道をよく読むと分かるとおり、柳澤氏は「女性は産む機械」という言葉そのものは発していない。

ただ、発言全体から単語を拾って、意図的に悪い印象となるように組み立て直すと、

「女性は産む機械だ」という文言(もんごん)が発言に含まれていたように読者は感じてしまう。

こういうところが、マスコミの不見識である。この場合の「不見識」とは、騒ぎにしなくても良いことを、

恣意的に(恣意とは「悪意」とほぼ同義である)騒ぎにしてやろう、という目論見(もくろみ)のことである。



本件における「男性医師」(55)の発言においても同じように恣意的な引用が為されている可能性は十分にある。

従ってこの記事のみから医師の発言の真意を読み取ったと思いこみ、それに対して論評を加えること自体、早まった行為である。

以上が本報道に関する最も客観的、論理的で公平な所見である、と思料する。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「キム元死刑囚 拉致家族と面会」麻生首相「よかったじゃないですか」←「よかったじゃないですか」じゃ、ないでしょ? | トップページ | 【音楽】1845年3月13日、メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲初演。ソネンバーグというひじょーに個性的なソリスト。 »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あつし様、コメントをありがとうございます。

松本サリン報道は本当にひどかったですね。

あれを見たら、誰もが河野さんが犯人と誤解します。

しかも、おっしゃるように、マスコミはあのとき(に限りませんが)、警察発表をそのまま「真実」の如く伝え、

自らウラをとる努力をしていませんでした。これでは、子どもの使いと一緒です。

>これって今の西松建設の献金事件にも当てはまっているような気がします。
>検察からの情報(意図的にリークされた)だけを採り上げて小沢議員の秘書がさも犯罪を犯しているかのような報道です。
>秘書はまだ起訴もされていない時点で、さも犯罪を犯しているような報道は、あの松本サリン事件の時の報道と何ら変わりないような気がします。

全く以て同感です。起訴もされていない。たとえ起訴されても、無罪推定原則という近代刑事裁判の基本中の基本をマスコミが知らないのではないか、

と思われるほど恣意的です。

一切の類推を排し、客観的に判明している事実だけを報道する、というマスコミの使命を(無理でしょうが)、

思い出して欲しい、と思います。

投稿: JIRO | 2009.03.15 23:00

マスコミの恣意的な報道、一番思い出されるのは松本サリン事件の時の報道です。被害者であり第一通報者である河野さんを犯人扱いした報道です。この時のマスコミ報道は、警察からの情報のみで報道していたように覚えています。これって今の西松建設の献金事件にも当てはまっているような気がします。検察からの情報(意図的にリークされた)だけを採り上げて小沢議員の秘書がさも犯罪を犯しているかのような報道です。秘書はまだ起訴もされていない時点で、さも犯罪を犯しているような報道は、あの松本サリン事件の時の報道と何ら変わりないような気がします。
西松の報道でマスコミは必ず「関係者の話でわかった」と言っていますが、マスコミが自分たちで裏付けを取らず、情報発信者(検察の意図的なリークも含めて)の話のみを恣意的に報道しているからこそ、「関係者の話」と言っているのでは?と思ってしまいます。マスコミの報道は、恣意的な報道が当たり前になっているのだと思った次第です。

投稿: あつし | 2009.03.15 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/44327863

この記事へのトラックバック一覧です: <川崎の医師>講演会で「どんどん吸って早く死んで」←人の発言は文脈全体を知らないと、真意を知ることは出来ない。:

» ジーン・ワルツ【海堂 尊】 [本・月のうさぎ堂]
医療崩壊、少子化問題、代理母出産など旬の問題も多く取り上げてあり非常に考えさせられます。最後の妊婦の同時出産シーンは圧巻です。やっぱり生命の誕生はやっぱり尊いものですネ。 [続きを読む]

受信: 2009.04.10 00:14

« 「キム元死刑囚 拉致家族と面会」麻生首相「よかったじゃないですか」←「よかったじゃないですか」じゃ、ないでしょ? | トップページ | 【音楽】1845年3月13日、メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲初演。ソネンバーグというひじょーに個性的なソリスト。 »