« 【音楽】絶対に楽しいピアノ曲集 小山実稚恵さん | トップページ | 【音楽】5人のピアニストによる「子犬のワルツ」ショパンの命日でした。 »

2011.10.17

「東京でも…格差是正求め、複数か所でデモ」←一言嫌味を言わせて貰います。

◆記事:東京でも…格差是正求め、複数か所でデモ(日本テレビ 2011年10月15日 20:32)

格差是正を求め、世界各地で15日のデモが呼びかけられたことを受け、

東京都でも経済格差の是正や反原発を訴える複数のデモが行われた。

15日昼過ぎ、日比谷公園には約100人が集まり、

「オキュパイ トウキョウ(東京を占拠せよ)」と書かれた横断幕を手に約100人が街を歩いた。

新宿にも約100人が集まったが、大きな混乱はなく、いずれも約1時間で終了した。


◆コメント:余りにも大人しい日本人ですから何も言わないよりは良いのですが・・・・。

ウォール街に始まったデモが全世界に波及している、ということだが、

やや、滑稽な印象を受ける。滑稽な理由は次のセクションに書く。


脱原発は、まだ良い。政府は原発維持推進の意向である。

10月3日に、経済産業省の総合資源エネルギー調査会基本問題委員会が開かれた。

この委員会は、

日本のエネルギー政策の基本方針を定めたエネルギー基本計画が、来年夏をめどに見直されることになり、それに向けて有識者から意見を聞くために作られたもの。

という建て前だが、メンバー表をみると、

委員長の三村明夫新日本製鉄会長、三井物産OBの寺島実郎氏などは

露骨に原発維持推進派である。

反原発の飯田哲也氏、原子力資料情報室の伴幸英共同代表も一応入れているが、

小出裕章京都大学原子炉実験所助教は当然、委員になっていない。

なによりひどいのが、委員長を決めるのに、投票なしに、前任で原発推進の

三村明夫新日本製鉄会長がそのまま留任したことで、これに対して、

反原発の飯田哲也氏が「おかしいじゃないか?」と枝野経産相に詰め寄ったところ、

枝野経産相の答は、
過去の慣習や年齢、経験などから三村氏の選任は妥当

という、もので、要するにこのアホな国は、福島原発でこれほど苦しんでいるのに、

まだ、原発を推進しようとしているのである。


だから、それに対して、主権者たる国民が反対するのは、正しい判断である。


◆格差社会を作りだした小泉純一郎を殆ど熱狂的に支持したのは国民である。

冒頭、ウォール街の真似をして「反格差社会デモ」が東京でも行われたことを

「滑稽だ」と書いたのは、その格差社会を「作った」元凶、小泉純一郎を

2005年9月11日の「郵政民営化選挙」で圧勝させたのは、他なる自分達、

つまり、主権者たる国民だからである。


いい加減、しつこいと思われるであろうが、私は、

2005年8月8日、参議院で郵政民営化法案が否決されたのを受けて、なんと

衆議院を解散した小泉が如何に、狡い悪党であるか、

それ以前から何度も書いた。時事問題日記・ブログを書き始めて9年半になるが

今まで、一番、毎日々々、必死に書き続けたのは2005年8月8日から9月11日までの

1ヶ月だった。この間に書いた記事のほんの一部である。

2005.08.29 小泉首相が、郵政民営化にあれほどムキになる理由。

2005.08.31 郵政民営化の詭弁を検証する。(衆院選前解説シリーズ1)

2005.09.01 郵便局が銀行になれるか。(衆院選前解説シリーズ2)

2005.09.02 特殊法人の無駄遣いを正す為に郵便局を民営化するなら、年金は何故民営化しないのか(解説シリーズ3)

2005.09.07 【衆院選】自民党が勝利すると、こういうことが起きる。

小泉が社会的弱者に冷酷であることを感じていた人は大勢いた。

故・後藤田正晴元警察庁長官、官房長官はその1人である。

後藤田氏に関しては多くの本があるが、後藤田正晴 日本への遺言の中に、
「小泉さんは日本を変える、政治を変えると言うが、強者の論理が強すぎる。やはりどんな時代になっても、立場の弱い人、気の毒な人は出ている。ならば、そういう人に対して政治の光をどう当てるかということは、政治を担当する者の大きな責任だと思う」

と言う言葉が載っている。まったくそのとおりである。

この言葉を引用したのは、郵政民営化選挙の約5ヶ月後、
2006.02.12 「医療改革法案を閣議決定」←自民党が衆院選挙で勝ったらこうなる、と私は9月7日に書きました。

においてである。

小泉純一郎というのは、ワン・フレーズ政治などと言って外面は良いが、冷酷な男で、

障害者自立支援法など、月収が1万円の障害者からさらに金を取ろうとした、そういうことを平気で出来る人間なのだ。

富めるものは、ますます繁栄し、特権的メリットを享受し、一方競争に負けた会社、病弱な個人など

「弱者」「敗者」はとっとと潰れて下さい、路頭に迷って下さい。野垂れ死んで下さい。という発想

(勿論、表向きはそう、言わないが)の男である。


私はさんざん、こいつ(小泉)に騙されるなと書いたが、市井の1個人のブログの悲しさ。

誰も本気で読まなかった。

それどころか、私がうつ病であることを知っている、エンピツの時事社会ジャンルの今は消えたある男は、

3年も、私が小泉批判を書くたびに、私のJIROというHNも出さず、日記名も書かないが、明らかに私を

攻撃する目的で、「こいつは、キチガイだから、ムキになって小泉を批判するのだ」とネットストーカーの

ようにまとわりついた。私はそれに耐えて、小泉政権、小泉政治の「格差社会を生み出す政治」を批判した。

繰り返すが、誰も、まともに聞かなかった。


それが今頃、「反格差社会デモ」といわれても・・・・。

2005年に小泉を支持したのと、今回のデモを実行したのは全く別の人々かもしれないが

私としては、何を今更・・・と嫌味の一言を書きたくなるのをお許し頂きたい。

おこがましいが、私には「嫌味をいう権利」がある、と思う。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 【音楽】絶対に楽しいピアノ曲集 小山実稚恵さん | トップページ | 【音楽】5人のピアニストによる「子犬のワルツ」ショパンの命日でした。 »

パソコン」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

小泉政権批判」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自民党批判」カテゴリの記事

郵政民営化」カテゴリの記事

野田政権批判」カテゴリの記事