« 「タミフルと異常行動『因果関係否定できぬ』…厚労省研究班」←過去に二回、「タミフル、異常行動との関連みられず」と発表しましたよね? | トップページ | ベートーベン 交響曲第7番 終楽章 聴き(観)比べ。1813年の4月20日に初演されたのです。 »

2009.04.21

「金融庁 三菱UFJ証券情報流出で行政処分も」←当然です。が、日銀松江支店の大不祥事があったことをお忘れなく。

◆記事1:金融庁 情報流出で行政処分も(NHK:04月20日23時24分)

三菱UFJ証券の顧客情報が名簿業者に売却された問題で、金融庁の佐藤隆文長官は、

20日の記者会見で、必要があれば行政処分を検討する考えを明らかにしました。

この問題は、三菱UFJ証券のシステム部の元部長代理が、個人の顧客情報を不正に持ち出して、

このうち4万9000人分を名簿業者に売却していたもので、あわせて77社に流出したおそれがでています。

これについて佐藤長官は「顧客情報は、証券会社にとって基礎となるものであって、

個人情報保護の観点からも適切な管理がきわめて重要だ。今回の問題が発生したことは極めて遺憾だ」と述べました。

そのうえで佐藤長官は「証券会社には、情報の安全管理や従業員の監督についての適切な措置、情報流出が起きた場合に、

被害の拡大や再発を防止する取り組みが求められている。金融庁としても状況を注視し、

必要に応じて法令にのっとって対応したい」と述べ、必要があれば行政処分を検討する考えを明らかにしました。


◆記事2:日銀松江支店 内部資料が流出(NHK 2008年 3月22日 18時11分)

日本銀行松江支店の職員の自宅のパソコンから、経営が悪化した企業の財務状況などの内部資料が

ファイル交換ソフトを通じてインターネット上に流出したことがわかり、日銀松江支店は謝罪しました。

インターネット上に流出したのは、日銀松江支店が島根県と鳥取県の金融機関から提出を受けた、

経営が悪化した地元の融資先企業の財務状況などの内部資料です。

この中には、企業の名前や「破たん懸念先」の記述などがありました。

また、日銀松江支店が新年度・平成20年度に予定している各金融機関への検査の方針や対象となる店舗なども記されています。

日銀松江支店は21日午前、内部資料の流出を知らせる匿名の電話を受け、調べたところ、

業務課の男性職員がおととし1月から今月にかけて資料が入力されたフロッピーを無断で複数回持ち帰り、

自宅のパソコンで作業していた際にファイル交換ソフトWinnyを通じて流出したことがわかりました。

パソコンには、およそ40種類の内部資料が入っていたということです。

日銀では、業務に関する資料を持ち帰ることは原則として禁止されていて、会見した日銀松江支店の吉岡伸泰支店長は

「関係者の皆様にご迷惑をおかけしました」と謝罪するともに、インターネットの掲示板の管理者に削除を求めました。

日銀は事実関係を詳しく調査したうえで、関係者の処分を検討するとしています。



【為参考】日本銀行:日本銀行松江支店における内部情報流出に関する内部調査報告書等について(調査報告書、総裁談話)2008年4月15日

本日、松江支店における内部情報流出に関し、調査報告書(PDF、120KB)および総裁談話(PDF、64KB)を公表しました。


◆コメント:人の振り見て我が振り直せ。

三菱UFJ証券の元部長代理は懲戒免職になって当然だし、三菱UFJ証券は情報管理不備、従業員管理不徹底で

行政処分を受けるのは当然である。


しかし、ヤクニンは都合の悪いことは決して口にしないし、金融庁と日本銀行は別の役所だが、

記事2のとおり、約一年前に日本銀行松江支店の職員が、企業の財務状況が記録された資料をウィニーでばらまいてしまい、

その資料の中で「破綻懸念先」とされていた企業が、この情報流出の所為(だけではないにしても)で、本当に倒産したことがある。

或る意味、こちらの方が重大なミスである。

この時、私は記事を書いた。

2008年03月23日(日) 「日銀松江支店 内部資料が流出」←役所の情報管理 ココログはこちら

リンク先の記事を読んでいただくと分かるが、三菱UFJ証券の行政処分を検討している金融庁は、以前、

金融機関から受け取ったフロッピーディスクを、半年の間に2回も無くしたことがあるし、

東京国税庁は、納税者42万人分の個人情報が保存されているPCを、PCごと盗まれたことがある。

どちらの場合も、それぞれの役所で誰がどのような処分を受けたのか、その後、聞いていない。


昨年の日本銀行松江支店の情報漏洩では、調査報告書(PDF、120KB)を読むと分かるが、

ウィニー経由で情報を漏らした本人は、停職一ヶ月の間に、自主退職、となっている。

本来、当然、懲戒免職にすべきだった。

松江支店の責任者(行為者の上司)は全員「戒告」だけである。


監督官庁として、民間企業に厳しい処分を下すのならば、身内の不祥事に対して、最低、民間同様の

処分をするべきだったのではないだろうか?

甘い。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「タミフルと異常行動『因果関係否定できぬ』…厚労省研究班」←過去に二回、「タミフル、異常行動との関連みられず」と発表しましたよね? | トップページ | ベートーベン 交響曲第7番 終楽章 聴き(観)比べ。1813年の4月20日に初演されたのです。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/44737800

この記事へのトラックバック一覧です: 「金融庁 三菱UFJ証券情報流出で行政処分も」←当然です。が、日銀松江支店の大不祥事があったことをお忘れなく。:

« 「タミフルと異常行動『因果関係否定できぬ』…厚労省研究班」←過去に二回、「タミフル、異常行動との関連みられず」と発表しましたよね? | トップページ | ベートーベン 交響曲第7番 終楽章 聴き(観)比べ。1813年の4月20日に初演されたのです。 »