« 【音楽】元チェコ・フィル首席トランペット奏者、ミロスラフ・ケイマル。ものすごく綺麗な音です。 | トップページ | 「天皇陛下がお言葉=国会」「経済演説にやじ飛び交う」←陛下のお言葉を無視する気か? »

2011.01.23

「新卒採用、TOEICは730点以上…武田薬品」---人にはそれぞれ「天分」があるんだからさ。

記事:新卒採用、TOEICは730点以上…武田薬品(読売新聞 1月23日(日)3時5分配信)

製薬国内最大手の武田薬品工業が、2013年4月入社の新卒採用から、

英語力を測る学力テスト「TOEIC」(990点満点)で730点以上の

取得を義務づけることが22日、明らかになった。

通訳業務や海外赴任を前提とする採用を除いて、国内大手企業が新卒採用で

TOEICの基準点を設けるのは極めて珍しく、他の大手企業の採用活動にも影響を与えそうだ。

730点以上は「通常会話は完全に理解できる」水準とされ、得点者は受験者の1割強にとどまっている。

武田薬品は、海外事業や研究開発体制の強化のために、外国人研究者の採用や海外の新薬候補品を持っている

ベンチャー企業のM&A(企業の合併・買収)を積極化させている。

採用条件に高い英語力を明示することで、海外事業や研究開発の強化に対応できる人材を獲得する狙いがある。


◆コメント:「滑稽」の一語に尽きる。

最近、この手のニュースをよく読む。

きっかけは、楽天が英語を「公用語化」すると宣言したことだろうか。

あれは、昨年6月30日のことだった。

楽天の三木谷浩史社長が東京都内で会見し、

社内の公用語を12年中に英語に完全に切り替えると発表した。

のである。

私は、その決定を「下らん」、と書いた。
2010年07月02日(金) 「楽天 英語を12年中に社内公用語化」←アホか?ココログ

今も、その考えは、全く変わらない。

日本の大企業は、何十年も前から世界各国に進出している。

しかし、どの会社にも
「我が社は国際的に取引を行っているから、社員全員が高度な英語な運用能力を持つべきだ」

と、考えたアホな経営者はいなかった。

いくら、取引先が英語圏にいると言っても、その業務に会社全体が携わるわけではない。

また、英語が通じない国との取引の為に、商社やメーカー、石油会社、金融機関などは、

それぞれ、各国語を専攻した学生を採用したり、或いは社員で見込みのありそうな者、又は

希望する者に対して語学留学させたりして、必要な人材を確保してきた。それで十分である。


日本の会社が日本国内で、国内業務に関して日本人社員同士が英語で会議するなど、

「滑稽」(はっきり書くなら、「バカ」)の一語に尽きる。全く必然性が認められない。


仮に実行に移したところで、大抵は文法が間違っているが、日本人同士だから「デタラメ英語」

いや、「英語もどき」で話しても、通じてしまい、本気で英語力を向上させようとしたときには

かえって障害になる。


◆TOEIC至上主義のバカらしさ。

日本ではTOEIC何点が、最早、学生や社会人の「ステータス」になりつつ

あるのだとしたら、それもまた、単細胞的思考である。

断っておくが、これは私自身が英語が苦手だから書いているのではない。

手前味噌になるが、学生時代に相対的に「得意」科目と言えたのは英語だけ

であった。詳しくは、

2010年04月06日(火) 「読書日和:注目です「毎日15分」を続ける」(毎日新聞夕刊)←NHKラジオ「英会話」の正しい使い方。ココログ

に書いた。

TOEICの満点は(私が知っている限り)990点である。

この為、帰国子女でもなく、国内だけの勉強で900点以上獲った者は

たとえ、顔に出さなくても得意の絶頂となり、中には「英語を征服した」かの如き

錯覚に陥る者がいる。

TOIECで高得点を獲った人は確かに努力しただろうが、

「TOEIC=英語の全て」では、絶対に、ない。



更に、人事部やマスコミは、語学を良く理解していない。

冒頭に転載した記事の中に、
730点以上は「通常会話は完全に理解できる」水準とされ

という記述がある。

日本では語学力の程度を表すときに、
「あいさつ程度」<「日常会話可」<「商談可」

というスケール(ものさし)を用いるが、「目盛り」自体が間違っている。

日常会話、雑談を外国語で行うほど難しいことはないのである。商談は、何の話をするか

分かっているし、お互いが業務に通じている場合、専門用語の意味は固定されており、

誤解が生じる余地はなく、むしろ、外国語で会話が「易しい」状況である。


一方、日常会話は、何が話題になるか全く予想が付かない。

