« 「感染者、全世界で1000人突破=死者は27人-新型インフル宣言1週間」←全世界と言っても地図にすると・・・。 | トップページ | 【音楽・映像】ストラヴィンスキー「プルチネルラ」(管弦楽組曲)。 »

2009.05.06

「発熱患者の診察拒否続出…過剰反応?都に苦情92件」←何やってんの?

記事:発熱患者の診察拒否続出…過剰反応?都に苦情92件(5月5日22時0分配信 読売新聞)

海外渡航歴がなく、新型インフルエンザ感染の可能性の低い発熱患者が、医療機関から診察を拒否されるケースが相次いでいる。

東京都の場合、2日から5日正午までの間に「きちんと対応してくれない」との苦情が92件あった。

「成田空港で働いているだけで発熱相談センターに連絡するよう求められた」

「国内の観光地に出かけ、外国人観光客が多かったと言ったら、診察してもらえなかった」--など。

相談センターから疑いなしとされたのに、拒否されたケースも数件あったという。

 政府の方針では、新型の確認された国からの帰国者が高熱などを発症した場合、自治体の発熱相談センターに電話で相談し、

指定された発熱外来で受診することになっている。

ところが、病院の当直職員らが発熱患者はすべて「相談センター対応」と誤解しているケースが多いとみられ

、都は「診察拒否が広がれば、患者が海外渡航歴などを正しく申告しなくなる恐れがある」と懸念を深めている。

横浜市や大阪市の発熱相談センターにも、苦情や相談がそれぞれ数件ほど寄せられている。

横浜市健康安全課は5日、医師会や病院協会に診察拒否をしないよう文書で要請した。

厚生労働省結核感染症課は「相談センターが『疑いなし』とした患者の診療を拒否するのは問題」としている。


◆コメント:新型インフル、そんなに騒ぐならテレビでも使って周知徹底しろ。行政の責任だ。

全く何事に付け、厚労省の仕事はいい加減である。例を挙げたらキリがないので、具体例は控えるが、

「こういうことをしたら、医療現場が混乱するに決まっているだろう」と素人目にも明らかな決定をしたり、

決定しても周知徹底が不十分であるが故に現場が混乱する。そして、中央の厚労省役人は誰もその混乱に対して責任を取らない。

厚労省に限らず、行政の失敗により何らかの損害、不便、不都合が様々の現場で起きても、

監督官庁にいるはずの「責任者」個人が責任を問われないから、いい加減なことをするのである。


さて、それはさておき、本件について述べるならば、要するに、

「自分が新型インフルエンザに感染しているのではないか?」と思ったとき、どうすれば良いのか

が、日本全体に周知徹底されていないから、こういうことが起きるのである。

内閣総理大臣も厚労相も新型インフルに「万全を期す」としきりに言うが、全然「万全」ではない。


◆厚労省のサイトに載っている「行動指針」。

自分が「新型インフルに感染しているのではないか」と思った時どうすればよいか。

新型インフルをそれほど重大視するなら、厚労省のサイトのトップページに、

一目で分かるように掲げておけばよいと思うのだが、実際に探すと、結構面倒くさい。

厚生労働省のサイト新型インフルエンザ対策関連情報がある。

そのページに、個人でできる対策というリンクがあり、そこを開くと初めて、

個人および一般家庭・コミュニティ・市町村における感染対策に関するガイドライン(PDF:332KB)が現れる。

こんな、分かり難いところに載せるな、と言いたい。気が利かないヤクニンだな。



さて、その「ガイドライン」を読むと、「第1章 はじめに」で「新型インフルエンザの基礎知識」に始まり、

緊急時にどうすればよいかは、全体で16ページのPDFファイルの11ページで、初めて出てくる。

本人、家族等が発症した場合の対応

ア 発生早期の段階

感染した可能性のある者は、極力、他の人に接触しないよう以下の対応を行うことが必要である。

発熱・咳・全身痛などの症状がある場合、事前連絡なく医療機関を受診すると、万が一、新型インフルエンザに感染していた場合、

待合室等で他の疾患の患者に感染させてしまう「二次感染」のおそれがある。

その場合はまず、保健所等に設置される発熱相談センターに電話等で問い合わせをし、その指示に従って指定された医療機関で受診する。

発熱相談センターから指定された医療機関を受診するときは、必ず当該医療機関に電話で事前に連絡し、

受診する時刻及び入口等について問い合わせる。

この連絡を受けて、医療機関は、院内感染を防止するための準備をすることになる。

医療機関を受診するときは、マスクを着用する。マスクがない場合は、咳エチケットを心がけ、

周囲に感染させないように配慮する。また、受診に際しては、公共交通機関の利用を避けて、

できる限り家族の運転する自家用車などを利用する。適切な交通手段がない場合は、発熱相談センターに問い合わせる。

と、なっている。

記事に書かれていることが事実だとすると、全てではないが、患者はここに書かれた「対応」通りに行動しているが、

医療機関側にこの通達がきちんと知らされていない為、
病院の当直職員らが発熱患者はすべて「相談センター対応」と誤解しているケースが多いと見られ

