« 「サミット対策資料が流出=外国人動向、大使館口座記録も―ネット国際テロ情報」←いい加減にして下さいよ。 | トップページ | ナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)の薦め。 »

2010.11.02

「耳かき店員ら殺害で無期懲役判決 裁判員、死刑を回避」←これを死刑にしなくてどうする。

◆記事:耳かき店員ら殺害 無期懲役の判決(NHK 11月1日 18時19分)

東京・港区で、耳かき店の従業員だった女性と祖母を殺害した罪に問われた男の裁判員裁判で、

東京地方裁判所は「何の落ち度もない2人を殺害した刑事責任はきわめて重大だが、

極刑にするほど悪質とは言えず、自分のどこに問題があったのか、人生の最後の瞬間まで苦しみながら考え抜くべきだ」と指摘し、

無期懲役を言い渡しました。この裁判で、検察は裁判員裁判では初めて死刑を求刑していました。



裁判員たちが審理したのは、去年8月、耳かき店の従業員だった江尻美保さん(当時21歳)と祖母の鈴木芳江さん

(当時78歳)が、東京・港区の自宅で刃物で刺されて殺害された事件で、店の客だった千葉市の元会社員、林貢二被告(42)が

殺人などの罪に問われました。林被告は起訴された内容を全面的に認め、検察は裁判員裁判では初めて死刑を求刑していました。

1日の判決で、東京地方裁判所の若園敦雄裁判長は

「何の落ち度もない2人を身勝手な動機から連続して惨殺した被告の刑事責任はきわめて重大だ。

自分の母親と娘を同時に亡くした美保さんの母親が精神的なショックで今も家の外に出ることができず、

遺族たちが極刑を望んでいるのは当然で、その思いには深く動かされた。

事件の最大の原因は、相手の立場に立って物事を見ようとしない被告の人格や考え方にあるのに

裁判の最後までそのことに気づかない被告の言動には許しがたいものがある」と指摘しました。

その一方で「この事件で、死刑を選択する余地がないのか徹底的に議論したが、

結局、極刑がやむをえないという結論には至らなかった」と述べました。



理由として、裁判長は「被告は美保さんに恋愛に近い感情を持ち、拒絶されると絶望感を抱いて抑うつ状態になり、

怒りや憎しみから殺害を決意したもので、犯行の動機が極刑に値するほど悪質なものとまではいえない。

祖母の芳江さんの殺害は偶発的なもので、計画性は認められない。被告なりに反省の態度を示しており、

自分のどこに問題があったのか、人生の最後の瞬間まで苦しみながら考え抜くべきだ」などと述べ、林被告に無期懲役を言い渡しました。

判決のあと林被告の弁護士は「被告はこの判決をしんしに受け止め、これからも自分の犯した罪に向き合い、

被害者とご遺族のことを考え続けていくものと思います」というコメントを出しました。

東京地方検察庁の大鶴基成次席検事は

「死刑が選択されなかったことについては判決内容を十分検討し、適切に対応したい」というコメントを出しました。

一方、亡くなった江尻美保さんの父親は「判決を聞いて、悔しくて涙も出ませんでした。

『自分なりに』反省を示せばよいのか、人間を2人殺してこんな判決でいいのかと思います。

この事件で無期懲役になるのであれば、いったい何人殺せば死刑になるというのでしょうか。

検察官には、ぜひ控訴していただきたいと思います」というコメントを代理人を通じて出しました。


◆コメント:訳の分からない判決理由。

私は、裁判員制度が話題になり始めた頃から、この制度には反対でした。2004年のことです。

2004年03月02日(火)国民が刑事裁判に参加へ、裁判員法案を閣議決定」←止めた方がいいと思います。

今日の判決で無期懲役になったのは、要するに裁判員がビビッたのでしょうね。

「自分達の判断で、殺人犯とは言え、人が1人、国家によって殺されるかも知れない。」と、素人がその場にいたら、

