« 「<衆院選>毎日新聞全候補者アンケート、自民と民主、対立鮮明に」←漸く新聞が「憲法」を取りあげたか。 | トップページ | 【訂正・グラフ表示】景気底打ちと言いきって良いか疑問が残る。今週発表された経済指標から。 »

2009.08.21

【追加】【音楽】エネスコ誕生日 ヴィオラ「演奏会用小品」追加/バーンスタイン「ウェストサイド・ストーリー」初演

◆8月19日、ルーマニアの作曲家、ジョルジェ・エネスコ(エネスク)(1881~1955)の誕生日です

今まで取りあげたことのない作曲家です。

毎年、気になっていたのですけどね。知らないんですよ。詳しいこと。だから敬遠していました。

知ったかぶりしたくでもどうしようもないので、詳しいことは、ウィキペディアをお読み下さい。

昔は100%、カタカナで書くときは「エネスコ」だったのですが、最近はその方が原語に多少は近いのでしょうか、

「エネスク」と書くようですが、どちらでも良いです。

私が辛うじて知っていたこと。

一つ目。エネスコは、ルーマニアの作曲家、というか、それ以前に名ヴァイオリニストとして名を馳せた人でして、

ヴァイオリン教師としても名教師だったようです。ウィキペディアを読むと分かりますが、弟子として名前が挙がっている

ユーディ・メニューイン、アルテュール・グリュミオー、イヴリー・ギトリスは、後に全員大成しています。


二つ目。作曲もしたが、現在演奏されるのは、専らこれからお聴かせする、「ルーマニア狂詩曲第1番」だけ、

ということです。少なくともオーケストラ・コンサートでは、そうです。他にも交響曲とかヴァイオリンソナタとか書いていますが、

正直言って、私は聴いたことがありません。

一つ意外だったのは、作曲の弟子として、あの「トランペット吹きの休日」「シンコペーテッド・クロック」「そり滑り」で有名な、

ルロイ・アンダーソンがいたことです。

話が逸れますが、アンダーソンの経歴を読むとびっくりしますよ。作曲のみならず、言語学の専門家だったのですね。


◆ジョルジュ・エネスコ - George Enescu (1881-1955):ルーマニア狂詩曲第一番

ルーマニアの民族音楽も、民族舞踊も私は知りませんが、明らかに、「民族的」音楽であることが分かります。

生粋のバリバリの「西洋」音楽とはだいぶ違うということです。

2007年のベルリン・フィルの夏の恒例行事、ヴァルトビューネで演奏されたときの映像です。

ファイルは2つに分かれます。


エネスコ:ルーマニア狂詩曲第一番。サイモンラトル=ベルリン・フィル Part1

再生開始後3分20秒から、ヴィオラソロを弾いている女性は、日本人の首席ヴィオラ奏者、清水直子さんです。






ルーマニア狂詩曲第一番 Part2

だいぶ賑やかになります。各楽器の細かい音の動きは、難しそうですが、この曲、

各パート、気をつけないと、入るところ(音を出すところ)を見失いそうな(プロは慣れているでしょうけど)気がします。






はい、こういう曲でした。楽しいでしょ?私ももう少し、エネスコの他の曲を聴いてみようかなと思っています。


◆【追加】エネスコ:(ヴィオラとピアノの為の)「演奏会用小品」追加

ブログで相互リンクを貼らせていただいている。プロのヴィオラ奏者、ふっこさまから、

エネスコはヴィオラとピアノの為の「演奏会用小品」という作品を書いている、と教えていただきました。

ヴィオラの独奏曲は少ないですから、これは貴重です。他にも、ヒンデミットとか、映画音楽で有名なニーノ・ロータ

(あの人、映画音楽は、生活用で、本当はトロンボーン協奏曲とかヴィオラ協奏曲とかいろいろ前衛的な作品を書いているのです)