TOEICで900点を取った人。そのまま成田からヒースロー行きの飛行機に乗り、

ヒースローからロンドン市内に向かい、どこでもよいから「パブ」という

英国人同士がビールを飲みながら、談笑する場所で、英国人同士の会話を聞いてごらんなさい。

多分、一言も何を言っているのか分からないだろう。

TOEICの試験会場のような静かなところで、

テープから流れてくる、アナウンサーのような明瞭は発音を聴き取れることと

実際のネイティブが、普通に話す英語を理解するのは、また、別の次元の話だ。

それは覚えておいた方がいい。


◆何よりも人には「天分」というものがあるだろう。

新卒採用基準に、英語のテストの点数を含めることが如何に馬鹿げているか。

改めて言うまでもないが、人にはそれぞれ「天分」、即ち「得手不得手」がある。


例えば、英語は苦手でも数字を扱ったら、ほぼ絶対に間違えない、という人がいる。

経理に適任である。しかし、武田薬品の基準では、このような才能の持ち主を

採用し損ねる。例を挙げ始めたらキリが無い。


英語は確かに出来た方が「便利」だが、全社員が英語に注力する必要は無い。

高度な語学力を必要とする業務のためにだけ、必要な人材を採用或いは養成すれば

良いのである。最近の人事担当者は「適材適所」という日本語をしらないのではないか。


最後に一つだけ。

国際業務を営む大企業が、高度な英語力(又は他の言語の運用能力)を備えた

人物をある程度確保することはは必要であるが、日本人の勘違いで、

「話す」「書く」能力に重きを置きすぎる。確かに昔から、

「日本人は中学1年で英語を習い始めて、大学卒業まで13年かけても、満足に挨拶すら出来ない」

と言われている。

しかし、話したり書いたりすることは、訓練を重ねればさほど難しいことではない。

何故なら、あまりにも当然だが、「話す」「書く」は

「自分が知っていること、理解していること」に内容が限定されるからだ。

知らないこと、つまり、日本語でも話せないことは英語でも話せない。


一方、「読む」「聞く」は、自分の知らない事を理解しなければならない。

インターネットでは情報の80パーセントは英語によるものだという。

読む能力が不足しているが為に、日本人は日本の新聞が「国際面」で

記事にすることしか、分からない。これでは、ダメだ。


◆結論

企業の全員が「高度な英語力」を身につける必要は毛頭ない。

英語(や、他の外国語)が業務に必要とされる部署に、必要な能力を持った人材を

配置すれば良い。そして高度な語学力とは「話す」こともさることながら、

「英語で発信、公開されていて、その企業の業務に関連する情報を迅速、正確に

発見し、理解する能力」を含む。その重要性が十分に理解されていない。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 【音楽】元チェコ・フィル首席トランペット奏者、ミロスラフ・ケイマル。ものすごく綺麗な音です。 | トップページ | 「天皇陛下がお言葉=国会」「経済演説にやじ飛び交う」←陛下のお言葉を無視する気か? »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

語学」カテゴリの記事

コメント

インデイさん、こんばんは。コメントをありがとうございます。

>因みに、当社からも毎年米国の大学に数名を留学させてきましたが、帰ってきてから大きな業績
>(例えば新製品開発や大幅なコストダウン等々)を上げたものは殆どいません。
>大きな成果を上げてきたのは、研究開発、製造、販売などの現場一筋の人間が多いようです。

なるほど。留学すると、何となく浮き足立ってしまう、というか、
「自分は会社に選ばれた人間なのだ」と少々得意になり、そこで満足してしまうのかもしれませんね。
現場一筋の研究者の方々などが、実績を上げるというのは、門外漢ながら、想像に難く有りません。

>英語力や英語を学ぶことを否定するつもりは全くありませんが、TOEICで高得点を取ることと
>製薬企業での社会的使命を果たすことは全く関係ありません。


誠に正論でいらっしゃいます。もともと英語が好きであったり得意である方は良いでしょうし、
研究者ならば、英語で論文を書かざるを得ないことがあるでしょうから、それに支障を来さないのなら、
それで良い訳で、それ以上に本業(研究・開発)の時間を削って語学学習に充当するのは、無駄だと思います。

>TOEICを業務遂行能力の重要な評価の一つにするようでは、製薬企業の社会的使命、
>すなわち、有効で安全な薬を開発、製造、販売して一人でも多くの人命を守る、そのことが疎かになっていくでしょうね。

