« 「<日銀>総裁、景気底打ちの判断は示さず 楽観論に慎重姿勢」←この表現が適切です。 | トップページ | 樫本大進氏は既にベルリン・フィルのコンマス席で弾いていますね。但し正式に就任するかどうかは分かりません。 »

2009.06.18

【差替】「やじ禁止の文書配布=党首討論」/<樫本大進さん>ベルリン・フィルコンサートマスター就任へ←試用期間の始まりです。

◆記事:やじ禁止の文書配布=党首討論(6月17日19時35分配信 時事通信)

17日の党首討論では、やじなどの不規則発言をしないよう求める文書が事前に傍聴議員らに配られた。

激しいやじで騒然とした5月の前回討論の反省を踏まえたもので、今回は「比較的落ち着いた雰囲気での論戦」(出席議員)となった。

与野党は9日、討論中はやじを自粛することを申し合わせた。文書には「議事の妨げとなるような言動は、厳に慎まなければならない」と記された。

そのかいあってか、委員室が騒がしくなったのは、民主党の安全保障政策を攻撃した麻生太郎首相に、

野党議員が「支離滅裂だ」などとやじを飛ばした程度だった。


◆コメント:国会議員のセンセーって、小学生?

日本国憲法という我が国の最高法規には、次の条文がある。

第四十一条  国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

国会議員は、「国権の最高機関」たる立法府の構成員であり、国の法律を作るのを職務とする国家公務員である。

いささか古いが、平成17年度予算を見ると、国会運営費(衆参両議院合計)は、一般会計に含まれていて、約1,024億円である。

単純に365で割ると、約2億8千万円となる。それに諸経費を加えると、国会を運営するために、毎日3億円の税金がつぎ込まれている。

税金は、我々が額に汗して働き、たとえ景気が悪くなり、所得が減っても、それに応じて必ず納めているおカネである。


3億円を衆議院定数(=480)+参議院定数(=242)=722で割ると、

約41万5千円となる。


国会議員は、サボっていても、居眠りをしても、法案を全く提出しなくても、ただ在籍しているだけで、1日1人あたり約42万円の税金を使っている。

そういう連中が、
とうしゅとうろんのときには、やじをとばさないで、おとなしくして、ひとのはなしをききましょう。

と、幼稚園児か小学生のようなことを、予め「文書を配布」しないと分からないらしい。

全く有り難くて涙が出そうである。

日本国は、この世界不況下で国民の所得が減って、皆が苦しんでいるときにも、所得に応じて税金を取ることを忘れない。

我々国民は、納税は(これも憲法で定められた)国民の義務であるから、苦しくても、誠実にこの義務を履行している。

一方、日本国は、私の記憶に間違いがなければ、その国民が真面目に働きながら預けていた、年金掛け金の明細の管理がずさんであったため、

どの年金口座が誰のものか訳が分からなくなってしまった。

所謂「宙に浮いた年金記録」は、5095万1103件存在(2006年6月現在)し、2007年、当時の安倍晋三首相は
1年で全件を名寄せする

と国会で明言したが、2年以上を経過した今も、全く目途がたたない。

国民から預かった金はどうなったか分からないが、それはさておき、税金は確実に徴収し、その税金は、

小学生レベルの国会議員のセンセー達がオイシイ思いをするために使われている。

国民をバカにするにもほどがある。


◆記事:<樫本大進さん>ベルリン・フィルコンサートマスター就任へ(6月18日2時31分配信 毎日新聞)

