« 【音楽】8月26日は指揮者:ヴォルフガング・サヴァリッシュ(1923-)先生の誕生日です。 | トップページ | 2009年、衆議院選挙投票日前日の所感。 »

2009.08.28

【差替】【翻訳】「日本の新しい道」(鳩山由紀夫氏が27日付ニューヨークタイムズに寄稿した論文)

◆【お知らせ】訳文、飛ばしていた部分を追補しました。

言い訳がましいのですが、この翻訳は、先週金曜日の夜12時過ぎから、眠気をこらえながら作業を行ったため、

注意力散漫で、2パラグラフほど、飛ばしてしまいました。下の訳文で色文字の部分が本日(9月1日)、追補した部分です。

失礼しました。ご容赦のほど。


◆記事:東アジアで通貨統合、安保協力=民主・鳩山氏が米紙に寄稿(8月27日10時45分配信 時事通信)

民主党の鳩山由紀夫代表は27日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)に「日本の新たな道」と題する論文を寄稿、

東アジア地域で通貨統合や恒久的な安全保障の枠組みづくりを目指す考えを示した。

鳩山氏は「イラク戦争の失敗と経済危機により、米国主導のグローバリズムの時代は終焉し、多極化の時代に向かっている」と指摘。

その上で、持論の「友愛」精神から導かれる国家目標として「東アジア共同体」創設を提唱した。


◆翻訳:A New Path for Japan--By YUKIO HATOYAMA (The New York Times:August 26, 2009)(日本の新しい道--鳩山由紀夫)

http://www.nytimes.com/2009/08/27/opinion/27iht-edhatoyama.html

戦後、所謂冷戦時代においては、日本は常に、アメリカが主導する市場原理主義

(今では「グローバリゼーション」と称するのが一般的だが)に揺すぶられてきた。

市場原理主義者達が追及した資本主義社会において、人間は「目的」ではなく、

「手段」として扱われた。結果的に人間の尊厳が失われた。


今や抑制の効かない、モラルや中庸さが欠落する市場原理主義、金融資本主義経済において、

如何にすれば、我々は人間を「目的」の地位に戻す、即ち国民の財産や生活を守ることができるのであろうか?

