« 「<陸山会事件>小沢幹事長「起訴相当」の議決 検察審査会」←まとめきれませんので疑問点を羅列します。 | トップページ | 【音楽】約束通り、バッハのフルートソナタ、その他をご紹介。 »

2010.04.29

【音楽】明日もう少し詳しくやりますが、バッハがフルートのために書いた曲。今日は1つだけ。

◆作業したのですが、時間がかかりそうなので。

バッハのフルート・ソナタのご紹介をしようとしてますが、ちょっと時間がかかりそうで、

途中で睡魔に襲われて眠ってしまいそうなので、つなぎ、と言ってはなんですが、今日は

「序章」とでも言いますか、簡単に一曲だけ取りあげます。悪しからず。


ヨハン・セバスチャン・バッハ。大バッハとか言いますね。「音楽の父」とか言われるあの大先生です。

過去に取りあげましたが、ピアノ(当時はクラヴィーア)、ヴァイオリン、チェロのために無伴奏の曲集を残しています。

ピアノは「平均律クラヴィーア曲集」、ヴァイオリンは「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」で、

チェロは「無伴奏チェロ組曲」といいます。これらはかなり膨大な曲集です。

それらに比べると、知名度が低いですが、「無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV1013」というのがあります。

チェロ組曲と同じように舞曲集の形式で、最初が「アルマンド」です。


楽譜読めても読めなくても結構ですから、兎に角、この BWV 1013、「アルマンド」の楽譜を見て下さい。



20100429bachbwv1013allemande01

20100429bachbwv1013allemande02_2




ご覧のとおり、びっくりするのは、休符(やすみ)が全然ないことです。

フルートのための曲ですから、何処かで息を吸わないといけませんよね?

息を吸ったら、一瞬、「音」は途切れます。「音楽」は流れてますけど、

「音」は途切れます。そりゃ仕方がない。で、

どこでブレスを取るか?

は演奏者の解釈で決めるのです。

人によってその解釈が違うのですね。そこが面白いです。


それから音楽には「フレージング」ということがあります。

どこからどこまでを音楽の一区切りと考えるか、ということです。

最低限のルールというか、暗黙の了解はあるのです。それは言葉に例えると、

べんけいがなぎなたをもってさしころしたとさ。(弁慶が薙刀を持って刺し殺したとさ。)

と書いてあった場合、
べんけいがな、ぎなたをもってさ、しころしたとさ。

と読んだら、明らかに間違いですよね? 音楽も同じでして、「ここで切ったら絶対おかしい」と

いうところがある。それが最低限のルールですが、前の言葉の例でいうと、
べんけいが、なぎなたをもって、さしころしたとさ。

というのが、一番「常識的」かもしれませんが、
べんけいが、なぎなたを、もって、さしころしたとさ。

も、「間違い」ではありません。あるいは、
べんけいがなぎなたをもって、さしころしたとさ。

という長目の区切り方も間違いではない。さらに、
べんけいがなぎなたをもってさしころしたとさ。

と、一息で読んでも、分かるように抑揚を付ければ、間違いではないです。

音楽でもそういうことがあるのです。どこで一区切りと考えるか。

それが「フレージング」ということで、後世の作曲家の中には、フレージングを楽譜で指定する細かい人もいますが、

バッハなど、楽譜を見るとお分かりのように、何の指定もありません。

それだけに、これをどのように解釈してフレーズを決めるか。どこでブレスを取るか、

は演奏者の裁量です。


工藤重典さんの演奏でどうぞ。CDはバッハ・フルート・ソナタ集 2 です。


無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV1013 第1楽章 アルマンド



Flute Partita in A minor, BWV 1013 I. Allemande



聴いていると、すーっと気持ちが透明になるようで、私は好きです。

明日はもうちょっと真面目に(今日は1曲だけなので、ということ)やります。

それでは。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「<陸山会事件>小沢幹事長「起訴相当」の議決 検察審査会」←まとめきれませんので疑問点を羅列します。 | トップページ | 【音楽】約束通り、バッハのフルートソナタ、その他をご紹介。 »

音楽」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【音楽】明日もう少し詳しくやりますが、バッハがフルートのために書いた曲。今日は1つだけ。:

« 「<陸山会事件>小沢幹事長「起訴相当」の議決 検察審査会」←まとめきれませんので疑問点を羅列します。 | トップページ | 【音楽】約束通り、バッハのフルートソナタ、その他をご紹介。 »