ドイツの音楽関係者によると、世界の最高峰のオーケストラ、ドイツのベルリン・フィルハーモニーのコンサートマスターに

ドイツ在住のバイオリニスト、樫本大進さん(30)の就任が内定した。

ベルリン・フィルの日本人コンサートマスターは3月で退任した安永徹さんに次ぎ2人目。

ベルリン・フィルでは安永さんの後任を募集、世界第一線のソリスト数人が最終候補に残り、審査を受けていた。

樫本さんは今後約1年、試用期間として同フィルでコンサートマスターを務め、

団員の3分の2以上の賛成を得てから完全な契約を結ぶことになる。

樫本さんはロンドン生まれ。3歳からバイオリンを始め、ドイツ・リューベック音楽院でザハール・ブロン氏に師事。

ケルン国際バイオリン・コンクール、ロン=ティボー国際音楽コンクールなどで優勝。【梅津時比古】


◆コメント:「就任が内定」ではなく、コンサート・マスターとしての試用期間が始まった、と言うことです。

ベルリン・フィルのコンサート・マスターになるまでの過程がどのようなものかは、3月にベルリン・フィルを退団した、

ベルリン・フィルのコンサート・マスターを25年務めた安永さんが、対談集、「音楽ってなんだろう」で、詳しく話しておられる。

それは、

「安永さんベルリン・フィルと別れ コンサートマスター25年」←、せ、先週終わってたの?/安永さんがコンマスになった頃の対談。ココログ

に私が転載した。作曲家の故・石井真木さんとの対談で、私が本からタイプして写した。

読めば分かるが、コンサートマスターのオーディションがあって、それに合格した、というのが、多分、現在の樫本大進さんの状態である。

これから、1年、毎回の本番のステージをベルリン・フィルの全ての他の団員がじっと観察し、試用期間が終了した段階で、

他のメンバーによる会議が開かれる。そこで3分の2以上の賛成を得て、初めて正式に「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、コンサート・マスター」に

就任したというのである。

樫本さんにとっては、これから、毎回のステージが常に「試験」なのであり、大変なプレッシャーである。

しかし、きっと正式なコンサート・マスターになって下さるだろうと、信じる。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「<日銀>総裁、景気底打ちの判断は示さず 楽観論に慎重姿勢」←この表現が適切です。 | トップページ | 樫本大進氏は既にベルリン・フィルのコンマス席で弾いていますね。但し正式に就任するかどうかは分かりません。 »

オーケストラ」カテゴリの記事

クラシック」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ねぎままさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。

いや、私も樫本さんの話、驚きました。

とはいうものの。後の日記、

樫本大進氏は既にベルリン・フィルのコンマス席で弾いていますね。但し正式に就任するかどうかは分かりません
http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2009/06/post-a98e.html


に、画面キャプチャ画像を載せましたが、

ベルリンフィルの"Digital Concert Hall"では、このニュースよりずっと前から、

樫本氏がコンマス席、サブコン席に連続して座っていることに、気が付いておりましたので、

「これはひょっとすると、第一コンサート・マスターの試用期間に既に入っているのかな?」

と思っておりました。

しかし、正式な発表が無いうちに、一個人のブログと言えども、憶測で書いてはマズイ、と思って触れなかったのです。

今回、一連の報道(本文でも書きましたが「内定」ではないのですが)を読んで、

やはり、自分の予感が当たっていた、と少々得意になっております(笑)。

樫本大進氏のヴァイオリニストとしての技量は何ら問題無いとおもいます。

樫本大進に関してウィキペディアで読みますと、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AB%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%80%B2

ロン・ティボーで史上最年少優勝など、華やかな経歴です。

勿論、私は樫本氏の、ベルリン・フィル、第一コンサートマスター、正式就任を

願うことにおいて人後に落ちませんが、ソリストとしてヴァイオリンを弾くのと、

コンサート・マスターとして、あの世界一のオーケストラを率いるのでは、別の資質が要求されます。

ですから、その辺が上手くいってくれればな、と思います。

安永さんの場合は、ベルリン・フィルの1stヴァイオリンで、長年弾いて、このオーケストラの特質を

十分経験した後で、改めてコンマスのオーディションを受けた訳ですから、

その点が、樫本氏と違う訳です。樫本氏は今までベルリンフィルのテュッティ奏者だったわけではないし、

他のオーケストラで弾いていたわけではない。

その経験の乏しさも、勘の良いひとなら、毎回のステージで新しいことを自ら学ぶ筈で、

なんとか、コンマスとして大輪の花を咲かせて欲しいと願って止みません。

>JIROさん情報ありがとうございました!!いつもいつも感謝です(涙)

いいえ、こちらこそ、喜んで頂けて幸いです。

ご丁寧なコメント、いつもありがとうございます。

引き続き駄文にお付き合い頂ければ、と存じます。

投稿: JIRO | 2009.06.21 19:11

あつし様、いつもコメントをありがとうございます。。レスが遅くなりまして、申し訳ありません。

>人の話を聞けない者が、公平な判断や考え方が出来るとは思えません。
>そのような者が集まって法律を作っているというのですから、寒気すら覚えます。

全くおっしゃるとおりで、ヤジは今に始まったことではありませんが、ビラまで配って注意を促さなければ、
静かに出来ない。ぞっとします。

>最近特に思うのですが、納税者が税金の使い道を決めることが出来たら、または少なくとも、
>これだけには使って欲しくないと決めることが出来ればいいのにな、と思います。
>国会議員のセンセイにオイシイ思いをさせるために、税金を納めている訳ではありませんから。