それが現在、我々が直面する問題である。


今こそ、我々はフランス革命のスローガン「自由・平等・博愛」の精神、「友愛」の精神に回帰すべきである。

それは自由主義に付随する危険を緩和する為に有効である。

友愛の精神は、行き過ぎた、現在のグローバルな資本主義を伝統的に育まれてきた、

ローカルな経済活動に適合するよう調整する為の原則と言って良い。

最近の経済危機は、アメリカスタイルの自由市場経済こそ理想的、普遍的な経済体制であり、世界中の国や地域が、

「アメリカ式」を世界標準として、自分達の経済体制を「アメリカ式」に合うように修正するべきだ、という思想がもたらしたものだ。

日本では、これに対して意見が分かれた。

ある人々はグローバリズムの信奉者となり、全てをマーケットに委ねれば万事上手くゆくと力説した。

一方、もっと穏やかなアプローチが好ましいと考え、セーフティネットを拡大し、

我々の伝統的な経済のあり方を守るために努力するべきだ、と主張する人々がいた。

小泉純一郎政権(2001年~2006年)以来、自民党は前者、我々民主党は、後者だった。



如何なる国でも、その国の経済秩序は、長い年月を経て、その社会の伝統的なライフスタイルや社会的慣習の影響を反映して醸成され、

成り立っている。しかし、グローバリズムは、経済に直接結びつかない価値観、環境的な要素、

それぞれの国が持つ資源的制約などを完全に無視して突き進んだ。

冷戦構造終焉後の日本社会の変化を振り返ると、グローバリズムが、伝統的な経済活動、

地域社会を破壊し続けた、と言っても過言ではない、と私は考えている。



市場理論において、人間は単なる「人件費」として見なされる。

しかし、現実の社会では、人間が地域社会構造を支え、生活様式、伝統、文化を具現化する主体である。

個人はそれぞれの地域社会での労働を経て、各々の職務を遂行し、家族の生活を支えるが故に、尊敬されるのである。

友愛を行動原則に据えることにより、我々はグローバリズムの犠牲となった、農業、環境、医療など、

人々の生命と安全に関わるような分野、を見捨てるような政治を行うことは不可能となる。



政治家として、我々には、このような、グローバリズムで見捨てられた「非経済的な価値」に再度光を当てる責任がある。

我々は、人と人との絆を再び強め、自然や環境をより重視し、社会福祉や医療制度を再構築し、

よりよい教育環境を整え、子育てを支援し、経済的格差を是正するような政策を取らねばならない。



友愛の精神から生ずる、もう一つの我が国の目標は、東アジア諸国のコミュニティを構築することである。

勿論、日米安全保障条約は日本国の外国政策の要(かなめ)であり続けることは間違いない。

しかし、同時に、我々はアジアに於ける一国家である、というアイデンティティを忘れてはならないのである。

加速度的に活気づく東アジアこそ、日本の存在の基礎として認識されるべきなのだ。

従って、我々は、アジアにおける安定した経済協力やこの地域の安全保障に関しての枠組みを構築し続ける必要がある。



今回の金融危機は、多くの人々に米国の一国主義時代の終焉を、感じさせ、米ドルの基軸通貨としての恒久性にも疑問が生じた。

私は、更に、イラク戦争の失敗や、金融危機を見るにつれ、米国主導型のグローバリズムが最早、終わりに近づいており、

国際社会は多極化の時代に向かいつつある、と感じる。

現時点では、アメリカにとってかわり、世界を支配できる国家は他に存在せず、米ドルの代わりに、世界の基軸通貨として通用する通貨も存在しない。



米国の影響力は低下しつつあるが、それでもこの先20~30年は、世界最大の軍事・経済大国で有り続けるだろう。

近年、中国の台頭が顕著で、世界有数の経済大国であり、、軍事力の拡大もめざましい。

中国の経済規模が日本を追い越すまでに、さほど時間はかかるまい。

日本は、世界の中心で有り続けようとするアメリカと、アメリカに取って代わろうと必死な中国との板挟みとなったら、

如何にして政治的・経済的独立を保てばよいのだろうか。

これは、日本だけではなく、多くの小・中規模のアジア諸国も抱いている懸念である。

いずれの国も、アメリカにはアジアの安全保障に関与して欲しい。

しかし、政治的・経済的な「内政干渉」は、止めて貰いたい。と言うところだ。

アジア中小諸国は中国な軍事力の巨大化にも脅威を感じている。

しかし、中国経済は秩序正しく発展しているので市場としては、無視できない。



これらの状況がアジアの地域統合を推進する原動力となっている。

今日、マルキシズムの超大国も、グローバリズムの超大国の政治的・経済的影響力はいずれも良きにつけ悪しきにつけ

弱まっている。このため、色々な国でナショナリズムが復活・台頭し始めた。

我々は 新しい国際協力の為の体制を構築したいと希望しているのであるから、過度のナショナリズム(国粋主義、民族主義)

の表出は抑制するべきであり、ルールに基づいた経済・安全保障体制を作る為に協力し合うべきなのだ。


ヨーロッパと異なり、アジアのこの地域は、それぞれ、規模も、発展段階も、政治体制も大きく異なるので、

経済的な統合には時間がかかるであろう。しかし、我々はそれでも通貨統合を目指すべきである。

それは、いち早く経済発展を遂げた日本と、それに続いた韓国、台湾、香港、ASEAN諸国と中国にとって、

自然な流れである。そして統合通貨の基礎となる、恒久的な安全保障体制を構築する為の努力を惜しむべきではない。


アジアの通貨統一には、10年以上を要するであろう。また、政治的統合には、さらに長い時間がかかるだろう。

今や、ASEAN、日本、中国(香港を含む)、韓国、台湾のGDPを合計すると全世界の1/4を占める。

東アジアの経済力と相互依存関係は、一層広く、かつ深くなりつつある。この地域経済ブロックを構築する前提的な状況は、

既に整っているということが出来る。

また、東アジアには、歴史的、文化的確執と相互に対立する安全保障上の利害が存在するため、解決すべき多くの政治的な課題が

存在することは、認識されなければならない。また、増大しつつある軍事化と領土問題は二国間--例えば日本と韓国、又は日本と中国--

の交渉で解決することは出来ない。これらの問題を二国間で解決しようとすればするほど、より一層、その二国間の感情的な対立と、

それぞれのナショナリズムを刺激することになるであろう。

一見逆説的だが、だからこそ、私は、これらの問題は、より大きな地域的な統合を通じてこそ解決しうる、と考えるのである。

EUが成立した過程をみれば、地域的統合が領土問題を沈静化する効果があることは明らかだ。

私は、東アジアの統合と集団的安全保障体制こそが、日本国憲法が理想とする平和主義と多国間の連帯を実現する為の道だと考える。

そして、それは、日本にとって、中国とアメリカの間に置かれながら、経済的・政治的独立を保持する為に有効である。



最後に、汎ヨーロッパ主義という概念を初めて提唱した、EUの父、クーデンホーフ=カレルギー伯爵の言葉で締めくくりたい。

85年前の著書「汎ヨーロッパ主義」(私の祖父、鳩山一郎がこれを日本語に翻訳したのである)より。

「あらゆる 偉大な歴史に残る思想は、ユートピアを目指す夢から始まり、現実社会で終わる。理想郷的な思想が夢のままで終わるか、

現実となるかどうかは、その夢の実現を信じ、実現の為に行動しようと努力する人の数の多さによって、決まる。」

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 【音楽】8月26日は指揮者:ヴォルフガング・サヴァリッシュ(1923-)先生の誕生日です。 | トップページ | 2009年、衆議院選挙投票日前日の所感。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

