« 「理研、配偶者を秘書に雇用=組織管理改善を-仕分け2日目」←真面目に税金払うのがバカバカしくなりますね。 | トップページ | 【音楽】明日もう少し詳しくやりますが、バッハがフルートのために書いた曲。今日は1つだけ。 »

2010.04.28

「<陸山会事件>小沢幹事長「起訴相当」の議決 検察審査会」←まとめきれませんので疑問点を羅列します。

◆記事:<陸山会事件>小沢幹事長「起訴相当」の議決 検察審査会(4月27日15時33分配信 毎日新聞)

小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、

東京第5検察審査会は27日、小沢氏を不起訴(容疑不十分)とした東京地検特捜部の処分を不当とし、

「起訴相当」と議決した。審査会は「政治不信が高まっており市民目線からは許し難い。

裁判所で真実と責任の所在を明らかにすべきだ」と指摘した。「不起訴で潔白が証明された」

とする小沢氏の説明が否定されたことになり、進退問題が再燃するのは必至とみられる。

市民から選ばれた11人の審査員全員一致の議決。議決を受け、特捜部は再捜査を行い、

原則3カ月以内に改めて起訴か不起訴かを決める。再捜査で小沢氏の明確な指示を示す

新たな証拠が見つかったような場合は、不起訴処分を見直し、起訴する可能性も出てくる。

再び不起訴になった場合でも、審査会が再度起訴すべきだと判断して「起訴議決」をすれば、

小沢氏は裁判所が指定する弁護士によって強制的に起訴されることになる。


◆【為参考】検察審査会とは。(最高裁のサイトに載っている説明)

【検察審査会とは】

選挙権を有する国民の中からくじで選ばれた11人の検察審査員が,検察官が被疑者(犯罪の嫌疑を受けている者)を

裁判にかけなかったこと(不起訴処分)のよしあしを審査するのを主な仕事とするところです。

これまでに検察審査員又は補充員(検察審査員に欠員ができたときなどに,これに代わって検察審査員の仕事をする人)

として選ばれた人は約54万人にもなり,多くの人たちが国民の代表として活躍しています。



【審査はどういうときに行われるのか】

犯罪の被害にあった人や犯罪を告訴・告発した人から,検察官の不起訴処分を不服として

検察審査会に申立てがあったときに審査を始めます。また,検察審査会は,被害者などからの申立てがなくても,

新聞記事などをきっかけに自ら審査を始めることもあります。



【審査の方法は】

検察審査会は,検察審査員11人が出席した上で,検察審査会議を開きます。

そこでは,検察庁から取り寄せた事件の記録を調べたり,証人を呼んで事情を聞くなどし,

検察官の不起訴処分のよしあしを国民の視点で審査します。

なお,法律上の問題点などについて,弁護士(審査補助員)の助言を求めることもできます。

また,検察審査会議は非公開で行われ,それぞれの検察審査員が自由な雰囲気の中で

活発に意見を出し合うことができるようになっています。


◆所感:考えを整理しきれていないので、疑問に思ったことを羅列します。

お断りしておきますが、小沢一郎を特に擁護するつもりも、恣意的に攻撃するつもりもありません。

以下は、私ができるだけ客観的に考えた結果です。


  1. 今日(27日)午後3時半過ぎにマスコミ各社が「検察審査会 起訴相当の決議」との、速報が報じられたが、月曜日発売の「週刊朝日」(5月7・14日号)138ページ、元検事・現名城大学教授・郷原信郎氏とフリー・ジャーナリスト、上杉隆氏の対談で、郷原氏が「2月4日に嫌疑不十分で不起訴となった民主党の小沢一郎幹事長ですが、その東京地検特捜部の判断の妥当性を巡る検察審査会の議決が近く出る見込みです。」と断言している。予め情報が洩れていたと考えざるを得ない。捜査情報が故意に漏らされている印象を受ける(週刊朝日だけではない。26日の段階で小沢氏もその気配を察知していたらしいという話が「夕刊フジ」に載っていた。東京地検特捜部の捜査方針が、簡単に外部に漏れて良いのか。検察が故意に漏らしたのか。

  2. 検察審査会は11人の市民により構成されると言うが、東京地検特捜部が一旦不起訴と決めたものを法律に素人の一般市民11人が2回決議すれば強制的に起訴出来るのならば、検察官の存在意義は何か。(検察審査会の決議に強制力が持たされたのは、2009年5月からである。)

  3. 繰り返すが、検察が一旦不起訴と決めているのに、マスコミが「いや、怪しい」と世論を誘導している気配がある。

  4. 今の東京地検佐久間達哉特捜部長その佐久間氏が近年捜査に関わった事件で、参考人として取り調べを受けた人の間に多数の自殺者が出ていることはあまり知られていないそうだ。(ビデオニュース・ドットコム ニュース・コメンタリー (2010年02月12日) )社会学者の宮台氏によると、自殺者は多くの場合、参考人聴取の段階で自殺している。即ち「お前が恩義のある人を売れば、お前は軽い罪ですむが、そうしなければ、お前が重罪となる」という追い詰め方をするのは、検察の常套手段である。石川秘書はあくまで推測想だが、小沢を庇って、罪となったのであろう。背景にあるのは、日本の裁判では「調書絶対主義」で、一旦調書にサインをしてしまったら、法廷で,「取り調べ過程でこういうことを言われた」と主張しても相手にされない。


