« 金融庁の記者会見はいつも2回に分けて行われる。 | トップページ | ベルリンフィル・コンマス、シュタープラバ氏「コンマスの樫本、集中力ある」←普通、試用期間中にこういうこと言わないんです。 »

2010.02.04

「小沢幹事長は不起訴、東京地検特捜部が方針」←幸いこれで終わりではない。マルサ(国税)が出るらしい。さすが青山繁晴氏の情報力。

◆記事:小沢幹事長は不起訴、東京地検特捜部が方針(2月3日21時35分配信 読売新聞)

小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地検特捜部は3日、

政治資金規正法違反(虚偽記入)容疑で告発されている小沢氏を不起訴(嫌疑不十分)とする方針を固めた。

同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)らとの共謀を立証するには証拠が十分でなく、起訴は困難と判断した。


◆コメント:はらわたが煮えくりかえっている皆さん、青山繁晴氏の貴重な取材があります。マルサの出番らしいです。

小沢の秘書が3人も逮捕されていて、小沢に政治献金について話した、と供述しているのに、

共同謀議があったと立証できないので、東京地検特捜部は不起訴にしたが、さすがにこれで終わりではない。

小沢はいけしゃあしゃあと、2月1日の記者会見でこう述べている。

◆記事:起訴なら幹事長辞任も==地検聴取に2度目も応じる-小沢氏(2月1日17時38分配信 時事通信)

民主党の小沢一郎幹事長は1日午後、党本部で記者会見し、資金管理団体の政治資金規正法違反事件を受けた自らの進退について

「私自身が刑事責任を問われるようなことになれば、非常に責任は重いと思う」と述べ、

自身が東京地検特捜部に起訴されるなど刑事責任を問われる事態に発展すれば、幹事長職を辞任する考えを示唆した。

また、事件をめぐり東京地検特捜部の2度目の事情聴取を1月31日に受けたことを明らかにした。

小沢氏は事件について「私は一切、闇献金とか裏金とか不正な資金は受け取っていない。

その意味において刑事責任を問われるという事態は想定していない」としながらも、

「もしそういうことが仮にあるとすれば責任は重いと考えている」と重ねて強調した。

夏の参院選への影響を懸念し、幹事長辞任も含めたけじめを求める声が党内から出ていることに関しては

「私が直接聞いているわけでもない」として直接のコメントを避けた。(注:太文字は引用者による。)