やはり、怖くなるのですよ。だから裁判員制度なんてダメなのです。裁判によって事実認定がなされ、

適切な量刑が下されるためには、多くの犯罪者を見てきて、判例も十分に知っている法律の専門家が判断を下す、

ということが、近代的裁判の基本ですよ。職業裁判官とて、死刑判決を下した後は、顔色が悪いそうです。

それだけのプレッシャーとストレスがかかるけど、死刑にすべき時は「エイッ」と死刑に出来るのはプロだけです。


無期懲役になったのは、素人が混ざっているからです。自分が人を死刑にすることに関与することをおそれたのです。

そうは言えないから、裁判長は、判決理由で訳の分からん事を言っています。

  • 何の落ち度もない2人を身勝手な動機から連続して惨殺した被告の刑事責任はきわめて重大

  • 自分の母親と娘を同時に亡くした美保さんの母親が精神的なショックで今も家の外に出ることができず、遺族たちが極刑を望んでいるのは当然

  • 事件の最大の原因は、相手の立場に立って物事を見ようとしない被告の人格や考え方にあるのに裁判の最後までそのことに気づかない被告の言動には許しがたいものがある

これほど、被告人の落ち度、を指摘しておいて、
結局、極刑がやむをえないという結論には至らなかった

って、誰が読んでも納得出来ません。犯人は、江尻美保さん(当時21歳)のクビを刺したばかりではなく、

祖母の鈴木芳江さん(当時78歳)のクビを、刃物で16回も刺しているのですよ?


近代刑法の原則に「自力救済の禁止」という概念があります。

要するに、被害者の遺族らが、「敵討ち」をしては、いけない。それをやったら社会が混乱する。

専門家に任せなさい。貴方達(遺族)の無念は、代わりに司法が晴らしてあげます、ということです。

しかし、こんな判決では、被害者の関係者、そして社会全体の犯人に対する「応報感情」が充足されません。


物騒な事を言うようですが、仮に私が江尻美保さんの父親ならば、

今日、傍聴するときに何とかして鋭利な刃物を法廷に持ち込み、死刑ではないことが分かった瞬間、

法廷に飛び出して、その場で犯人を滅多刺しにして、殺さなければ気が済まない、と思います。

その場で殺せなくても、無期懲役の途中で弊の外に出て来た瞬間に何としてもこの手で娘の敵を討とう

とするでしょう。その結果、自分は当然殺人の罪に問われるても、そんなことは問題ではない。

後がどうなろうが知ったことではない。警察に捕まる前に自殺するかも知れない---

あくまでも仮定上の話ですが、つまり、応報感情が満たされなくては、刑事裁判として、

機能していないと思います。

判決後記者会見に応じた裁判員のひとりは、
「人(この場合、犯人のこと)の生命の重さを考えた」

と、述べたそうです。

私はその「重い生命」を二つも自分勝手な理由で永遠に奪った林被告人の生命の重さなど、ない。

ヘリウムガスよりも軽い、と思います。

無期懲役になれば、毎日刑務所で食事がでます。何十年も、この人殺しを

我々が額に汗して働いて納めた税金で、食わせてやり、雨風をしのげる刑務所という

立派な建物の中で生き続けさせるのでしょうか?

また、本件については検察側が控訴し、さらに死刑が出なければ最高裁に上告すると

思われます。そうなったら、専門家だけによる判断で死刑判決が下る可能性が高いです。

結局、「無期懲役」を選択した裁判員の判断は無駄となります。

裁判員制度を導入し、続ける事に、意味があるのでしょうか?

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「サミット対策資料が流出=外国人動向、大使館口座記録も―ネット国際テロ情報」←いい加減にして下さいよ。 | トップページ | ナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)の薦め。 »