本件について調べていく過程で、私は以上のことを知ってしまったので(少なくとも聴いてしまったので)、

検察審査会の決定が出た=小沢はやはり起訴だ。という単純な判断を下して良いか、迷っている。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「理研、配偶者を秘書に雇用=組織管理改善を-仕分け2日目」←真面目に税金払うのがバカバカしくなりますね。 | トップページ | 【音楽】明日もう少し詳しくやりますが、バッハがフルートのために書いた曲。今日は1つだけ。 »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

司法」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

堀内 正之(トラトラコンタ)さん、コメントをありがとうございます。

本件に関しては私は、何が真実か見当が付かないのです。

ですから、意見というよりも、「本当はどうなのだろうか」という疑問点を羅列したので、

折角コメントを頂戴しましたが、何とも言えません。

真実は何かを知りたいです。

投稿: JIRO | 2010.04.30 03:32

いつも(時々?)読ませていております。
おおざっぱな私に比べ常識的かつ緻密な筆をいつも勉強させていただいております。
特に音楽へのコメントや実際の音楽のアップは大変刺激的に読ませ聞かせていただいております。

ということでおおむね同感若しくはお教えいただくことが多いのですが、今回の検察審査会については珍しく意見を異にしましたので、初めて一筆差し上げる次第です。

1.について 審査会の任期の関係から、近く結論が得るだろうと言うことはマスコミで前から報じられておりました。
リークと言うことでしたら、鳩山首相の問題で首相自ら近々検察審査会で自分に有利な結論が出る、と言ったコメントを発したことの方が奇異に感じられました。
リークはもちろん論外ですが、今回がそれに当たるかどうかは不明だと思います。

2.について 司法のプロの世界に素人が関与するという意味では「裁判員制度」と重なる議論になろうかと思います。
ご承知の通り、裁判官や検察官、弁護士など司法試験合格組はまず社会経験がありません。社会に出ながら合格することは至難の業です。
素人の素朴(とはいうもののしっかりプロからのレクチャーを受けながら)かつ法的に成り立ちうる視点を国権(司法権)の中に取り入れることは「国民主権・社会契約説」の観点からも妥当ではないでしょうか?
「良き法律家は悪しき隣人」ということわざもあるくらいですから^^
検察審査会についての立法趣旨説明や国会での議論を調べてみたいものですね。

3.について マスコミがどういう立場に立っているのか、意見は分かれています。民主党よりだ、イヤ反民主だと・・・。不偏不党に徹するか、オピニオンを持って敢えて偏った?意見を表明するか・・。
「椿事件」の例もあります。マスコミの誘導はあるものと考えて、だからこそネットなどで広く資料を集めて判断しなければなりませんね。

4.について ネットを見ていると、小沢さんがらみでたくさんの人が自殺していることが分かります。
原因が過酷な?取り調べにあるのか、あるいは小沢さんへの義理立てと自分の良心との狭間で選んだ道なのか、はたまた謀略によって亡き者にされてしまったのか・・・。
事実は小説よりも奇なりですから、三番目の原因だって考えられます。ホリエモン事件のとき沖縄で「自殺」したNO2の人がいましたしね。公明党を追求して「自殺」した東村山市議(もともと普通の主婦だった人)の事件もありましたしね。

調書至上主義はその通りですが、背景というよりもっと遠い要素なのではないかと思います。


私としては11人の委員全員一致というところに注目したいです。
裁判員の方の話しを聞いても皆さん大変まじめに取り組んでおられます。
おなじく検察審査会の皆さんもまじめに取り組んだはずですから、そこでの全員一致が何を意味するのか・・・?。
・「共謀」を伺わせるはっきりした証拠があったのか?
・「評価」として「共謀」を認めたのだとしたら、価値判断が素人と玄人とで分かれたのはどういう理由からか?
・反対意見を言い出せないほど牛耳った人がいた特殊な委員会だったのか?

ユダの会議では全員一致は不自然だという理由であえて反対票を1票入れる、と言う話しを聞いたことがあります。
なぜ全員一致になったのか・・・。議論の過程を知りたいですね。

長々と失礼いたしました。

投稿: 堀内 正之(トラトラコンタ) | 2010.04.30 02:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/48202550

この記事へのトラックバック一覧です: 「<陸山会事件>小沢幹事長「起訴相当」の議決 検察審査会」←まとめきれませんので疑問点を羅列します。:

« 「理研、配偶者を秘書に雇用=組織管理改善を-仕分け2日目」←真面目に税金払うのがバカバカしくなりますね。 | トップページ | 【音楽】明日もう少し詳しくやりますが、バッハがフルートのために書いた曲。今日は1つだけ。 »