« 33年前、ベームがウィーン・フィルを振った「運命」第3楽章とフィナーレ。 | トップページ | 英国ロイヤルバレエが来日公演中。プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」を最後に吉田都氏、退団。 »

2010.06.23

「首相が消費税増税で「政治生命かける」 9党党首討論速報」←昨年の民主党のマニフェストでは「消費税5%維持」

◆記事:首相が消費税増税で「政治生命かける」 9党党首討論速報(6月22日15時21分配信 産経新聞)

菅直人首相(民主党代表)は22日午後の日本記者クラブ主催の9党党首討論会で、

消費税増税に関し「議論が煮詰まり、案が出せる段階で、国民の皆さんにしっかりと判断をいただくことが必要だ」と述べ、

衆院解散・総選挙で信を問う可能性に言及した。

消費税に政治生命をかけるかとの質問には「『国民の皆さんに判断してもらう』と言っていることが一番、

政治家が政治生命をかけて申し上げていることだと理解してもらいたい」と述べた。


◆コメント:昨年のマニフェストには「消費税率維持」と書いてあるのですが・・・・。

今日は9つの政党の党首討論で消費税に関して一番時間をかけて「議論し」たらしい。

何だか、菅首相が就任してから、平気で「消費税増税」を口にして、

なし崩し的に「消費税は当然、増税する」ことが前提で、全然ケロッとしているが、

昨年の衆院選時の民主党政策集INDEX2009を読むと、

PDFファイルのページでいうと、20ページには、次のとおり書かれている。

消費税改革の推進

消費税に対する国民の信頼を得るために、その税収を決して財政赤字の穴埋めには使わないということを約束した上で、

国民に確実に還元することになる社会保障以外に充てないことを法律上も会計上も明確にします。

具体的には、現行の税率5%を維持し、税収全額相当分を年金財源に充当します(注:太文字は引用者による)

そして、鳩山前首相は、今年の1月改めて「4年間は(消費税率を)上げない」と衆院本会議で述べている。
◆記事:消費税:鳩山首相「4年間上げぬ」--衆院本会議(毎日新聞 2010.01.20)

鳩山由紀夫首相は19日の衆院本会議で、消費税率引き上げについて

「4年間は歳出等の見直し努力を最大限行い、その間は行わない」と否定した。

消費増税を巡っては、仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相が「議論は避けて通れない」と発言。

菅直人副総理兼財務相も「11年度以降、議論すべきだ」などと発言していた

民主党は、昨年、衆院選の際、「消費税率」は上げない、といって政権を取ったのであり、

今年に入ってからも鳩山前首相が「4年間は上げない」と国会で述べている。


消費税率を上げないことを公約に掲げて政権を奪取し、その後党首は途中で、

交替となったが、それは民主党内の鳩山では選挙で勝てないという声に押されたとかなんとか。

要するに民主党内の内輪もめであり、党として国民に約束したことは有効である。


鳩山前首相が普天間基地問題で、既に公約違反をしている。

総理が替わったら、今度は何食わぬ声で、政権奪取時の公約を翻し、消費税率を上げるという。

これでは、詐欺である。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 33年前、ベームがウィーン・フィルを振った「運命」第3楽章とフィナーレ。 | トップページ | 英国ロイヤルバレエが来日公演中。プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」を最後に吉田都氏、退団。 »

ニュース」カテゴリの記事

民主党批判」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

菅直人政権」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/48698945

この記事へのトラックバック一覧です: 「首相が消費税増税で「政治生命かける」 9党党首討論速報」←昨年の民主党のマニフェストでは「消費税5%維持」:

« 33年前、ベームがウィーン・フィルを振った「運命」第3楽章とフィナーレ。 | トップページ | 英国ロイヤルバレエが来日公演中。プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」を最後に吉田都氏、退団。 »