の作品にヴィオラ独奏曲(伴奏付き含む)がありますが、エネスコの誕生日特集ですから、この貴重なヴィオラのための作品を追加したいと思います。

民族音楽の影響を強く受けた「ルーマニア狂詩曲」とは全然、別の作風です。8分ほどの作品です。

CDでは、今井信子 A Bird Came Down The Walkに収録されています。


ジョルジュ・エネスコ 「演奏会用小品」






ヴィオラが一番良くなる音域、音型をエネスコはよく心得ていると思います。

ふっこ様、貴重なご教示、ありがとうございました。


◆1957年8月19日、バーンスタイン作曲:「ウェストサイド・ストーリー」初演だそうです。

バーンスタインは晩年は、作曲はせずに、クラシックのオーケストラ指揮者として「巨匠」の域に達しました。

2流と見なした指揮者は絶対に呼ばないウィーン・フィルハーモニーは、「カラヤンと、バーンスタインなら、いつでも大歓迎だ」と

言ったほどです。はっきり言って、ヨーロッパ人はアメリカ人をバカにしているんです。私は四年間イギリスにいて、

あちこちに旅行して、ホテルの人たちのちょっとした(アメリカ人に対する)皮肉な言葉などから、はっきり分かりました。

そのヨーロッパで、もっとも格式を重んずるウィーン・フィルが、アメリカ人のバーンスタインに

「いつでも来て欲しい」

と言っていたのです。如何にバーンスタインの芸術的才能が評価されていたか、が分かります。


そのバーンスタインは、若い頃は現代音楽の名作を沢山のこしています。

現代音楽というと、特に前衛的なのは、美しいメロディーとか、楽しいリズムなどがなくて、

「効果音の連続」みたいな「曲」が多いですが、バーンスタインは、素人目にも高度な作曲技術を駆使していながら、

誰でも口ずさめるような、素敵なメロディー、分かり易いリズムで構成されています。天才だと思います。

「ウェストサイド」は、ミュージカルですが、その音楽が素晴らしいので、

演奏会用のオーケストラ組曲に再構成した「シンフォニック・ダンス」という、管弦楽曲があります。

全部やったら長すぎるので、一番景気がいい、「マンボ」という部分を聴いていただきます。

後ほどお見せする画像は、大変愉快なので、音楽に注意が向かない恐れがあるんです。

ですから、まず、音楽だけ、聴いていただきます。



バーンスタイン:シンフォニック・ダンスより、「マンボ」(フロリダ管=林望傑(ヤッキャ・リン))

CDは無く、iTunes Storeでダウンロード購入出来ます。この曲だけなら150円です。iTunes StoreのURLを書いておきます。

http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?i=309015179&id=309015094&s=143462