本当ですね。代議制民主主義ですから、納税者のそのような意向を(全てが正当な要求でないとしても)、
国会で討論して、法律として反映されるのが、国会議員の仕事ですが、選挙期間中だけはきれい事を
並べ立てておきながら、当選した途端に、それらを全て忘れてしまうように、彼らの頭は都合良く出来ているようです。

自分たちはオイシイ思いをしておきながら、先日、あつし様が書いておられたように生活保護の母子加算を廃止するなど、
弱者をより一層苦しめる法案はさっさと可決する。この連中は一体何なのだろう?と思います。

樫本大進さんは、本文に書いたとおり一年間の厳しい試用期間という試練を受けなければなりませんが、
きっと、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、第一コンサートマスターとして、大輪の花を咲かせてくれることを
信じたいと思います。

本当に、安永さんといい、他の欧米で活躍している日本人音楽家といい、日本・日本人の誇りだと思います。
世間が少しでも、このことの偉大さを理解して欲しいと思います。

投稿: JIRO | 2009.06.21 17:41

こんばんわ!樫本大進さんの記事、びっくりしました!!すでにコンマスの席に座っていたなんて!!
いつからでしょうかね~?
ちょうど1年前に家の近くに大進さんがリサイタルにいらっしゃって、行っていたのです!!
大進さんが若いころのドキュメンタリーをTVで見て以来、いつかは演奏を生で聴きたいとおもっておりましたので、うれしかったです!
リサイタルはショスタコーヴィッチのソナタとベートーヴェンのソナタ(クロイッツェルソナタ)などを演奏してくれました。
私にとってはちょっとむずかしい曲でしたが、弦が切れるほどの迫力ある演奏にびっくりしたのを覚えています。
リサイタルが終わって、サイン会があり、私もブラームスのヴァイオリン協奏曲を購入しましたのでサインしついでに少しお話させていただきました。
(なんてったって田舎ですからリサイタルはガラガラに近い感じ)
大進さんはとっても暖かいやさしい人柄で、包容力のありそうなお方とお見受けいたしました。
(ほめすぎ??)
ぜひがんばってほしいです!!
JIROさん情報ありがとうございました!!いつもいつも感謝です(涙)

投稿: ねぎまま | 2009.06.21 01:56

こんばんは。国会でのヤジ、本当に酷いですよね。

> とうしゅとうろんのときには、やじをとばさないで、おとなしくして、ひとのはなしをききましょう。

ははは、これなら麻生総理も読めるでしょう。
人の話を聞きなさいとよく両親や、小中学校時代、学校の先生から教えられましたが、どうも、国会議員のセンセイ方はそうではないらしいですね。人の話を聞けない者が、公平な判断や考え方が出来るとは思えません。そのような者が集まって法律を作っているというのですから、寒気すら覚えます。最近特に思うのですが、納税者が税金の使い道を決めることが出来たら、または少なくとも、これだけには使って欲しくないと決めることが出来ればいいのにな、と思います。国会議員のセンセイにオイシイ思いをさせるために、税金を納めている訳ではありませんから。

> 小学生レベルの国会議員のセンセー達がオイシイ思いをするために使われている。

小学生と国会議員のセンセイ方を同レベルにしたら、小学生に申し訳ないような気がすると思うのですが。(笑)

樫本大進さん、コンサートマスターのオーディションに合格すること自体、すごいことだと思うのです。単純な私、同じ日本人と言うだけで大変うれしく、誇らしく思ってしまいます。

投稿: あつし | 2009.06.18 18:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/45373563

この記事へのトラックバック一覧です: 【差替】「やじ禁止の文書配布=党首討論」/<樫本大進さん>ベルリン・フィルコンサートマスター就任へ←試用期間の始まりです。:

« 「<日銀>総裁、景気底打ちの判断は示さず 楽観論に慎重姿勢」←この表現が適切です。 | トップページ | 樫本大進氏は既にベルリン・フィルのコンマス席で弾いていますね。但し正式に就任するかどうかは分かりません。 »