« 【差替】プロ・アマ問わず、ずっと楽器を続けていられる人は、非常に好運であることを認識して下さい。 | トップページ | 「拡散予測」未公表データ公開=放射性物質の全量放出想定―福島第1原発・政府←「ふざけないでください」(小出助教) »

2011.05.03

【書評】隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ(小出 裕章 著)

◆真の科学者の良心と勇気。

小出裕章京都大学原子炉研究所助教の著書、

「隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ」は、今年の1月に出版された本であるが、

小出先生の「原子力発電は止めるべきだ」との結論は、何と40年前からの首尾一貫した主張である。


小出裕章氏は、元々原子力は平和利用すれば素晴らしいものではないか、

と考えて原子力を研究する学問を志したにもかかわらず、

1970年10月23日、女川原発建設反対集会に参加したときの住民の素朴な疑問、即ち

仙台に電力を供給する原子力発電所が本当に安全ならば、何故仙台近郊に建設しないのか?

との問いを考えた結果、
「原子力発電所は都会では引き受けられないリスクを持っている」

との答えしか得られなかった。

それ以降小出先生は、原子力を学問的に研究する人として、敢えて国策とは正反対の、

「原子力を推進すべきでは無い」という主張を40年間訴え続けた。

それは真理を追究する本当の科学者が良心に基づき選んだ、最も勇気ある行動だった。

その声を国や国民はまともに聞かなかった。

今からでも遅くは無い。国民必読の書と行っても過言では無いが、

ビデオ・ニュース・ドットコムのインタビューで、

「自分は福島第一原発の事故を防げなかった。」と辛そうに仰有る小出先生の胸中は、察するに余りある。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 【差替】プロ・アマ問わず、ずっと楽器を続けていられる人は、非常に好運であることを認識して下さい。 | トップページ | 「拡散予測」未公表データ公開=放射性物質の全量放出想定―福島第1原発・政府←「ふざけないでください」(小出助教) »

ビデオ・ニュース・ドットコム」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

小出助教」カテゴリの記事

書評」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事