インデイさんは、薬を開発し、人の命を救うという製薬会社の社会的使命をお考えなのですね。
経営者の発想です。冗談でもなんでもなく、ご立派だと思います。

貴重なご意見をお書き頂き、有難う存じます。

投稿: JIRO | 2011.02.16 03:06

 ご意見を拝見しました。
 国内の中堅製薬会社に勤務しているのですが、ご意見に100%賛成です。因みに、当社からも毎年米国の大学に数名を留学させてきましたが、帰ってきてから大きな業績(例えば新製品開発や大幅なコストダウン等々)を上げたものは殆どいません。大きな成果を上げてきたのは、研究開発、製造、販売などの現場一筋の人間が多いようです。
 英語力や英語を学ぶことを否定するつもりは全くありませんが、TOEICで高得点を取ることと製薬企業での社会的使命を果たすことは全く関係ありません。TOEICを業務遂行能力の重要な評価の一つにするようでは、製薬企業の社会的使命、すなわち、有効で安全な薬を開発、製造、販売して一人でも多くの人命を守る、そのことが疎かになっていくでしょうね。

投稿: インデイ | 2011.02.15 20:40

ゆきのさん、お久しぶりです。如何お過ごしですか。

>日本人のTOEIC信仰と言うのは恐ろしいですね。900点以上なら神のような扱いを受けますからね。
>はっきり言って、あれは業者の陰謀ではないかと思うのです(笑)

私も何だかそんな気がします。あれのおかげで英会話教室に「TOIEC対策コース」があり、
年間何十万円もふんだくるのですから、あきれます。

そもそも海外留学の要件としては、国際的にはTOEICではなく、TOEFLが基準とされると思うのです。
TOEICでこれほど騒いでいて、国際的な基準なのかどうか確かめようとしないのも、
如何にも、他人と同じ事をやりたがる日本人らしい行動です。

私がイギリスにいるときに、当然知らないだろうとおもいましたが、イギリス人に
「TOEIC、という試験を知っているか?」訊ねたら、予想通り、「何?それ?」という答えでした。

>私の父は大学入った当初、教授に呼び出されるほど英語が不得意だったのですが、技術者としてはなんとかなったようです。

当然、そういう方もいらっしゃるでしょう。世の中十人十色、語学はダメでも、他の天分をお持ちの方が、おられるでしょう。

全員が努力でき、また、努力すれば上達するのなら、通訳(者)、翻訳(者)という技術や職業は、

とっくに消滅しているのではないかと思います。

投稿: JIRO | 2011.01.30 03:26

Yukiさん、先日はどうもありがとうございました。

今回もコメントをありがとうございます。レスが遅くなりまして、申し訳ありません。

ご賛同頂きありがとうございます。

語学など、向き不向きもありますし、仕事で本当に必要なら必死で身につけるものです。

日本で生まれ育った子供をわざわざアメリカン・スクールに通わせる親がいますが、

自分は英語が出来ない親が殆どですから、家庭では日本語で会話をするので、

子供はどちらの言葉も中途半端。学校ではいつまで経っても英語が上手くならず、孤立し、

抑うつ状態になる子供もいると思います。

そして、英語は、大半の日本人は下手ですが、上手い人はまた掃いて捨てるほどいるわけで、

今更英語が出来たからといって、特殊技術とは見なされません。

どうせ勉強するなら、誰もやらないような言葉を勉強したほうが「希少価値」が生ずるのですが、

とにかく、本人が語学が好きでなければ話になりません。

大人も子供も一律に英語って、いい加減に「幻想」を抱くのは止めて貰いたいものです。

投稿: JIRO | 2011.01.30 03:00

お久しぶりです。

日本人のTOEIC信仰と言うのは恐ろしいですね。900点以上なら神のような扱いを受けますからね。
はっきり言って、あれは業者の陰謀ではないかと思うのです(笑)
20ヶ国語マスターされている言語学者鈴木孝夫先生も、「高いお金をかけてわざわざ英語を勉強するならば里見八犬伝を読んでいた方がよほどためになる」とおっしゃっていましたし、外国語を習熟した人ほど無意味だと気づいているのですが、、、、、。
私の父は大学入った当初、教授に呼び出されるほど英語が不得意だったのですが、技術者としてはなんとかなったようです。
JIROさんのご指摘通り日常会話は難しいです。その人の知性、ユーモアのセンス、倫理観など全て出ますから。
(私のレベルは言わずもがなであります、、、。)

