« たびたび恐縮ですが、【御愛読御礼】これが3,000本目の記事です。 | トップページ | 【音楽】お薦めCD、N響首席チェロ奏者・藤森亮一氏のソロ・アルバム、「ラルゴ」 »

2011.04.27

【東日本大震災】被災地の方々へ。「精神科」の診察を受けることは異常なことでも恥でもありません。

◆私は精神科の患者(うつ病患者)です。今日、外来診察日でした。

私は、精神科に10年以上も通院する、「広義のうつ病」患者です。

本当の、重いうつ病は大うつ病(Major depression)といいます。

それではないのですが、抑うつ的な気分が長期間にわたって続く「気分変調症」

(以前は「抑うつ神経症」といいました)、あるいは「遷延性・難治性うつ病」

という病名も可能なようです。

普通、うつ病は数ヶ月から1年、長くても数年で治るのですが、

私は、もう11年、完全には治っていません。このため、今でも2ヶ月に一回、

大学病院の精神科で。日本有数のうつ病の権威である精神科の先生の診察を受けています。

今日がその2ヶ月に一度の通院日でした。


前回の日記が「JIROの独断的日記」3,000回目でした。

これが今まで9年1ヶ月で書いた、全ての記事の見出しです。

そして、これらは全て、私が「うつ病になった後に」書いた記事です。

このことは今までに、何度も書いています。

それは、世の人の多くがいまだに抱いている「精神科の患者=キチガイ」

という偏見を正したいと思うからです。

私は「精神科の患者であること」が「恥」だとは考えておりません。


◆被災地の方々は、精神科医の診察を受けたがらない、とNHKで聞きました。

私が10年以上お世話になっている病院は、勤め先(都心)と完全に逆方向にあり、

しかも、結構遠いので、通院日は会社を休んで、車で病院に向かいます。

殆ど半日を費やします。


今日、行きの車の中でNHKラジオを聴いていました。

普段はCDを聴いたり聴かなかったり、ですが、今はまだ「大規模余震」の可能性があるので、

ラジオにしておかなければ、緊急地震速報が発せられても分からないから(携帯の「エリアメール」を

運転中に見るわけにはいきません)です。


番組名はわかりませんが、陸前高田市を取材した、NHK記者のレポートがありました。

地震から明後日金曜日で8週間。そろそろ、PTSD(Post-Traumatic Stress Disorder=心的外傷後ストレス障害)

の症状を訴える人が増えています。勿論、3月11日以降、心の変調を自覚している被災者の方は大勢います。


関東地方などからも、精神科医やカウンセラーが大勢、被災地に行っていますが、

今のところ、面談(精神科の診察をしばしば「面談」といいます)に来る人が

不自然なほど少ないとのことです。


記者が色々と事情を調べたところ、それは「精神科」という診療科目への偏見が存在する上に、

多くの被災者が、今でも避難所で生活しているので、プライバシーが守りにくい。


或る人が、精神科医の診察を受けた、ということが分かると、

あっというまに避難所で噂になるのだそうです。

そうなると、周囲から奇異な目で見られ、場合によっては「村八分」にされてしまう。

折角、現地に出向いた、精神科のドクターは、それを知り、明らかにひと目見て、精神医学的治療を

必要とする人を見かけても、自分からその人に衆人監視の中で、迂闊に声をかけることが出来ず、

困っている、と言う話でした。


今回のような、特に激烈な自然災害や、事故、事件の後、心に変調を来すことは、

何ら「恥ずかしいこと」でも「異常なこと」でもありません。

むしろ極めて自然なのです。

個人の性格が強いとか弱いとかいうこととは無関係です。


それは、自然災害ではありませんが、1995年3月20日の「地下鉄サリン事件」の被害者を、

作家の村上春樹氏が、丁寧にインタビューして、本にまとめた

「アンダーグラウンド」(注:イギリス英語で「地下鉄」の意)を読むと、よく分かります。


PTSDとうつ病では発症原因も病態も異なりますが、いずれも早く治療を始めた方が

早く、苦しみから解放される可能性が高いのです。


もう一度、繰り返します。

精神科の患者=キチガイではありません。僭越ながら、そういう偏見を持っている方には、

私の日記を見せて下さい。

これを書いたのは、偏見を持つ方がいうところの「キチガイ=私」です。


そして、PTSDの症状、例えば津波に襲われたときの光景が突如目の前に浮かぶ「フラッシュバック)」などが

ある方。それがむしろ自然な人間の反応です。

専門家(精神科医)の治療を受けることは恥でもなんでもありません。

また、精神科で処方されるくすり(向精神薬)を長く飲み続けると廃人になる

など、無責任極まりない、間違った情報が巨大掲示板などに載っているかも知れませんが、

うそです。私は、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬を12年飲み続けています。

今の私の状態が「廃人」に該当するか否か? 書かなくてもわかるでしょう?

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« たびたび恐縮ですが、【御愛読御礼】これが3,000本目の記事です。 | トップページ | 【音楽】お薦めCD、N響首席チェロ奏者・藤森亮一氏のソロ・アルバム、「ラルゴ」 »

エッセイ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

メンタルヘルス」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事