« 気が乗らないときには、日記・ブログ更新しないことにしました。 | トップページ | 民主党政権誕生後、わずか12日目で日経平均株価1万円割れの皮肉。 »

2009.09.27

久々にN響アワーを見ていて感じた「音楽の残酷さ」。

◆N響アワーとは直接関係ないのですけどね。

久しぶりにテレビでN響アワーを見ました。

読者の皆さんは、私がしょっちゅう音楽記事を書くので、

JIROはさぞかし、毎日音楽を何時間も聴いているのだろう

と思われるかも知れませんが、実はさほどではありません。

全く聴かない日の方が多いです。


音楽を聴く、ということは、ただすわって聴いていりゃいいんですから、

受動的な行為と思われがちですが、そうではなくて、音楽を「聴くエネルギー」

というのがあるのです。自分が身体のエネルギーが極端に低下する、うつ病に罹り、

そのことがよく分かりました。

うつ病に罹ってから10年ぐらい、生のコンサートに全く行けなかったのもその所為です。

だから、毎日何時間聴こうが、個人の自由なんですが、「聴くエネルギー」が有る方。

それだけでも、幸せなんですよ。


◆それは、本論ではなく、クラシック音楽で「残酷だな」と思うこと。

今日の曲目はチャイコフスキーとメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲(後者は第二、第三楽章のみ)でした。

メンデルスゾーンは今年生誕200年ですが(1809-1847)、このヴァイオリン協奏曲何度聴いたが分かりませんが、

つくづく名曲だと思います。作曲されてから200年近く経っている音楽ですよ。

それを、何百回聴いても飽きない。この音楽は全く色褪せない。文句の付けようが無い。完璧な作品ですね。

口幅ったい言い方ですが、私は、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は、

「神様からの贈り物」ではないかと思います。


さて、タイトルに「残酷」という文字を書きましたが、どういうことか、といいますと。

クラシック音楽は、精神的に成熟した大人の世界です。

「残酷」だなとおもうのは、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を聴いて感動した大人が、

「自分も弾いてみたいな」と思ったとしても(思う人は多いことでしょう)、

仮にそう思った頃からヴァイオリンを習い始めたとしても、絶対弾けるようにはならない、ということです。

大袈裟かもしれませんが、これって「残酷な」現実だと思うのです。

一度は楽器を弾いたり、吹いたり、叩いたりしていた人でも社会人になり、仕事が忙しくなり、

所帯を持って、楽器を続けるのは、誠に困難です(だから、アマチュア・オケの方々は立派です)。

途中で諦め、何十年も楽器に触らず、もう弾けなく(吹けなく、叩けなく)なった方は無数にいることでしょう。


何だか反論が来そうなので機先を制して書いておきますが、楽器を弾ければ自然に幸せになる、というほど、

音楽が甘くないことは、十分承知しています。特にプロは「弾けて当たり前」。

ミスを繰り返せば、どこからもお呼びがかからなくなり、露頭に迷う、厳しい世界です。

それでも、私は「弾きたいのに弾けない」より幸せだと思います。


日本の世の中、いつまでも成長することを目指して夜遅くまで働くのは止めて、仕事はほどほどにして、

日本が何とか「巡航体制」になれば御の字、という風に頭を切り換えられないものでしょうか?

どこまでも上昇しようとするから無理が出るようなきがします。


まあ、そういう社会に関する論評はさておき、私が、クラシック音楽を聴いていて、

「残酷だな」とおもうことがある、ということ。そしてその理由を書くのが本稿の目的でした。

それでは。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 気が乗らないときには、日記・ブログ更新しないことにしました。 | トップページ | 民主党政権誕生後、わずか12日目で日経平均株価1万円割れの皮肉。 »

エッセイ」カテゴリの記事

クラシック」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

TACさん、こんばんは。

>その魅力/魔力はある意味では悪魔的ですね。
全く。

>around50世代としては、能力の衰えをきちんと受け入れつつも、せめて知恵くらいは深めたいものです。
仰せのとおり。

投稿: JIRO | 2009.09.29 03:29

チャイコフスキー&メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は、私もけっこう好きで、前橋汀子とチョン・キョンファのものを持っています。中学・高校時代はかなりギターに凝ってましたので、この上ヴァイオリンなどは無理…と最初から諦めていましたが、それでも、確かに憧れの楽器ではありました。その魅力/魔力はある意味では悪魔的ですね。

投稿: TAC | 2009.09.28 21:53

いやいや、音楽ばかりでなく、文学や芸術の世界も相当残酷ですよ。ある程度以上の目や耳や感性を持っている相手を前にしたら、いろいろなものを突きつけられますから。

私なども、才能もないのに文学を細々と続けている口ですから、よく、残酷な現実を突きつけられます(^_^;)。最近は、かなり開き直っておりますが、少なくとも実力のないニセモノを見分けられる力や感性は最低限維持したいと思っている今日この頃です。

around50世代としては、能力の衰えをきちんと受け入れつつも、せめて知恵くらいは深めたいものです。

投稿: TAC | 2009.09.28 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/46331226

この記事へのトラックバック一覧です: 久々にN響アワーを見ていて感じた「音楽の残酷さ」。:

« 気が乗らないときには、日記・ブログ更新しないことにしました。 | トップページ | 民主党政権誕生後、わずか12日目で日経平均株価1万円割れの皮肉。 »