投稿: ゆきの | 2011.01.27 15:12

Jiroさん、こんにちは。
以前、フジコ・へミングの記事にコメント致しましたYukiです。

この記事、わたしも全面的に賛成です。TOEICを社員採用の基準にする経営陣の認識を疑います。英語を社内の公用語にするというのも「冗談でしょう」と言いたい。

外国語は所詮母語ではなく、日本人なら母語である日本語を超えて上手くなることなんてほとんど有り得ないのです。日本語できちんと意思の疎通ができない人が英語を使ったらスーパー社員になれるかと言うと、そんな夢みたいなことは絶対に起りませんよね。英語は入社してからでもいくらでも身につけられますが、基本的な人間性、社員としての可能性や能力みたいなものはどうにもなりません。そこのところをわかっていらっしゃるのかしら?と思います。

この条件が希望者をふるいにかけるために設けられているとはもちろん理解できますけれど、それで失うものの方が多いような気がしてしまうんですよね。英語が一定以上できるといっても何の保証にもなりません。730点というのもまた微妙な基準ですし。730点は取れなくてもビジネスをとって来られる人もいれば、外国人を納得させるだけの能力や人間性をもった人だってたくさんいるのです。英語力を基準にするくらいなら、あるテーマで日本語で文章を書かせるとかディスカッションさせるとかのほうが、ずっと優秀な面白い人が集まりそうな気がします。そういう手間を惜しむ会社に将来性があるとはどうにも考えられず‥。

最近の「英語ができるのが国際人」という考え方、どうにかならないものかと思っております。英語は確かに使う人が多くて便利だけれど、世界中の文化が英語ベースであるわけもなし。わたしは現在フランス語圏に住んでいますが、フランス語を通して入ってくるニュースはまたアメリカ経由のニュースとは少し違うので、個人的には視点が増えたと(日本のアメリカ至上主義から離れられたと)嬉しく感じています。1つ外国語を覚えたら1つ視点が増える、外国語というのは所詮その程度のものではありませんか。英語だけが特別ということはないと思います。英語を大事にするくらいなら日本語を磨く方がよほど国際化に役立ちそうですよ。

投稿: Yuki | 2011.01.24 23:52

風坊主様、こんばんは。コメントをありがとうございます。

>外国語は出来ないより出たほうが良いとは誰でも思うことだろうが。
>その前に、社会人としてまっとうなマナーや常識、そして自国の言葉づかいがきちんと出来るかどうかの方が重要だと思います。

まったくもって、おっしゃる通りかと存じます。

プロの通訳者の方々が皆さんおっしゃるのは、

「『通訳になりたい。』と言う若い人がよく訪れるが、英語を聞く以前に、日本語を聞けば、
その人の語学力は、100%想像できる。きちんとした日本語を話せない人は、きちんとした外国語も話せるようにはならず、
当然、通訳者には、なれない。」

ということです。まずは日本語で書かれたまっとうな本を、沢山読んでいるかどうか、の
方が、遙かに大切ですし、マナーや常識に関しても、ご指摘の通りかと思料致します。


>余談になりますが、
>私は武田製薬という名を聞くといつも、、、
>「あぁ、あの社長の死亡広告の訂正広告を出した会社かぁ」ということを思い出します

これ、書いて頂いて、思い出しました。そうでしたね。
最早、大失敗の見本として、伝説化(?)している、といっても過言ではありません。

こういう致命的ミスをすると、いつまでも此方の記憶に残ってしまいます。

>当時の武田製薬の広報担当が外国語が堪能だったかどうか知らないが、
>ここらへんのモノサシが無い会社人は企業に千載の悔いを残す事例として私は記憶している。

これは、担当者もお粗末ですが、精査する上司はいなかったのか、不思議です。
語学力どころではありませんね。

私の父が他界したときに、社名は出しませんが、東証一部上場どころか、日本人なら誰でも知っている大企業
の会長秘書室が、間違った弔電を送ってしまいました。

父が死んだのですが、母が死んだのと間違え、

「ご令室のご逝去を悼み・・・・」と打って、取消が間に合わず、此方に届いてしまい、
先方は、流石に気が付いて真っ青になったのか、秘書室から電話が架かってきました。

大失敗なのですが、同じサラリーマンとして、先方の心中を察するとあまりにも気の毒なので、
可能な限り「気にしないで欲しい」と強調したのですが、その会長さんは、親父の友だちで、かつ、
恐いので有名な人なのです。秘書室担当者と、秘書室長のその後を想像すると、(冗談ではなく)
胸が痛みます。


