« 「菅首相『支持率1%でも辞めない』=鳩山氏と会談」←別に構わんだろう。 | トップページ | 【御愛読御礼】エンピツ得票数、過去最多、ココログ版アクセス数100万突破。 »

2010.11.29

仙谷長官「辞任を」「必要ない」拮抗 本社世論調査 (日経電子版)(2010/11/28 22:03)←下らん。

◆記事:仙谷長官「辞任を」「必要ない」拮抗 本社世論調査(日経 2010/11/28 22:03)

日本経済新聞社とテレビ東京が27、28両日に実施した世論調査で、

参院が問責決議を可決した仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相が「辞任する必要はない」という回答は41%で

「辞任すべきだ」の40%と拮抗(きっこう)した。

菅内閣の支持率は30%で10月の前回調査から10ポイント低下、不支持率は 12ポイント上昇し60%。

民主、自民両党の支持率はともに30%で、政権交代後、初めて並んだ。


◆コメント:閣僚の揚げ足をとって、吊し上げをするのが野党の仕事ですか。

ちょうど10日前に同じようなことを書いたばかりである。

2010年11月18日(木) 「首相「私からもおわび」=暴力装置発言、仙谷長官を注意」←国会議員は自分の事しか考えていない。ココログ

国会は国権の最高機関であると憲法に規定されている。

今の民主党も野党時代には同じようなことをしていたが、野党に零落した自民党はその時の復讐とばかりに、

民主党の閣僚の「失言」に拘泥し、問責決議案の採決が最大関心事だったが、日経の世論調査で

回答者に約半分は、失言で辞めることはない、と言っている。事の本質ではないからである。


10日前の記事で国会議員の収入を書いたが、歳費(月給)が129万、文書通信交通滞在費(非課税)が毎月100万。

立法調査費(月額)65万、その他に一年にボーナスを718万。その他色々。

1人の国会議員に、一月最低、294万円の税金が支払われている。

要するに、1ヶ月300万。1日10万円を受け取りながら、政治家の仕事は足の引っ張り合いか。


柳田法務大臣は、支援者の前で、
答弁には、「個別の事案については答えを差し控える」と「法と証拠に基づいて適切にやっている」の二つを覚えておけば十分。

と発言したのを理由に辞任に追い込まれたが、余りにもヒステリックではないかと思う。

10日前の日記に書いたが、その日私は通院日で、クルマの中で国会中継を聴いていた。

柳田法相の答弁も聴いたが、実際はもっと多く、具体的に詳細なことに言及しており、

支援者の前での「二つで十分」は、単なる冗談、で済む事だと思う。


仙石官房長官は、
「暴力装置である自衛隊には文民統制が必要」

と発言したから、辞めろとやはり自民党はこめかみに青筋を立てているが、前後の文脈を聞かずに、

発言の一部を抽出し、誇大に強調して糾弾するのは、意味がない。

これは、あくまでも仮説だが、「防衛装置」と「(自衛の為の最低限)の実力」の「防」と「力」が

一緒くたになって、「防」「力」装置となり、「暴力装置」になってしまったのかも知れない。


官房長官は、内閣のスポークスマンで、コロコロ替えるものではない。

これぐらいで、いちいちカリカリして、肝心の北朝鮮の状況分析や、低迷を続ける景気対策を議論していない

国会議員達一人一人に一月最低、294万円、1日約10万円の税金、我々が一生懸命に働いて納めた税金を

使って欲しく無い。


◆マスコミの恣意的な報道に注意。

マス・メディアはしばしば、全くウソではないが、用心の発言のなかから、単語を抽出し、

別のセンテンスを組み立てて、あたかもそれがオリジナルの発言のように報じることがある。

これに注意をするべきである。


これは、政治記事に限ったことではない。日本全体でみれば、クラシック音楽ファンは少ないから、

全く騒ぎにならなかったが、かつて、20世紀最高のピアニストの一人、ホロヴィッツが初来日したとき、

後日、風邪薬か何かの副作用による、眠気と集中力の低下が原因だった、ということになったが、

とにかく、ひどい演奏だったので、皆が唖然とした。


この時、音楽評論家の吉田秀和氏が、

ホロヴィッツは「ヒビの入った骨董品」だ。

と言ったように各メディアは伝えたが、私はこの時の吉田氏の発言を聴いていたので、

知っているが、原発言は(資料がないので、完全に一字一句同じではないだろうが)次のようなものだった。
僕(吉田氏)は、本当は人間を物に例えるのは好きではないけれども、敢えて言うなら、

このような、伝説的名人の演奏というのは、骨董品のようなもので、興味がある人には大変な価値があるが、

それ以外の人にとっては単なる壺でしかない。ただ、ホロヴィッツは骨董品だとしても・・・。

ちょっと・・・、ヒビが入ったね。もう10年早く聴きたかった。

もう、お分かりの通り、吉田秀和さんの原発言には、

「ヒビが入った」と「骨董品」という言葉は含まれているが、
ホロヴィッツはヒビの入った骨董品。

というセンテンスは無く、メディアが吉田さんの発言を読者受けするように「再構成」したのである。


この種の「不正確な報道」が政治家の発言で行われると、大騒ぎになるのだ。

2007年1月、当時の柳沢伯夫厚生労働相が、
女は(子供を)産む機械だ。

と発言し、辞任させられたが、これも原発言を読むと、だいぶ印象が違う。

それについては、書いた。
2007年01月30日(火) 柳沢発言は確かに不注意だが、直後、「機械といってごめんなさいね」とある。文脈を読むことだ (ココログ

これも、メディアが、元の発言を恣意的に変形の上、報道したのを皆がそのまま信じてしまった典型である。

他人の発言の「一部」がマスコミによって伝えられ、国会で騒ぎになったときは、複数のソースを読んで・聴いて、

クロスマッチさせることにより、可能な限り「本当はどのような文脈で何を言ったのか」を調べ、

それを踏まえて、問題の有無を判断するのが、本来の「手続き」である。

一つの新聞・テレビの記事やニュースを読んだり聴いたりして、鵜呑みにするのは、

事実を誤って認識する危険があることを、知るべきだ。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「菅首相『支持率1%でも辞めない』=鳩山氏と会談」←別に構わんだろう。 | トップページ | 【御愛読御礼】エンピツ得票数、過去最多、ココログ版アクセス数100万突破。 »

マスコミ批評」カテゴリの記事

民主党批判」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自民党批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/50159564

この記事へのトラックバック一覧です: 仙谷長官「辞任を」「必要ない」拮抗 本社世論調査 (日経電子版)(2010/11/28 22:03)←下らん。:

« 「菅首相『支持率1%でも辞めない』=鳩山氏と会談」←別に構わんだろう。 | トップページ | 【御愛読御礼】エンピツ得票数、過去最多、ココログ版アクセス数100万突破。 »