るのだろうが、これも不思議な話で、相談センターというのは保健所に設置された「窓口」に過ぎず、

新型インフルの診断・治療をする「医療機関」でないことは明らかだと思うのだが、

病院の当直職員らは、どうして、発熱患者はすべて「相談センター対応」と考えるのだろうか。

何とも詳しい事情が分からないので評価は不能である。


◆結論

これだけ「新型インフル対策」で大騒ぎするなら、国は、テレビ・新聞・ネット広告等を使って

「新型インフルに感染したと思われる時の対応を一般国民に周知徹底すると同時に医療機関にも漏れなく通達することだ。

多分、医療機関が分かっていないのは、医療機関への連絡を厚労省が自ら行わず、

各地方自治体の衛生管理部門にやらせているからであろう。緊急事態と騒ぐならば、

国の行政府が、直接、責任を持って仕事をしろ、と言いたい。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「感染者、全世界で1000人突破=死者は27人-新型インフル宣言1週間」←全世界と言っても地図にすると・・・。 | トップページ | 【音楽・映像】ストラヴィンスキー「プルチネルラ」(管弦楽組曲)。 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

麻生政権批判」カテゴリの記事

コメント

都筑てんがさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。

>感染者や感染者疑いを受け入れる、院内感染を防ぐための態勢が整ってないのに、「応召義務云々」で患者を無理に受け入れたら、
>院内感染が起きて「病院自体が感染源」になってしまう危険性がありますからね…。

>感染者を受け入れるための準備が出来ている「発熱外来」ならともかく、検査キットが無い、リレンザが無い、
>タミフルも無い、院内感染を防ぐための設備も整えられてない-般病院では、患者を受け入れられなくても仕方がないですよ。

そのような「医療現場の実情」を書いて下さると、大変納得がいきます。

ただ、引用した読売新聞の記事には、

>政府の方針では、新型の確認された国からの帰国者が高熱などを発症した場合、自治体の発熱相談センタ-に電話で相談し、
>指定された発熱外来で受診することになっている。

と書かれていますから、普通に考えれば、保健所が感染疑いのある患者を紹介する先は、当然「発熱外来」を設けている医療機関に限られる、
と、一般人は解釈してしまいます。

実際は「発熱外来」の準備が整った病院は、まだ少ないのでしょ?2日付毎日新聞は、

新型インフル 発熱外来、地域で大差…東京60、愛媛は1
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090502-00000003-maip-soci

と、報じています。記事から4日が経過していますから、この時点よりは増えているのでしょうが。
十分に発熱外来が整備出来ているかどうかを確認せずに、厚労省は、

>政府の方針では、新型の確認された国からの帰国者が高熱などを発症した場合、自治体の発熱相談センタ-に電話で相談し、
>指定された発熱外来で受診することになっている。

というお達しを出してしまったのでしょうね。厚労省なら、さもありなんです。

貴重なお話をありがとうございました。

投稿: JIRO | 2009.05.06 18:20

「諸君、担当医は、院長命に背き患者の診察を放棄した。受け入れ態勢がないから医療は出来んと言って患者の診察を勝手に断りよった。これが病院か。病院は受け入れ態勢がなくても受け入れをしなければならないのだ。検査キットがない、やれタミフルがない、リレンザがないなどは診察を放棄する理由にならぬ。

(中略)

担当医には応召義務があるということを忘れちゃいかん。病院は公立である。市長が守って下さる・・・」

以下、訓示は一時間以上も続いたため、当直明け通常勤務後の残業の連続で、抵抗力の落ちている医師がウイルスに罹り、病気で抵抗力の落ちた入院患者および外来患者に伝染する事態となった。

…。
……。
………。

感染者や感染者疑いを受け入れる、院内感染を防ぐための態勢が整ってないのに、「応召義務云々」で患者を無理に受け入れたら、院内感染が起きて「病院自体が感染源」になってしまう危険性がありますからね…。

感染者を受け入れるための準備が出来ている「発熱外来」ならともかく、検査キットが無い、リレンザが無い、タミフルも無い、院内感染を防ぐための設備も整えられてない一般病院では、患者を受け入れられなくても仕方がないですよ。

投稿: 都筑てんが | 2009.05.06 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/44913655

この記事へのトラックバック一覧です: 「発熱患者の診察拒否続出…過剰反応?都に苦情92件」←何やってんの?:

« 「感染者、全世界で1000人突破=死者は27人-新型インフル宣言1週間」←全世界と言っても地図にすると・・・。 | トップページ | 【音楽・映像】ストラヴィンスキー「プルチネルラ」(管弦楽組曲)。 »