われわれサラリーマンの事務仕事。弔電の電文を間違えても、誰も死にませんのですが、
人の命に関わらない仕事でも、「絶対に間違えてはいけない場面」があることを痛感し、
以て、他山の石としている次第です。

話が逸れました。

失礼致しました。

投稿: JIRO | 2011.01.24 18:59

Jiro さま

冠省
世渡りをするをするのに、
外国語は出来ないより出たほうが良いとは誰でも思うことだろうが。
その前に、社会人としてまっとうなマナーや常識、そして自国の言葉づかいがきちんと出来るかどうかの方が重要だと思います。

ずーっと昔から企業国際化が叫ばれておりますが、
そうであるからこそ、企業は適材適所がより重要になるわけでして、
それを英語(米語)ひとつのモノサシで決めつけるというのは、
企業の活力と可能性を逆に狭めることですよ。

余談になりますが、
私は武田製薬という名を聞くといつも、、、
「あぁ、あの社長の死亡広告の訂正広告を出した会社かぁ」ということを思い出します。
死亡広告の定型文として「薬石の効無く」というのがありますが、
それをこの会社は使っちゃった。すぐ多方面から製薬会社としてマズイ言葉だろうと指摘され「療養のかいなく」と訂正した死亡広告を出したお粗末。
当時の武田製薬の広報担当が外国語が堪能だったかどうか知らないが、ここらへんのモノサシが無い会社人は企業に千載の悔いを残す
事例として私は記憶している。


投稿: 風坊主 | 2011.01.24 03:55

名無しの方。

このブログの過去ログをいちいち読んでいられないでしょうが、私はいつも、初めてコメントを書き込むときには、仮名(H.N.)と(ウェブ上では、「名前(任意)となっていますが、これはココログの仕様でして、変更出来ないんです)、自己紹介、挨拶ぐらいはして下さい、とお願いしています。

お願い、というより、マナーの基本、常識かと思われます。

さて、TOEICが「篩(ふるい)」として使われている事は承知しています。しかし、新卒採用基準でしょう。研究職なら、院卒でなければ製薬会社は採らない。そのレベルなら730点ぐらいの英語力はあるでしょう。

篩にかけるとしても、本文で書いた通り、英語が苦手でも国内の営業としては、抜群の能力を発揮する人もいるんです。それを「語学力」で線引きし、有能な人材となる可能性のある人物を切り捨ててしまうのは、公平かもしれませんが、企業経営のあり方として賢明ではない。

そして、日本人(企業)は、横並びが大好きです。実は他にも公言していませんが、人事の採用基準にTOEICの点数を含めている企業が増えているのです。

1社がやり始めると、皆がやり始める、その姿勢は、私はとてもおかしいと思います。

投稿: JIRO | 2011.01.23 23:20

英語を話せる即戦力がほしいんじゃなくて、就職希望者を篩にかけたいんじゃないですかね?
今の就活はネットを通して簡単にエントリーできますから、
人事担当者はそのエントリーを選別するだけでも大変なわけで、
明文化してないだけでどこの企業にも足切りする基準というのはあると思います。
大学名で選別してしまうと批判の対象になりますから、「TOEIC730」とはっきり宣言してしまうのは
客観的・公平かつ絶妙なラインだと思いますね。
誰でもクリアできるわけではないけど、難しすぎるわけでもない。
はっきり言うと、武田に就職できるレベルの大学の学生ならば、
その気になってこつこつテスト対策すればTOEIC730くらいは取れます。
逆にいえば、どんなにいい大学出ていても、学生時代に遊びほうけていた奴はいらないってことでしょう。
もちろんその点数があるからといって実際に話せる人は一握りでしょうが、
まずは最低限の英語力、入社してから英語で業務が遂行できる下地があるという目安にはなるでしょうね。
国内営業にどこまで必要かはわかりませんが、
すくなくとも研究職はある程度は英語ができないと厳しいでしょうから。

投稿: 名無し(←ブログ管理人(JIRO)が後から付与) | 2011.01.23 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/50669341

この記事へのトラックバック一覧です: 「新卒採用、TOEICは730点以上…武田薬品」---人にはそれぞれ「天分」があるんだからさ。:

« 【音楽】元チェコ・フィル首席トランペット奏者、ミロスラフ・ケイマル。ものすごく綺麗な音です。 | トップページ | 「天皇陛下がお言葉=国会」「経済演説にやじ飛び交う」←陛下のお言葉を無視する気か? »