« 「原発危機」の深刻さを示す「状況証拠」 | トップページ | 【音楽】既に全て一度ご紹介しましたが、私の好きな音楽と映像。 »

2011.03.18

「予測不能の大規模停電の恐れ…経産相が緊急談話」←こちらにもリアルタイムで電力需給を教えて頂けませんかね。

◆記事:予測不能の大規模停電の恐れ…経産相が緊急談話(読売新聞 3月17日(木)14時5分配信)

海江田経済産業相は17日、厳しい寒さによる電力需要の急増のため、

きょう夕方から夜にかけて予測不能な大規模停電が発生する恐れがあるとして、

一層の節電への協力を産業界と国民に求める緊急のコメントを発表した。

経産省によると、東京電力管内の17日の電力供給量が3350万キロ・ワットだが、

午前中のピーク時に3292万キロ・ワットに達した。

計画停電の実施にもかかわらず、厳しい寒さで暖房需要が増したためとしている。

経産省では、電力需要がピークを迎える夕方から夜にかけて、

電力使用の抑制や不要不急の電気機器の使用停止など、一層の節電への協力を求めている。


◆コメント:(電力)消費者がリアルタイムで知る方法はないですか。

この読売新聞の記事がネットでは一番早かったと思うのです。

そしてこの後、各メディアが、「予測不能の大規模停電」を避けるために、

国交省が鉄道各社が列車の運行削減を依頼した、というニュースが続々流れ、

それが夕方にかけて急速に世間に知られることになったのです。


そうすると、地震当日、完全に電車が止まり、例えば私は、15㎞を5時間かけて

歩いて帰宅した、あの「恐怖感」が蘇るのです。

或いは徒歩までいかなくても、今週月曜のものすごい電車混雑を思い出す。


それは皆、同じで、早めに帰宅しようとするから、案の定、一時鉄道は

大混雑しました。


結果的には皆が節電したので、ギリギリの所で停電は免れたのですが、

こういうのを急に発表するなら、テレビ番組を中断して経済産業相の

コメントを放送する、など非常手段を執れないか、と思いました。


もう一つは一般人も電力の需給がどのような状態になっているのか、

をしることはできないものか、ということです。


東京電力は、勿論、リアルタイムでそれが分かるモニターがあるからこそ、

「このままいくと、ヤバい!」ということで経産省に緊急連絡して、

その結果大臣声明が発せられたのでしょう。

それを我々が見ることができれば、「あ、ヤバい。かなり逼迫してる」という

ことが分かるので、日本人はアホじゃないので、いきなり大臣から言われなくても

電力使用を控える、とか或いは「これは列車の本数を減らされそうだ」とか

見当がつく。今週、地震とそれに派生する情報が錯綜しているので、

常に頭の何処かが緊張状態にあり、大変疲れます。


昨夜も一瞬横になったら眠ってしまい、気がついたら5時半で、

そのため、こんな時間に日記・ブログを更新しています。

東電のモニターをウェブサイトで公開したら、ものすごくアクセスが殺到して

たちまちサーバーがダウンしそうですけど、それならNHKが東電に常駐して、

「現在の首都圏の電力需給」とかなんとか画面の片隅に表示するとか、

方法はないものでしょうか。

今日(金曜日)で地震から一週間。

疲れますなあ。東京から遙かに離れた場所で起きた地震により、

東京がこれほど混乱するのですから、東京直下型地震が起きたら

ひとたまりもないです。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「原発危機」の深刻さを示す「状況証拠」 | トップページ | 【音楽】既に全て一度ご紹介しましたが、私の好きな音楽と映像。 »

ニュース」カテゴリの記事

東北地方太平洋沖地震」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

電力」カテゴリの記事