翻訳」カテゴリの記事

語学」カテゴリの記事

コメント

>自民党細田幹事長が民主党岡田幹事長に、鳩山民主代表がニユーヨーク・タイムスへの
>寄稿論文がアメリカ側の気に触ることに触れているようであり、慎むべきであったと攻め寄っていたようであるが

立花隆氏がnikkeibp.jp に不定期連載していた「メディア ソシオ-ポリティクス」 に、立花氏がかつて自民党の大物政治家

から、「日本の首相は、アメリカのいうことをきかないと、その地位にとどまれないのだ」という言葉を聞いた旨、書いていたことがある。

自民党は長年の習性で、アメリカの顔色を窺うことが修正のなっていたのであろう。

鳩山氏の論文中、東アジア共同体の部分には、俄に賛同しかねるが、

アメリカ、とくにブッシュ政権下で中枢を占めていたネオコンの思想は、正に鳩山氏の指摘通りであり、

アメリカ式資本主義、アメリカ式民主主義を世界中に広めれば、つまり、極端に述べるならば、

世界中をアメリカにすれば、万事上手く行くのだ、というとんでもないものであることは事実である。

それを、アメリカの新聞で、面と向かって言葉にした日本の政治家は、かつていない。

その点は評価されるべきである。

アメリカが機嫌を損ねているとしたら、それは「図星を指されてムキになっている」のであり、

細田のように、それぐらいでオドオドしているから、ナメられるのである。

繰り返すが、鳩山氏のアメリカ批判の部分は確かに正しい。


投稿: JIRO | 2009.09.01 21:38

昨日の午後7時30分からのNHK討論スペシャルで、自民党細田幹事長が民主党岡田幹事長に、鳩山民主代表がニユーヨーク・タイムスへの寄稿論文がアメリカ側の気に触ることに触れているようであり、慎むべきであったと攻め寄っていたようであるが、とんでもないことである。現実的な点を的確に指摘しており、立派な論文である。
細田自民党幹事長のようなことであれば、日本人は、アメリカのことを触れられないことになってしまう。とんでもないことである。
言論の自由を封じようとするなにものでもないのではないかと思わざるを得ない。

投稿: lily | 2009.09.01 21:13

取り急ぎ、飛ばしていた部分を訳して、差替えました。

色文字の部分が、初稿で訳していなかった部分です。

投稿: JIRO | 2009.09.01 19:54

toyochinさん、こんにちは。

>しかし、後半1/4~1/3の部分の翻訳をしなかったのはなぜですか、

これは、金曜日の夜12時過ぎからウトウトしながら訳したのです。

殆ど半分寝てました。

要するにワンパラグラフ、飛ばしてしまったのですね。

特段の意図はありません。

(何かを隠蔽するつもりなら、元記事のURLを訳文の前に表示したりしません)。


出来たら、補記しますが、toyochinさんも是非、ご自分で全訳してみて下さい。

私より上手く訳していらっしゃる方もいますし。

投稿: JIRO | 2009.09.01 18:34

翻訳ありがとうございます。

しかし、後半1/4~1/3の部分の翻訳をしなかったのはなぜですか、
アジアでの共通化の話、日中・日韓の領土問題の話、憲法の精神に基づく集団的な地域の安全体制の下りは結構重要な部分だと思うのですが・・・

投稿: toyochin | 2009.09.01 10:43

名前(H.N.)をお書きでない方、コメントをありがとうございます。。

他の方のコメントのレスにも書きましたが、鳩山氏の意見で

市場中心主義だけではだめなんだ、という部分は

藤原正彦氏の「国家の品格」とほぼ同じです。

藤原氏はは、「論理」で全てが解決する、という考え方がそもそも間違っていて、

「情緒」が大切なのだ、と書きました。そこでは、故意に時代錯誤的な

「武士道」や「惻隠の情」という言葉まで使いました。酷評もありましたが、

評価する声も高かった。

鳩山論文で問題なのは、評論家ではなく政権を取ることがほぼ確実な政治家が、

政治な基本的な理念としてはあまりにも抽象的な「友愛」を持ち出したことで、

「友愛」を中心に据えれば、市場万能主義から、より「人間的な」社会にもどすことが

できる、という意味のことを述べながら、その具体的な道筋が示されていないことに

ある、と思います。

投稿: JIRO | 2009.08.30 17:50

住み安ささん、こんにちは。拙訳をお読みいただきありがとうございます。

>年次改革要望書」を英語のまま、EUに公開するのはいかがでしょうか?