ボリューム大きいですから、調整して下さい。






作曲家というのは、ピアノでいちいち音を確かめているようではダメで、完全な絶対音感を持っていて、頭の中で、

こういう音が鳴らせるのです。その意味では、ベートーヴェンが聴力を失いながらも作曲出来たのは不思議ではないのです。

しかし、誰でも訓練すればそうなれるものではない、と私は思います。このぐらいのレベルになると、天賦の才が必要です。

この「マンボ」。オーケストラが「マンボ!」と叫んだり、楽しいのでそちらに気を取られますが、よく聴くと素人の私では

絶対に聴音して書き取り不可能な不協和音の連続です。バーンスタインは当然ながら、これを頭の中で創り上げて、譜面に書き記している。

生意気盛りの音大の作曲科の学生さんは「そんなの当たり前じゃん」とおっしゃるでしょうが、世の中の99.99・・・%の人はそんなことできません。

バーンスタインは天才だと思います。

指揮者も大変です。この全オーケストラが不協和音を鳴らしている中で、誰か1人半音間違えても指摘できるかどうか。

ものすごく耳のいい指揮者ならできるでしょうが、指揮者全員ができるとは思えません。


兎に角、高度な作曲技術を駆使して、それまで誰も書いたことのない音楽でありながら、

聴き手に取っては大変楽しい音楽になっている。そこがバーンスタインの「天才」だと思うのです。

次、YouTubeから拾ってきたのですが、ベネズエラの指揮者とユース・オーケストラです。

指揮者は、グスターボ・ドゥダメル(Gustavo Dudamel)という人で、

リンク先を読めば分かりますが、彼の名誉のために強調するならば、いつもこんなにはしゃいでいるわけではない。

ベートーヴェンやマーラーを振って、ヨーロッパでそれなりの評価を受けています。


また、オーケストラ。ご覧の通り若い人ばかりですが、ベネズエラ・シモン・ボリバル・ユース管弦楽団(Simon Bolivar Youth Orchestra of Venezuela)といって、

最初は青少年の「情操教育」の為に作られたようですが、

これからご覧頂くのはその中でも上手い子を集めた「選抜オーケストラ」らしいのです。

ちゃんと吹いているんです。上手いのですが、とにかく南米ですから、ラテンのDNAが騒ぐのでしょう。

こんな「ノリの良い」シンフォニー・オーケストラ(ちゃんと、ベートーベンとか録音しています)は、
初めてみました。


まず、イギリスの夏に開催されるプロムスでの演奏。


Dudamel/SBYO Proms 2007 Bernstein Part II (Mambo!)






ふざけていますが、決してデタラメを弾いているわけではない。

金管など相当な高音域ですが、外したりしないんです。


同じ事なんですが、もっと短く「マンボ」の部分だけ。昨年来日したときの演奏。


指揮:グスターボ・ドゥダメル=シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ 2008年12月17日 東京芸術劇場





日本人の客のノリが悪くて(仕方ないよね。普段、クラシック聴いてる客だもんね)

やや、不完全燃焼のステージの感がありますが、クラシックはただひたすら堅苦しい、と思っている方に

見ていただきたいと思いました。バーンスタインの曲はミュージカルで使われた、大まじめな曲なのですが、

兎に角楽しそうですね。たまには良いのではないでしょうか。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「<衆院選>毎日新聞全候補者アンケート、自民と民主、対立鮮明に」←漸く新聞が「憲法」を取りあげたか。 | トップページ | 【訂正・グラフ表示】景気底打ちと言いきって良いか疑問が残る。今週発表された経済指標から。 »

オーケストラ」カテゴリの記事

クラシック」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

tomiさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。

>シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ、
>一度NHKでドキュメンタリーを視聴したことがありますが

あ、NHKで取材したのですか。知りませんでした。それはみたかったなあ。

>音楽教育により子供たちを支援しようとする素晴らしい試み

確かに。しかも単なる「情操教育」に終わらず、音楽的にかなり高い水準にまで指導した
(このオーケストラは、特に優秀な子供たちの「選抜オケ」らしいですけれども)
ことに感心しました。

>このオケ特有のノリがあまりに"新し"すぎて戸惑ってしまった覚えがあります。

なんか、日本ではこれはあたかも「ロック・コンサート」のようなノリで、初めてですから、
オケの子たちと同じようなノリを期待しても、最初ちょっと、難しいですよね(笑)。

>JIROさんが載せてくださった動画を視て
>こういうエネルギーの発散の仕方も必要だと感じました。
>自由に音楽をやっていくなら尚更だと思います。

そのとおりですね。
クラシックといえども、こういうリズムに快感を覚えないようではダメだと思います。
ただ、日本人の民族性からして、例えば日本の学生オケが彼らのマネをしても、
却ってわざとらしくなります。無理をすることになります。

ただ、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラの存在は確かに貴重です。

懸念するのは、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラや、指揮者のグスターボ・ドゥダメルが、

バーンスタインの「シンフォニック・ダンス」ばかり演っているように誤解されることです。

本文でリンクをはりましたが、グスターボ・ドゥダメルは

>2006年には、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラを指揮し、ベートーヴェンの交響曲第5番、第7番や
>マーラーの第5交響曲をドイツ・グラモフォンに録音し

ているそうですし、

>2009年からはロサンジェルス・フィルハーモニックの音楽監督となる

そうですから、本来「普通のクラシックの指揮者なのだ」という事も認識してあげるといいですね。

>この動画を取り上げてくださってありがとうございました。

こちらこそ、丁寧なご感想を頂戴し、

ありがとうございます。

よろしければ、また、駄文にお付き合いいただければ幸甚です。

投稿: JIRO | 2009.08.30 17:11

JIROさんこんにちは。ご機嫌いかがお過ごしですか?

シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ、
一度NHKでドキュメンタリーを視聴したことがありますが
音楽教育により子供たちを支援しようとする素晴らしい試みに共感したのと
このオケ特有のノリがあまりに"新し"すぎて戸惑ってしまった覚えがあります。
若いのに固く留まっていようとする日本人の悪い癖でしょうか笑

JIROさんが載せてくださった動画を視て
こういうエネルギーの発散の仕方も必要だと感じました。
自由に音楽をやっていくなら尚更だと思います。
もしかしたら今度バーンスタインを演奏するかもしれないので
楽しんで弾けたらと思います。

この動画を取り上げてくださってありがとうございました。

投稿: tomi | 2009.08.26 11:06

ふっこさま、恐れ入ります。

昨年5月に「ヴィオラ音楽特集」(という割には恥ずかしいないようなのですが)を

書いたことがありました。

JIROの独断的日記ココログ版: ヴィオラによる音楽特集
http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2008/05/post_58db.html


その時のふっこ様から頂戴したコメントに、

>実はワタクシ、古典物よりヒンデミットやバルトークなどの方が
>得意なヴィオラ弾きでして...あわわ...
>特に、ブロッホの「組曲」(ヘブライ...ではない方の)は
>勝手に自分のテーマ曲にしてしまってます。
>ちょーっとクセのある曲ですが、一度聴いてみて下さい。
>あとはゴードン.ジェイコブの曲とか、何だか好きです。
>ミヨーのソナタとか、エネスコの演奏会用小品とか
>あのあたりも、気に入ってます。

と書いて下さったにも関わらず、エネスコで、思い出しませんでした。

至急追加させていただきました。素人の感想ですが、エネスコの「演奏会用小品」は、

音域が高すぎず低すぎず、最もヴィオラらしい音がする音域とか音型を十分心得て書いているように

感じました。ご専門の方が、お弾きになると如何なものでしょうか。

大変貴重なご教示を賜り、厚く御礼申し上げます。

投稿: JIRO | 2009.08.21 21:00

こんにちは、御旅行お疲れ様でした。
さて、エネスコ。
ヴィオラ弾きからのおすすめ曲は「演奏会用小品」です。
ワタクシ、この曲を高校の美術科の友人に教えてもらうまで
存在を知らなかったっちう...何ともおまぬけなハナシでございます。
レコードからカセットテープにダビングしてもらったのが
アレクサンドル.ラデュレスコ(ヴィオラ)
ジョルジュ.エネスコ(ピアノ)...!!なんと御本人?
その足で譜面を買い、一生懸命さらいました。

何だか、ワタクシのへなちょこ日記の内容みたいになりますが
この曲の冒頭、ヴィオラパートが
「かーえーるーのうーたー...」に聴こえるのは余談です。
それも含めて、ぜひ聴いてみて下さい。

投稿: ふっこ | 2009.08.21 12:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/45984960

この記事へのトラックバック一覧です: 【追加】【音楽】エネスコ誕生日 ヴィオラ「演奏会用小品」追加/バーンスタイン「ウェストサイド・ストーリー」初演:

« 「<衆院選>毎日新聞全候補者アンケート、自民と民主、対立鮮明に」←漸く新聞が「憲法」を取りあげたか。 | トップページ | 【訂正・グラフ表示】景気底打ちと言いきって良いか疑問が残る。今週発表された経済指標から。 »