« 【音楽】ブラームス:ピアノ協奏曲第2番と、ショスタコーヴィッチ交響曲第10番より。 | トップページ | 1日中寝ていて、世の中を追えていないのでサボります。/バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタBWV 1001 フーガ。 »

2010.10.23

「仙谷氏が自身の答弁を『不適切、真摯に努める』と陳謝」「小沢氏、政倫審出席に否定的」奄美大島はどうでもいいの?

◆記事1:仙谷氏が自身の答弁を「不適切、真摯に努める」と陳謝(産経新聞 10月22日(金)10時51分配信)

仙谷由人官房長官は22日午前の参院議院運営委員会理事会で、問題視された参院予算委員会での自身の答弁について

「不適切な答弁、本院(参院)決定事項に異を唱えるような答弁があったことについて陳謝する。今後、真摯な答弁に務める」と述べた。

参院の撮影規定に反して国会内でファッション誌の写真撮影をした蓮舫行政刷新担当相については

「院内の議員活動の範囲を超え、その後の答弁も不適切であったことを私からも厳重に注意し、

本人も反省している。官房長官として陳謝する」と理解を求めた。


◆記事2:小沢塾が初の塾生募集会見(産経新聞 10月22日(金)20時48分配信)

民主党の小沢一郎元代表が主宰する「小沢一郎政治塾」が22日、第11期生の募集を始めた。

塾出身の国会議員でつくる運営委員会が都内で記者会見し、募集要項を発表した。

小沢塾が、塾生募集で記者会見を行うのは初めて。小沢氏が強制起訴されることを受け、

応募に影響が出かねないと判断したようだ。


◆記事3:<奄美豪雨>想定超える水位 断水、停電、電話も使えず(毎日新聞 10月22日(金)22時7分配信)

記録的集中豪雨に襲われた鹿児島県奄美地方は22日、災害発生から丸2日を経て、

地元の役場職員やNTTなどによる懸命な被害状況の把握や復旧作業がようやく本格化した。

電話交換所や携帯電話の基地局が浸水したり、土砂崩れで電話ケーブルが切断されたため、

一般電話や携帯電話が使えなくなったり、断水、停電など、ライフラインの脆弱(ぜいじゃく)性が浮き彫りになった。

害が大きかった奄美市住用町では冠水水位が1メートルを超え、NTT西日本の電話交換所が浸水した。

水害に備えて平地より1メートル高い場所に設置していたが、「想定以上の事態」(同社)だった。


◆コメント:国家の最も重要な使命は国民の生命・財産を守ることではないでしょうか。

どうにもあきれて、ものが言えない。

奄美大島では、記録的な物凄い豪雨に見舞われている。名瀬の降水量(18日21時~22日10時)は

763ミリで、これは平年の3ヶ月分の降水量だ。つまり、平年年間降水量の4分の1が3日半に集中したのである。

降水量と人間の感覚との関係では、1時間の降水量が60ミリを超えると、人は恐怖感を覚えるという。

特別養護老人ホームのお年寄りはさぞや怖かったであろうし、亡くなった方は、さぞや苦しかったであろう。


国民の生命を守る、ということは国家の最も基本的な使命である。

しかし、新聞の政治面を読むと、奄美大島のことを本気で心配している国会議員は果たして何人いるのか、

と憤りを覚える。彼等の頭の中は、十年一日のごとく、勢力争いであったり、自らの国会内での地位を

如何に保つか、あるいは有利にするか。次の選挙で、また当選するためにはどのように行動するべきか

で一杯であり、あたかも「奄美大島どころではない」と言いたげにさえ見える。


自然災害で自衛隊の出動を要請するのは、都道府県知事の権限であるが、だからといって、中央政府が

「雨だろ?そっちで適当にやってくれ」という態度。ポーズだけは取らなければならないので、

◆記事:<奄美豪雨>副内閣相を派遣へ(毎日新聞 10月22日(金)10時54分配信)

鹿児島県奄美地方の豪雨災害について、松本龍防災担当相(環境相)は22日の閣議後会見で、

東祥三副内閣相を現地に派遣すると発表した。

可能な限り被害状況を早期に把握するためで、具体的な日程を鹿児島県と調整している。

のだそうだ。今頃になって、思い出したように「可能な限り被害状況を早期に把握するため」だと?

ふざけんのもいい加減にしろ、馬鹿野郎!

国会は国権の最高機関だ。政治家は、私欲に血眼になる前に、国民のために真面目に仕事をしろ。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 【音楽】ブラームス:ピアノ協奏曲第2番と、ショスタコーヴィッチ交響曲第10番より。 | トップページ | 1日中寝ていて、世の中を追えていないのでサボります。/バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタBWV 1001 フーガ。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自然災害」カテゴリの記事

菅直人政権批判」カテゴリの記事

コメント

signalfallsさん、コメントをありがとうございます。

過分なお言葉、恐縮です。
もう少し、コンパクトに文章をまとめたいのですが、
知能の限界らしく、常に冗漫な文章になってしまい、
お目汚しで恐縮です。

>「ふざけんのもいい加減にしろ、馬鹿野郎!」の爆発、とくに快く感じました。

この頃、こういうベランメエを用いる人が少ないですね。田夫野人の如き言辞を弄してお恥ずかしいですが、これが国民の正直な気持ちではないかと思い、敢えて書きました。

投稿: JIRO | 2010.10.25 00:46

正確な内容とその記述をいつも楽しみにしています。バートランド・ラッセルも読みたく思っています。今日の
「ふざけんのもいい加減にしろ、馬鹿野郎!」の爆発、とくに快く感じました。

投稿: signalfalls | 2010.10.23 08:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/49818446

この記事へのトラックバック一覧です: 「仙谷氏が自身の答弁を『不適切、真摯に努める』と陳謝」「小沢氏、政倫審出席に否定的」奄美大島はどうでもいいの?:

« 【音楽】ブラームス:ピアノ協奏曲第2番と、ショスタコーヴィッチ交響曲第10番より。 | トップページ | 1日中寝ていて、世の中を追えていないのでサボります。/バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタBWV 1001 フーガ。 »