ニュース」カテゴリの記事

司法」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

裁判員制度」カテゴリの記事

コメント

お名前未記入の方、コメントをありがとうございます。

>私もあなたと同意見の持ち主ですがあまりに一致し過ぎて、これ自分が書いたんじゃないか?と思ってしまいました。

おお、そうですか!そこまで賛成していただけるとは・・・・。

この判決は本当におかしいと思いました。論理を成していない。

>現行刑法における、殺人罪に対する死刑の判断基準自体がそもそもおかしいんですよね。
>初犯だからどうとか、何人まで殺したらアウトかとか。

裁判官は「量刑の相場」という概念があるようです。
なんでも他人と同じでないと、不安になる日本人の行動様式が裁判官にまで現れているのでしょう。

厳罰主義は賛成なんですけど、あまり感情で裁判やると、
一番大事な「事実認定」のところを端折る危険がありますね。

それだけは、いけませんね。 松本サリン事件の河野さんの扱いなんて、ホントにもうちょっと間違えたら
死刑にされるところでしたからね。

司法手続きは冷静に。しかし、刑罰は重く、ということが理想でしょうか。

投稿: JIRO | 2011.12.05 20:30

はじめまして。去年の記事に失礼致します。
私もあなたと同意見の持ち主ですがあまりに一致し過ぎて、これ自分が書いたんじゃないか?と思ってしまいましたw

現行刑法における、殺人罪に対する死刑の判断基準自体がそもそもおかしいんですよね。
初犯だからどうとか、何人まで殺したらアウトかとか。
故意の殺人においては全くナンセンスです。
それもこれも『崇高な人権団体』の活動の賜物のせいですが。


基本的に1人でも殺人をしたら死刑。
執行方法は絞首等生ぬるい。当然受刑者には、被害者と同じかそれ以上の酷い死に方をしてもらって、
被害者が死にたくもないのに、どんな気持ちで息絶えていったのか追体験をしていただく。
(希望があれば遺族に直々に執行してもらう)

という形にしないと、大切な命を奪う恐ろしい犯罪への真の抑止力にはなりえません。

だって現に、死刑にして欲しいからと暴れ回る馬鹿が何人も出てきてるじゃないですか。

このシステムに変更するには、上記の『仇討禁止』や
『拷問禁止』の原則を憲法改正でもして突破しないと駄目ですが・・・。

殺人は基本死刑にすれば、
量刑が死刑か無罪かの択一となって簡単になり、裁判の円滑化、刑務所の経費削減も図れます。


これは重要。冤罪の可能性の徹底的な検証をして、犯人でなければ無罪。

過剰防衛的な、止むを得ない状況だったのかの検証をして執行猶予。
(ヤクザやチンピラに襲われて殺されかけたことを回避する為に殺した等、
いわゆる『殺るか殺られるか』、といったもの)

後者ならば、ヤクザやチンピラは一般市民を恐怖のドン底に突き落とすとんでもない連中。
そんな外道はそもそも人ではないので人権侵害には当たらない、つまり殺人ではない。
よって無罪。

と言った論理展開しても世論
感情的にはOKかなとw

日本で人扱いして欲しかったらそもそもアウトローになり下がるなよ、といった論調でいけば、
暴力団や海外マフィアの根絶
にも発展するという思わぬ副産物も手にできます。

で、ヤクザの現行シノギ活動は全て国で内々に管理し税収にする、、とかはやり過ぎですかねw

とにかく、司法制度や刑法そのものを変えないと限界だと思います。
そんな気骨のある政治家でもいれば応援するんですけどね。

投稿: | 2011.12.04 20:31

wolfyさん、こんにちは。

裁判員制度が日本(人)に馴染まない、という考えは
私も同じなのですが、「敵討ち」の復活ですかあ・・・。

ウーム。刑事事件においては、事実認定、つまり、「本当は何があったのか?」をあらゆる角度から検証することが、第一です。

過去に起きた事実を、それが仮にビデオにでも映っていればことは簡単ですが、

そうではなくて、証拠と証言の積み上げで確かめなければなりません。これが不十分だと冤罪が起きるわけです。

万が一冤罪で「敵討ち」をされたらたまりませんからね。
気分的にはお気持ちは分かりますが、難しいでしょうなあ。

投稿: JIRO | 2010.11.08 01:46

jiro様へ
私も裁判員制度には今でも反対です。その理由がまたひとつ増えました。それから私は、日本で最後の「敵討ち」により殺された人と
同姓同名ですが、「敵討ち」制度の現代版復活を待ち望んでおります。

投稿: wolfy | 2010.11.02 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/49911152

この記事へのトラックバック一覧です: 「耳かき店員ら殺害で無期懲役判決 裁判員、死刑を回避」←これを死刑にしなくてどうする。:

« 「サミット対策資料が流出=外国人動向、大使館口座記録も―ネット国際テロ情報」←いい加減にして下さいよ。 | トップページ | ナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)の薦め。 »