« ホウレンソウなど出荷制限/被災者の避難先だが、まず、日本海側の宿泊施設を国が借り切ったらどうか。 | トップページ | 「両陛下の意向で入浴施設開放」「両陛下は毎日「自主節電」・・・・誠にかたじけなく存じます。 »

2011.03.24

「放射性物質 水道水からヨウ素…都『乳児の飲用控えて』」←上水道の水系を見る。

◆記事:放射性物質 水道水からヨウ素…都「乳児の飲用控えて」(毎日新聞 3月23日(水)20時33分配信)

東京都水道局は23日、金町浄水場(葛飾区)で22日に採取した水道水から、

乳児(0歳児)の飲用に関する国の基準の約2倍に当たる1キログラム当たり210ベクレルの

放射性ヨウ素を検出したと発表した。23日採取分も190ベクレルだった。

都は水道水で粉ミルクを溶かしたり、乳児に飲ませたりしないよう呼びかけているが、

「長期間飲み続けなければ、健康への影響は直ちにはない。代替水が確保できなければ飲んでもよい」

としている。

◇国の基準の2倍

金町浄水場は利根川水系の江戸川から取水し、東京23区と武蔵野、町田、多摩、稲城、三鷹市に供給。

都水道局によると、家庭に届く水道水は途中の給水所で複数の浄水場からの水が混じる場合があることなどから、

家庭での濃度は浄水場より低くなる。

放射性ヨウ素については、食品衛生法に基づく基準で、乳児は水道水1キログラム当たり100ベクレル、

それ以外は同300ベクレルを超える場合は飲まないよう定めている。

都は国から乳児の水道水飲用に関する通知があったことや、21日未明に水源地域に降雨があったことから、

22日午前9時に同水道局の11浄水場のうち、水系が異なる3浄水場を選んで検査した。

その結果、朝霞浄水場(埼玉県朝霞市、荒川水系)からは検出せず、

小作浄水場(東京都羽村市、多摩川水系)は32ベクレルだった。

23日の検査では金町以外は検出されなかった。

都は「福島第1原発の事故の影響であることは間違いない。

雨の影響が考えられるが、詳しいことは分からない」としている。

都は緊急に水550ミリリットル入りペットボトル24万本を用意し、

関係区市を通じて乳児1人につき3本を提供する。

都民向け臨時窓口(03・5320・4657、午前9時~午後6時)で相談に応じる。


◆コメント:東京都水道局のサイトを見たのですが。どうも記事に一致しないのです。

東京都水道局が、

金町浄水場は利根川水系の江戸川から取水し、東京23区と武蔵野、町田、多摩、稲城、三鷹市に供給。

と言ったらしいから、そうなのだろうが、それでは、東京都水道局のサイトにある、

この図、東京の水道水源と浄水場別給水区域(拡大図)の色分けは、意味を為さないではないか。

Tokyosuigensuikei

金町浄水場が水を供給する地域は「金町系」(東京北東部の薄いピンク色)ではないのか。


それは、さておくとしても、一体どういう経路で金町浄水場の水だけからだけ、

放射性物質が検出されたのか。

これはやはり、他のメディアが(何処か忘れた)書いていたが雨の所為ではないか。

福島第一原発の放射能を含んだ水が流れ出し、土壌を汚染しそれが、利根川水系に

及んだとは考えにくい。それは、この地図を見ると直感的に察しが付く。

20110324fyt

地図上で数字の「0」が福島第一原発の位置。

「1」は、利根川水系の一番奥、矢木沢ダム(群馬県利根郡みなかみ町大字藤原字矢木沢)の位置。

福島原発と矢木沢ダムは直線距離で183キロも離れている。

さらに、矢木沢ダム→東京都葛飾区金町浄水場の直線距離は147キロである。


つまり福島原発の放射能が地面(地下)を伝わって東京の浄水場から検出されたのではなく、

火曜日の雨に放射性物質が含まれていて、それが金町浄水場の水に混ざったのだろう。

東京都健康安全研究センター都内の環境放射線測定結果を表示している。

環境放射線量測定結果(最新データ)

環境放射線量測定結果(1日ごと)

そして、都内の水道水中の放射能調査結果を見ると、

Tkyradioactivetapwater

雨が降った22日の値が急に高くなっている。雨が原因であろう。

雨は更に振り続け、「1歳未満の乳児に飲ませ無い方がいい」レベルになったのだろう。

落ちついて考えればそういうことだ。


◆発表のやり方がまずい。都民はかなり神経質になっている。

たとえ放射性物質の量そのものがすくなくとも、水道水から検出された、

と言う経験は、生まれて初めてだから、混乱するに決まっている。


東京都水道局も枝野官房長官も、現在、首都圏の人間は直接津波の被害こそ受けていないが、

地震当日、徒歩で帰宅したり、計画停電実施の為、翌週月曜は殺人的な混雑に遭遇したり、

電力消費が多いと「予測できない大規模停電」が起きるかも知れないと言われたり、

原子力発電所から遂に放射能が漏れている、というショッキングなニュースを聞いたり、

福島、茨城などの野菜は食べないようにと言われたり、

「生まれて初めての出来事」それも良いことではなく、深刻なことばかりを

連日経験して、かなり精神的に疲れている。東北の津波の被災者のように家が流されたり、

死者が出ている訳では無いが、首都圏の人々も広義の被災者である。


先週までは、買い占めがひどく、パンや米、トイレットペーパー、ガソリンが買えなかった。

そこに、いきなり、「水道水に放射性物質」という言葉をきいたら、1歳未満云々はもう、耳に

入らず、ニュースが流れて1時間後には、殆どあらゆる店、ネットショップの水が無くなっていた。


東電も、枝野官房長官もそれぐらい予想出来る筈だ。

事実を告げる前に、

お断りしておきますが、これから申しあげることは何ら「買い占め」を必要としません。

絶対に買い占めをしないで下さい。

と「断言」すれば、多少混乱が避けられたかも知れない。

何しろ買い占められたら、赤ん坊のミルクがつくれなくなるのだ。

東京都はペットボトルを子供(1歳未満)独りにつき3本ずつ配布するというが、

それは、東電なり官房長官の記者会見の直後に発表するべきだった。

Twitterで、過剰な反応を示す東京都民を揶揄し、嘲笑する他県民がいたが、

人が困っているのがそんなに楽しいか、と言いたい。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« ホウレンソウなど出荷制限/被災者の避難先だが、まず、日本海側の宿泊施設を国が借り切ったらどうか。 | トップページ | 「両陛下の意向で入浴施設開放」「両陛下は毎日「自主節電」・・・・誠にかたじけなく存じます。 »

ニュース」カテゴリの記事

東北地方太平洋沖地震」カテゴリの記事

環境問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

菅直人政権批判」カテゴリの記事