そうですね。日本はもっとアピールしないとダメですね。

日本人でも、年次改革要望書の存在を知らない人が多いぐらいですから、

ヨーロッパ(の少なくとも一般人)は知るわけもなく、知ったら、

「日本人は、ここまで内政干渉されて、どうして唯々諾々と要求に従うのだ?」と

思われるでしょうが、「要望書」の存在とその内容を世界に公表するのは、何せ日本語訳が在日アメリカ大使館のサイトで公表されていて、

秘密文書でもなんでもないのですから、一向に構わない訳で、

面白いことになるかもしれません。The Economist あたりが何か書きそうな気がします。

鳩山氏の「論文」は国内外から酷評されているそうですが、内容は、

数年前にベストセラーになった、藤原正彦氏の「国家の品格」と同じ傾向にあります。

「論理」で全てを割り切ろうとするアメリカの、合理主義、市場主義、は誤りで、

今は、むしろ「情緒」を重んずるべきだ、というのが、藤原正彦氏の主張で、ただ、「友愛」ではなく、

日本古来の「武士道」とか「惻隠の情」という一見時代錯誤的な概念を用いました。

酷評した人もいたでしょうが、肯定的な意見もかなりありました。

鳩山氏の場合の「友愛」は政治理念としてあまりにも抽象的なので、攻撃されるのかもしれませんが、

ブッシュ政権の中枢を占めていたネオコンの連中は、

要するに「世界中をアメリカ式民主主義、アメリカ式資本主義にすれば、万事上手く行くのだ」と考えていたこと

それが、間違いだった、ということを言いたいのだと思います。その点に関しては、私も同感です。

投稿: JIRO | 2009.08.30 17:29

訳ありがとうございます。
さすが国内外からさんざん酷評されてる内容ですね。
鳩山氏の論理が稚拙すぎて残念ですし、おそらく彼を選んだ幼稚な国民としてみられるのも悔しいところです。

投稿: | 2009.08.30 03:19

鳩山代表の「ニューヨークタイムスへの投稿」、さっそく読めました。翻訳ありがとうございます。EUの父の言葉で締めくくられたのも暗示的、いっそのこと「年次改革要望書」を英語のまま、EUに公開するのはいかがでしょうか?日本の勤勉な労働者が、失業に苦しみ、自殺者年3万人以上。竹中・小泉構造改悪の「社会改造を米に押し付けられ」、竹中パソナ会長は笑って、高給を「派遣労働者ピンハネ」して、手に入れる。下司。
これは日本の1万5千年間、積み重ねた歴史と経済に反しますね。「勝者皆取り」の経済は、日本の島に流れ着いた人々が、助け合い水を分け合って「稲を作った」社会になじみません。
安保の頃の「アメリカ、ゴーホーム!」をもう一度、でしょうか。

投稿: 住み安さ | 2009.08.29 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/46049143

この記事へのトラックバック一覧です: 【差替】【翻訳】「日本の新しい道」(鳩山由紀夫氏が27日付ニューヨークタイムズに寄稿した論文):

» 民主鳩山代表の論文に米国で批判 [個人発明家blog]
民主党の鳩山代表がニューヨーク・タイムズに寄稿した論文「A New Path for Japan (日本の新しい道)」が米国で批判されているらしい。論文の翻訳がこのサイトに出ている。 この論文の主張の要点を自分なりにまとめると、次のとおりだ。 ①米国が主導する市場原理主義(グローバリゼーションと称されるもの)への批判・・・日本は常に、米国が主導する市場原理主義(今では「グローバリゼーション」と称するのが一般的だが)に揺さぶられてきた。市場原理主義者達が追及した資本主義社会において、人間は「目的」では... [続きを読む]

受信: 2009.08.30 12:18

» 鳩山由紀夫の危険な外交政策 [地球大に考える]
次期総理の鳩山由紀夫は、New York Times や雑誌Voiceへの寄稿の中で、その外交政策を提示しているが、その内容はまだまだよく煮詰められたものとは言いがたい。そのバランス感覚には危ういものを感じる。私は自民党支持者ではないが、彼や小沢一郎の発言通りに外交政策が実行されて行けば、東アジアのパワーバランスには大きなひずみが出てくることを危惧する。... [続きを読む]

受信: 2009.09.03 00:59

« 【音楽】8月26日は指揮者:ヴォルフガング・サヴァリッシュ(1923-)先生の誕生日です。 | トップページ | 2009年、衆議院選挙投票日前日の所感。 »