« 【音楽】リストの「超絶技巧練習曲」(ラザール・ベルマン演奏)。リストの「超絶技巧」は、こういう風に弾くんですよ。 | トップページ | 「英会話のジオス破産、受講料返還には応じず」←あまりにも受講生が気の毒だ。 »

2010.04.21

ここ数日の主なニュース。

◆アイスランド噴火の影響

我々日本人は、「火山」とか「噴火」という言葉を見ても聞いても大して驚きませんが、、

噴火によって、上空に舞い上がった火山灰によって欧米各国の空港で離着陸が制限された、

と聞いて少々意外な感じがしました。ヨーロッパは、行ってみるとわかりますが、案外狭い範囲内にあり、

英国から独・仏・蘭・伊・西へ飛行機で行くときなど、距離・時間的には日本の国内線の感覚です

(勿論、「感覚」はそうであっても互いに別の国だから入国・出国はかんりされてますが)。

だから、アイスランドの火山灰がヨーロッパ全域に広がったというのは、さほど不思議ではない。

しかし、それで飛行機が飛べなくなるものだろうか?という疑問がありました。調べたら、AFP通信が

図解説明していたので、これをご覧下さい。

T_20100420939iceland01

T_201004201940iceland

T_201004201941iceland


◆米SEC(Securities and Exchange Commission=証券取引委員会)がゴールドマン・サックスを訴追

というのは、ゴールドマン・サックスというのは投資銀行で、投資家に投資先のアドヴァイスをしたり、

或いは債券(社債)を発行して資金を調達しようとしている企業にアドヴァイスし、発行の手続きをしてやって、

マーケットで売る。または企業が他の企業を買収したり、他の企業と合併したりする(総称してM&Aといいます)

ことにより手数料収入で食っている銀行ですが、アメリカの金融危機の発端となった、信用力の低い(返済できるか、

あまり信用できない)個人への住宅ローン、即ちサブプライムローンに関連商品(債務担保証券(CDO)というのですが)

を、そのリスクを十分に説明しないで、というか、敢えて隠して投資家に販売したのではないか。それなら、詐欺だ

というので、アメリカの証券取引委員会も英国でも金融当局が調査する、というのです。

2008年9月15日のリーマン・ショックは、巨大な証券会社リーマン・ブラザーズが、「まさか」と皆おもっていたのですが、

資金繰りに窮して破産した。しかもあまりにも影響が大きいのに、アメリカ政府は敢えて潰した。それから世界景気が悪化

し始めた。

あれとは、全然違うのですけれど、金融機関の「信用」ということです。大投資銀行が怪しげな金融商品を、そのリスクを

十分に説明しないで、売っているのではないかというのが、事態の性格はことなりますが、世界全体の金融業に対する不信感

となって一時期株が売られました。金融機関の破綻から一年半も世界景気が(特に日本は回復が遅れてますが)、停滞したので

また、金融株から売られ初めて世界同時株安か、と思いました。昨日(2010年4月20日)は少し落ちついてましたが、

もう少し様子を見ないとわかりません。


◆日本の経済指標

19日(月)日本百貨店協会が全国百貨店売上高を発表しました。前年同月比マイナス3.5パーセントで、25ヶ月連続、

前年同月比マイナスです。

同じ日に日本鉄鋼連盟が3月の粗鋼生産量を発表し、前年同月比、プラス62.8%でこの伸び率は60年ぶりだ、などと

新聞が書いていますが、それは要するに昨年がリーマンショックの半年後で世界景気がものすごい勢いで後退していた

時期でしたから、その頃と比べれば、増えている、ということで、単純に喜べません。

とにかくGDPの3分の2を占める個人消費がもっと増えないとどうしようもないのですが、

昨日(20日(火))発表された、3月の主要コンビニエンスストア10社の既存店売上高は、

前年同月比マイナス4.9パーセントで、前年同月比マイナスは10ヶ月連続です。

毎月、百貨店、スーパー、コンビニの前月売上高が、それぞれの業界団体から発表されるので、それだけ見ていても

分かりますが、要するに、個人消費が伸びない。つまり物が売れない。物価が下がる。企業が儲からない。従業員の給料が減る。

余計、家計は消費を抑えるというデフレ・スパイラルなのですから、個人消費を増やす為には、思い切って所得減税するしかない

と私は思うんですが、そういうことを言う専門家は誰もいません。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 【音楽】リストの「超絶技巧練習曲」(ラザール・ベルマン演奏)。リストの「超絶技巧」は、こういう風に弾くんですよ。 | トップページ | 「英会話のジオス破産、受講料返還には応じず」←あまりにも受講生が気の毒だ。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自然災害」カテゴリの記事

コメント

猫野さん、いつもありがとうございます。

アイスランドの火山噴火による火山灰が広範囲に拡散するということは、

本文にも書きましたが、「ヨーロッパの主な国々」は比較的狭い範囲にあるので、

さほど不思議は無かったのですが、各国の空港から、航空機の離発着を全面的に見合わせる

必要があるほどのことなのだろうか(21日には元に戻りましたが)?というのが不思議でした。

私もAFPの説明で初めて理由が分かった次第です。

日本の全国紙にも「科学部」の記者がいるのですから、AFPの翻訳ではなくて独自に

説明して貰いたいですよね?こういうことになると、ロイター、AP、BBC、CNNなど

海外メディアはこのように述べているという報道になってしまうのは、おっしゃるように情けないです。

私は情報収集というにはお粗末で、お褒めに預かり誠に恐縮です。

お役に立てば何よりです。

ご丁寧に、ありがとうございました

投稿: JIRO | 2010.04.22 00:53

JIROさん、こんばんは。
猫野です。

先週末に海外へ行くため成田空港にいました。
早朝からヨーロッパ行きのフライトが午後便の欠航を決めるなど、あれ? という感じはしていました。
実情を知って私も、「それにしても飛べないものなのだろうか?」と不思議な感覚を持ちましたが、JIROさんが見せて下さった資料で納得です。

意外と「そもそも」をニュースではやってくれませんね。まあ、テレビマスコミなどに期待もしていませんが。

JIROさんは以前ご自身で書かれていましたが、旬の情報を限られた時間で収集する力、技術、センスが飛び抜けているように感じます。
上司にしたいナンバーワンは天海祐希でもなくJIROさんかなぁ。

いつも素晴らしい記事をありがとうございます。
感謝します。

投稿: 猫野 | 2010.04.21 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/48142821

この記事へのトラックバック一覧です: ここ数日の主なニュース。:

« 【音楽】リストの「超絶技巧練習曲」(ラザール・ベルマン演奏)。リストの「超絶技巧」は、こういう風に弾くんですよ。 | トップページ | 「英会話のジオス破産、受講料返還には応じず」←あまりにも受講生が気の毒だ。 »