« 自転車も「免許制」にすべきだ。 | トップページ | 大地震 その後の所感。 »

2011.03.12

【東北地方太平洋沖地震】現実がにわかに信じられません。

◆岩手・宮城、その他被災した方にお見舞い申しあげます。

今日の昼過ぎ、休憩しつから、空を見たら、何だか変な雲が広がっていて、

気持が悪かったのをはっきり覚えております。科学的に「地震雲」は意味が無いのかも知れませんが、

今日の経験から、大地震の前には、やはり何か前兆があるのだ、と思いました。

私は東京ですが、こんな揺れは、50年以上生きてきて初めてです。

不規則なゆっくりとした、しかし、大きな揺れが何分も続く間の恐ろしさ。

私の勤め先では、キャビネが倒れたり、壁が崩れたり、ということは一切無かったのですが、

場所や建物によって、随分、揺れの感じ方がちがったようです。

それはともかくとして。

一瞬にして、町全体が津波にのみ込まれたり、大規模火災が起きている地域の方に

心よりお見舞い申し上げます。


◆千代田区の勤め先から杉並区の自宅まで20㎞以上の道のりを5時間歩き、なんとか帰宅しました。

地震の全体像というか、科学的な見地からの分析とか説明は私には出来ません。

ただ、このような揺れは、半世紀以上生きてきて初めてです。

最初は小さな揺れでしたが、みるみるうちに恐ろしいほどの揺れ幅となり、

その揺れの周期が、非常に長いので、非常に不気味でした。

東京で生まれ育って、半世紀を超えていますが、あのような大きな、特異な揺れを

感じる地震は初めてです。


私の勤務先は東京都千代田区神田にありますが、

建物の被害(損傷)はなく、周囲のビルにも異変はなかったのですが、

1階(オフィスは9階)に避難しました。道やインフラも大きな問題はないようでしたが、

通勤に使っているJRが終日、運転を見合わせると言います。

タクシーは拾えないでしょうし、拾えても大渋滞に巻き込まれるでしょう(実際そうでした)。


会社は早退を許可しました。歩いて帰るしかありません。

こういう場合に備えて、会社から職員全員に、スニーカーが配布されています。

在職中に使うことになる可能性はもちろんゼロではなかったけど、想像していませんでした。

それがいきなり現実となりました。

千代田区神田の会社から、杉並区の自宅までの道のりは約20㎞。

最初はいいのですが、すごい人でした。

ケシカランと思ったのは、いくら道路が壊れていないからといっても、

余りにも一般車両が多かったことです。

こういう時には、緊急車両を優先的に走らせるために、

なるべく車は使うべきではないのに、非常に車が多く、

都心では緊急車両が立ち往生している光景を何度も見ました。


私は結局20kmを5時間かけて、全部歩いて帰りました。

新宿付近までは、比較的元気がありましたが、新宿を過ぎてから、

足が棒のようになり、思うように動かなくなりました。

荷物が軽ければいいのですが、私の癖で、何でも色々と

鞄に入れるので非常に重いです。それが災いして、

両腕も痛くてちぎれそうな感覚になります。


家族も自宅も、そして心配だったデスクトップパソコンは、

落ちていませんでした(PCデスクの右端においてあるのです)。


本当に息も絶え絶えですが、途中色々と気がつきました。

1.大地震の後は、たとえ道路に異常がなくても、一般の車の使用は自重するべきであること。

2. 歩いて帰宅する人々にとって、コンビニが開いていることが大きな救いになっていること。

3. 日本人の民度の高さ(歩いて帰る人でイライラしたり、人を押しのける人はいません)。

4. 日本人の職務に対する使命感の強さ。

4.は具体的には、公的な立場の人(警官、自衛官など)、インフラ(電気・水道・ガス)の

保守に携わっている人々。そしてコンビニや飲食店の店員さん。

自分だって、出来れば帰りたいに決まっている。しかし任務を全うしている。

これがもし、イギリスやアメリカならば、恐らく「仕事どころでは無い。」と言い

自宅にさっさと戻ってしまう事でしょう(イギリスに地震は起きませんが仮定上の話です)。

コンビニの店員さんはアルバイトの若い人なのに、実に普段と変わらず勤勉でした。

災害時(直下型で全てが倒壊したら別ですが)に、歩いて帰宅する人々に安心感を与えていたのは

コンビニの存在です。殆ど「公器」としての役割を果たしている。道を訊くのはお巡りさんですが、

それ以外に公的な機関で、心のよりどころになるものはありません。


20㎞、歩いて帰宅する経験は貴重と言えば貴重ですが、望むらくは

もうやりたくありません。

しかし、なんというすさまじい地震でしょう。

総務省消防庁によると、岩手県陸前高田市は壊滅状態。

宮城県仙台市若林区で水死とみられる200~300人の遺体が発見され、

更に増える可能性がある。

遂に夜通しニュースを見ていましたが、「太平洋沖」とは無関係に

夜中、新潟や長野北部で震度6の地震が2階も起きる。

東北太平洋側だけではなく、北海道、本州・四国・九州、

日本の海外沿いには全て大津波警報・津波警報・津波注意報が発令されています。

2004年12月26日のスマトラ島沖地震はM9.3のすさまじさで、

余震が一年続きました。私どもも覚悟しておいた方が良さそうです。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 自転車も「免許制」にすべきだ。 | トップページ | 大地震 その後の所感。 »

ニュース」カテゴリの記事

東北地方太平洋沖地震」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自然災害」カテゴリの記事