つまり。

小沢は「自分自身が刑事責任を問われるようなことになれば、(即ち起訴されたら)幹事長を辞める」が、

元秘書だろうが、側近だろうが、他人が起訴されても、それは小沢自身の刑事責任を問われたことにはならないから、

知ったことではない。幹事長を続ける、といったのである。

東京地検特捜部が、現職の権力者(与党の幹事長)を事情聴取したのは初めてである(田中角栄も、金丸信も辞めた後だった)。

家宅捜索したのに、小沢の議員事務所や、自宅が対象にならなかったのは、東京地検特捜部はそうしたかったが、上層部に止められたそうだ。

が、これで捜査はおわりではなく、政治資金規正法では立件できなかったが、所得税法違反での捜査は続けるそうだ。

つまり、国税(=マルサ)の出番である。


◆日本で最も頼りになる(と私は思っている)ジャーナリスト、青山繁晴氏の話。「青山がズバリ! 小沢幹事長不起訴の裏側を暴露」

以下の取材結果を聴いて急に青山氏を評価しているのではない。

私はかねて、青山氏が最も日本で情報(源)を日本や世界の中枢に確保している、貴重なジャーナリストだと思っている。

ブログよりも、ウェブ日記「エンピツ」の方が検索しやすい。

自分の過去7年10ヶ月の日記を「青山繁晴」で検索した結果がこれである。

今日(2月3日)、関西テレビの「スーパーニュースアンカ-」と言う番組で「青山がズバリ! 小沢幹事長不起訴の裏側を暴露 」のコーナーがある。

驚くべき事に、青山氏は東京地検特捜部または、検察上層部に情報源を確保している。昨夜、徹夜で取材し、検察そのものに

携帯で電話をかけて聴いた話を、「よくぞ、ここまで」というほど、明らかにしてくれている。

ジャーナリストの鑑である。これに比べて、大手メディアの腰抜けぶりが情けない。

いずれは削除されるかも知れないが、今日は急ぎで映像・音声をそのまま貼り付ける。


10.02.03 青山がズバリ! 小沢幹事長不起訴の裏側を暴露 1/4





10.02.03 青山がズバリ! 小沢幹事長不起訴の裏側を暴露 2/4





10.02.03 青山がズバリ! 小沢幹事長不起訴の裏側を暴露 3/4





10.02.03 青山がズバリ! 小沢幹事長不起訴の裏側を暴露 4/4





というわけで、このまま、小沢不起訴で何事もなかったように動いたのでは、日本は法治国家とは言えない、

と、先ほどまで私は、殆ど激怒して、おかげで血圧も上がってしまったが、青山氏の取材のおかげで、

随分と溜飲が下がった。

正義は実現されなければならない。

昔、故・伊藤栄樹(いとうしげき)元検事総長の「巨悪は眠らせない」(「悪い奴ほどよく眠る」という諺がある)という言葉が

現実で有って欲しい。

今更述べるまでもなく、国会議員は立法府・国会の構成員であり、国会は日本国憲法第41条によれば、

国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

法律を作るのが仕事の国会議員が自らの作った法律の抜け目を利用して、悪事を働くようでは話にならん。

また、それを司法が追及出来ないなら、三権分立でも何でもなく、日本は近代国家ではない(残念ながらそれが実態らしいが)。

青山氏の言う、「第三章」の展開を望む。

なお、この映像と音声は、削除されるかもしれないので、私は手許に保存しておく。

こういうときには、Craving Explorerというソフトが大変有難い。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 金融庁の記者会見はいつも2回に分けて行われる。 | トップページ | ベルリンフィル・コンマス、シュタープラバ氏「コンマスの樫本、集中力ある」←普通、試用期間中にこういうこと言わないんです。 »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

司法」カテゴリの記事

民主党批判」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

鳩山政権批判」カテゴリの記事

コメント

あつし様。コメントをありがとうございます。

おっしゃるとおりで、憲法の規定も「司法」の部分は如何にも納得できませんよね。裁判官を行政府(内閣)が任命するのでは、三権分立ではなく二権分立で、この国では司法は独立していない。独裁制と大差ない、というとちょっと言い過ぎですが、近いとおもいますね。それにしても、小沢は学生の頃から書生として仕えてきた、石川某がやっと小間使いから、代議士になれたというのに、そちらだけ罪人にして、平気の平左なのですから、国民の幸福など念頭にある訳がない。

そう言う人物が与党の実質的な最高権力者で民主党の他の議員は(少数の例外を除いて)報復を恐れ、おおっぴらに小沢批判が出来ない。

我々の国は民主主義国家だといって、すぐご近所の首領様の独裁制の国を非近代的だとバカにしてますが、実は大差ないですね。

投稿: JIRO | 2010.02.05 01:22

小沢幹事長の不起訴処分、検察も官僚である以上、時の権力者を完全に敵に回すようなことはしないでしょう。検察ではないのですが、長沼ナイキ基地訴訟で第一審は違憲判決が出ましたが、第二審以降は政府の意向に沿った判決でした。長沼ナイキ訴訟で違憲判決を下した裁判長の福島重雄さんは、福島と福井の家庭裁判所などを転々とさせられ、裁判長として判決文を書くことは二度と無かったそうです。また、イラクの違憲判決まで35年間も、第9条での憲法判断はなされていないそうです。最高裁の判事や長官は内閣が任命し、その最高裁が下級審の裁判官の任命権を持っているのですから、政府を敵に回すような違憲判決はしません、というより出来ませんよね。検察も官僚である以上、時の権力者を敵に回して最後まで追い込むようなことはしないと思います。今回の件も、秘書などは起訴するが小沢幹事長自身は不起訴ということで、検察と小沢幹事長側が手を打ったとのではと思えてなりません。だから2月1日の記者会見で、「私自身が刑事責任を問われるようなことになれば、非常に責任は重いと思う」などと、いかにも検察に従うといった態度で記者会見をしたのではないでしょうか。大変残念なのですが、日本という国は三権分立ではなく、その意味で本当の近代国家では無いと思いますし、権力者のために法律があるのではと思えてなりません。
あと、私のうがった見方でなんの根拠も無いのですが、検察そのものも裏金問題とかの瑕疵があって、幹事長側から「そちらがその気なら、こちらもやりますよ。」等と釘を刺されたのかもしれません。済みません、三流ドラマの筋書きみたいですね。失礼しました。

投稿: あつし | 2010.02.04 18:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/47473105

この記事へのトラックバック一覧です: 「小沢幹事長は不起訴、東京地検特捜部が方針」←幸いこれで終わりではない。マルサ(国税)が出るらしい。さすが青山繁晴氏の情報力。:

« 金融庁の記者会見はいつも2回に分けて行われる。 | トップページ | ベルリンフィル・コンマス、シュタープラバ氏「コンマスの樫本、集中力ある」←普通、試用期間中にこういうこと言わないんです。 »