« あまりに疲れたので更新をサボりますが、きれいな音楽を載せます。 | トップページ | 【音楽】辻井伸行氏のピアノ演奏。 »

2009.07.03

「6月の米失業率、9.5%に悪化 雇用者減、予想上回る46万7000人」当たり前。/【音楽】イエペス「禁じられた遊び」

◆記事:6月の米失業率、9.5%に悪化 雇用者減、予想上回る46万7000人(NIKKEI NET)(7月2日 21:36)

米労働省が2日発表した6月の雇用統計(季節調整済み)によると、失業率(軍人を除く)は

前月より0.1ポイント悪化し9.5%となった。一方、非農業部門の雇用者数は前月から46万7000人減った。

雇用者数減は5月(32万2000人、改定値)を上回り、市場予想の平均(36万5000人)よりも悪かった。

戦後最悪のペースで悪化してきた雇用情勢は底入れの兆しがまだ見えない状況だ。


◆コメント:GM、クライスラーが潰れて、下請けが皆潰れるのだから、まだまだ悪化するだろう。

世界景気は多分5年ぐらい回復しないね。

「最近、景気の話が多いが、もう分かったから、他の話題を書け」

というメールを頂戴したが、このブログを読むのは、無料である。

おカネを頂戴して、執筆している原稿ではないので、私の書きたいことを書かせていただく。


米国の雇用統計は世界中の為替、金利、債券、株式など、あらゆるマーケットのディーラー及びエコノミストらが、

毎月世界で最も注目する経済指標である。

通常は毎月第一金曜日のアメリカ東部時間午前8時30分に発表される。

アメリカが現在のように夏時間の時には、日本は13時間進んでいるので、日本時間では21時30分である。

今日は木曜日なのに何故発表されたかというと、明日は米国が休みだからである。

7月4日がアメリカの独立記念日だが、土曜日になる。

日本だったら祝日が土曜日だと、振替休日にならないが、アメリカは土曜日は日曜と同じ扱いで「休みの日」だから、

それに重なるので、明日が「振替休日」になる。



余談だが、日本ならば、振替休日は月曜にするだろうが、アメリカは振替休日を手前の木曜日にすることに、今回初めて気が付いた。

この差はどこから出るのだろう。



それはさておき、失業率が9.5%は先月の9.4%よりも0.1%ながら悪化している。

そして、失業率よりも注目度が高い、「非農業部門就業者数」(農業部門の就業者数は景気動向の影響が小さいので、除外される)、

は前月比マイナス46万7千人。予想より悪い。しかし、まだまだ、である。

GMとクライスラーが潰れた。下請けの部品会社も皆潰れる。本格的に米国の雇用環境が悪化するのはこれからだ。


ホワイトハウスが1週間以上も前に、「失業率が10%を超えるのは時間の問題だ」といっている。
◆記事:<米失業率>「数カ月以内に10%に」大統領報道官見通し(6月23日10時21分配信 毎日新聞)

ホワイトハウスのギブス米大統領報道官は22日の記者会見で、米国内の雇用情勢について

「今後、数カ月以内に失業率が10%に達するだろう」との見通しを明らかにした。

今年春以降、経済指標の一部に下げ止まりの兆候が出ており、「3カ月前と比較して、米国経済は明らかによくなっている」

(サマーズ米国家経済会議委員長)と米景気の底打ちを示唆する発言もあるが、ギブス報道官は改めて雇用情勢の厳しさを強調した。

ホワイトハウスのサイトで確かめてみましょうか?

The White Houseのサイトで、左上にThe Briefing Roomへのリンクがある。

さらに、毎日新聞の記事に、「ギブズ報道官の記者会見」と書かれているから、Press Briefingsを見る。

「22日の記者会見」だから、June 22, 2009 PRESS BRIEFING BY PRESS SECRETARY ROBERT GIBBSを開く。記者会見の質疑応答が載っている。

冒頭から真面目に読んでもいいが、手っ取り早く該当発言を見つけたいときは、このページを"10 percent"で検索する。

あった。かなり下の方だが、MR. GIBBS(ギブズ報道官)への質問と答弁。
Q.As you know, job losses are outstripping the jobs being created by the stimulus, and we expect to see unemployment at 10 percent or higher in 2010. But --

MR. GIBBS: Well, I think -- let me be clear. I think the President has said this, and I would certainly say this -- I think you're likely to see unemployment at 10 percent within the next couple of months.

ギブズ報道官も、オバマ大統領も、ヤケクソになっているわけではないが、

景気動向を冷静客観的に観察すると、どう考えても数ヶ月のうちに失業率は10パーセントを超えるだろう、

といっていて、その通りになりつつあるのだから、今日の9.5パーセントは、決して「好ましい」事態ではないが、

当然予想されたことで、来月、再来月とアメリカの雇用情勢は悪化し、それは世界に悪影響を与え続けるだろう。


◆【音楽・映像】ナルシソ・イエペスによる。「ロマンス」(禁じられた遊び)

特に理由はありません、聴きたくなっただけです。


Narciso Yepes (Romance Anonimo)





これは、やはりギターだから、いいのですね。撥弦楽器(弦をはじく楽器)でしょ?

ひとつ、ひとつの音が、ポッと現れては、はかなく消えて行く。



ヴァイオリンなどの弓で弾く楽器(擦弦楽器)や管楽器で、この曲をテヌート(音符の長さ一杯に弾く)で演奏したら、

こういう「はかなさ」は出ないでしょうね。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« あまりに疲れたので更新をサボりますが、きれいな音楽を載せます。 | トップページ | 【音楽】辻井伸行氏のピアノ演奏。 »

クラシック」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/45521400

この記事へのトラックバック一覧です: 「6月の米失業率、9.5%に悪化 雇用者減、予想上回る46万7000人」当たり前。/【音楽】イエペス「禁じられた遊び」:

« あまりに疲れたので更新をサボりますが、きれいな音楽を載せます。 | トップページ | 【音楽】辻井伸行氏のピアノ演奏。 »