« 「金融庁 三菱UFJ証券情報流出で行政処分も」←当然です。が、日銀松江支店の大不祥事があったことをお忘れなく。 | トップページ | 「金融機関損失、400兆円に=日米欧--IMF」「<世界経済>戦後初のマイナス成長…IMF09年見通し」コメント不要でしょう。 »

2009.04.22

ベートーベン 交響曲第7番 終楽章 聴き(観)比べ。1813年の4月20日に初演されたのです。

◆ベートーベン 交響曲第7番 第四楽章(終楽章)の映像を集めました。

1813年4月20日、ベートーベンの交響曲第7番と第8番が初演されました。

7番は彼の「のだめ」で使われて、それまでクラシックを知らなかった人にも知られるようになったそうですね。

私は、「のだめ」のマンガも読んでいないし、ドラマも全く見なかったので、「そうですね」になるのですが、

まあ、何がきっかけでもクラシックに興味を持ってくれる人が増えるのは嬉しい。

だから、私は、これでもか、とクラシックを紹介しているのです。


本当はベートーベンの交響曲第8番も名曲なのですが、7番の方が、色々な指揮者の映像が集まるので、

今日は、ベートーベンの7番の終楽章を色々な指揮者、オーケストラで聞きくらべ、見比べて頂きます。

全部、YouTubeから拾いました。


◆N響=サヴァリッシュ 1988年

先日載せたばかりですが、私が最も尊敬する指揮者、ヴォルフガング・サヴァリッシュ氏指揮、N響。
1988年の演奏です。



棒の振り方というのは、本来指揮の枝葉末節なのですが、サヴァリッシュ氏ほど美しい、タクト(指揮棒)

さばきをする指揮者は、他にいないと思います。音楽も実に堅実です。


◆N響=アシュケナージ 2007年

サヴァリッシュ氏が指揮してから20年後、ピアニスト・指揮者のウラディーミル・アシュケナージ氏が

2007年にN響を振った時の映像です。テンポがかなり速めです。



これは、これで、名演だと思います。


◆カルロス=クライバー、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

カルロス=クライバーの7番は、CDで手兵のバイエルン国立歌劇場管弦楽団との名盤があります。

あそこまで、音に迫力が無いのがちょっと残念ですが、クライバー氏の指揮の迫力は十分に分かります。

これは、なるべくボリュームを大きくして下さい。



すごい迫力とテンポですね。クライバー氏渾身の演奏です。


◆クラウディオ・アバド=ベルリンフィル(コンサート・マスター、安永徹さん)

上の3人に比べると、アバド氏はさほど暴れていません。力の抜けた、オーケストラの邪魔をしない指揮。



それでも、ベルリン・フィルは非常な熱演です。こういうのが理想的なのかも知れません。


今日は、ちょっとくたびれている事もありまして、手抜き気味ですが、これぐらい沢山聴き比べることは

普通、しませんから、お楽しみ頂けるのではないか、と思いました。

それでは。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「金融庁 三菱UFJ証券情報流出で行政処分も」←当然です。が、日銀松江支店の大不祥事があったことをお忘れなく。 | トップページ | 「金融機関損失、400兆円に=日米欧--IMF」「<世界経済>戦後初のマイナス成長…IMF09年見通し」コメント不要でしょう。 »

オーケストラ」カテゴリの記事

クラシック」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

Nべさん、ありがとうございます。

>めちゃくちゃ勉強になります!!!

そうですか!

嬉しいなあ。(^^)

投稿: JIRO | 2009.04.25 22:03

めちゃくちゃ勉強になります!!!

投稿: Nべ | 2009.04.25 21:45

Kenさん、貴重なお話ありがとうございます。

>アバドが先鞭を付けたものの、その後必ずしも踏襲されていなかった呈示部の反復

あ、これアバドが先駆者だったんですか。知らなかったです。

>日本のオ-ケストラは展開部の入り口のところのア-ティキュレ-ションを理解していなかったのですが、
>N響の古いほうの映像ではかなり苦闘しているものの、結構教え込まれたかのようです。やっぱり「先生」なんだな。
>2007年でやっと、まっとうになっていますは、「先生」無しにはここにはいたらなかったかもしれませんね。

ご指摘を受けて、教えていただいて、両者を比べて、初めて気が付きました。
正にプレイヤー(しかもコンマス)で無ければ分からないのではないでしょうか。

これだから、Kenさんのコメントはありがたいんですよ。

お忙しいでしょうが、今後とも、色々とご教示下さい。

投稿: JIRO | 2009.04.25 04:05

敬称略で行きます。

アバドが先鞭を付けたものの、その後必ずしも踏襲されていなかった呈示部の反復が、近年すっかり定着したのが、たった5つの映像からだけでもよく分かるのですね。それには正直なところ感慨深いものがありました。
日本のオーケストラは展開部の入り口のところのアーティキュレーションを理解していなかったのですが、N響の古いほうの映像ではかなり苦闘しているものの、結構教え込まれたかのようです。やっぱり「先生」なんだな。2007年でやっと、まっとうになっていますは、「先生」無しにはここにはいたらなかったかもしれませんね。
クライバーは映像を持っているのですが、こうやって比べてみると、熱しているようで作らせかたがいちばん客観的(ヨーロッパの中でなので苦労が少ないということもあったでしょう)なのには、あらためて感激しました。

いいものを見せて頂きました。感謝。

投稿: ken | 2009.04.22 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/44748352

この記事へのトラックバック一覧です: ベートーベン 交響曲第7番 終楽章 聴き(観)比べ。1813年の4月20日に初演されたのです。:

« 「金融庁 三菱UFJ証券情報流出で行政処分も」←当然です。が、日銀松江支店の大不祥事があったことをお忘れなく。 | トップページ | 「金融機関損失、400兆円に=日米欧--IMF」「<世界経済>戦後初のマイナス成長…IMF09年見通し」コメント不要でしょう。 »