« 「野田総理、冷温停止を宣言」←「冷温停止とはほど遠い状態です。(NHK 水野解説委員)」水野解説が正しい。 | トップページ | 「北朝鮮情報、収集の限界露呈=死去から2日、発表で把握―日本政府」←そうかな? »

2011.12.19

【映像/音声】NHK「冷温停止宣言」野田首相記者会見中継を打ち切られた部分←ビデオニュース・ドットコム神保氏の質問に答えていない。

◆野田首相が金曜日に冷温停止宣言を発表したときの映像。

これは、NHKテレビで放映されたが、実は、NHKが放映しなかったけれども、

ビデオニュース・ドットコムの神保哲夫氏が、問題の核心を突いた質問をぶつけているが、

野田総理の答弁は通り一遍のもので、重ねて質問しようとしたら、

内閣官房の役人に遮られた。その様子がはっきり記録されている。


NHK「冷温停止宣言」野田首相記者会見中継を打ち切られた部分





ひどいものである。


◆職場でYouTubeを見られない方が多いでしょうから、文字起こしします。

前段でアップした、NHKが放映しなかった(私自身はそれはみてないのですが)

という、ビデオニュース・ドットコム、神保哲夫氏の質問と、野田首相の答弁を、

文字に起こします。
千代田内閣広報官:それでは次の方。えーとそれでは神保さんどうぞ。

神保:ビデオ・ニュースの神保です。総理、春に作成したロードマップの定義に則って、このたび「冷温停止状態」を宣言される、ということですが、春の段階ではですね。まだ東京電力も統合本部も原子炉がメルトダウン及びメルトスルーをしているということは、認めておりませんでした。つまり、この段階では、圧力容器の中に核燃料が入っているということを前提としていた定義が、そこでいう「冷温停止」だった訳ですね。その後、メルトダウンが起きてメルトスルーが起きていると言うことまで認めていて、今現在圧力容器の中には、核燃料が殆ど入っていない、或いは全く入っていない可能性すら言われているときに、圧力容器の底部の温度が100℃以下になったので「冷温停止」、と言う定義は、非常に違和感を持つ方も多いと思うのですが、それは総理、どう考えているか。あるいは、「外に出た燃料がどのような状態になっているかは、実は誰にも分かっていない。」ということは分かっている。にも関わらず、今ここで「冷温停止」或いは「収束宣言」をされるのは、拙速のような印象を受けるのですが、何故、敢えて、今、ここで、「収束宣言」など---燃料がどうなっているか分からない状態で---収束宣言をされるのか、その辺のお考えをお願いします。

野田首相:あのー、圧力容器の底部の温度だけではなくて、格納容器全体の温度も、それぞれ色んな場所、測りながら出している結論で、圧力容器底部も勿論でありますけれども、格納容器全体も冷温状態になっている、100℃以下になっている、しかもそれが「安定的」である、ということを確認したことが、今回の「ステップ2」になってて、別に圧力容器の底部だけの話では、もともとロードマップにも書いてもございませんで、あの、格納容器の全体の話も含めて、そういう判断をした、ということでございます。

千代田内閣広報官:(注:間髪を入れず)次の方どうぞ。

神保:(注:重ねて質問しかけるが聴きとれない)。

千代田内閣広報官:次の方どうぞ。次の方どうぞ。じゃムラオさんどうぞ。

神保他:燃料棒、答えてないでしょ?

千代田内閣広報官:済みません、円滑な進捗にご協力願えますか? それではムラオさんどうぞ。

神保:(注:微かにしか聞こえない)燃料棒答えてない・・・

ムラオ:読売新聞のムラオと申します。

◆コメント:マスコミ同士揉めている場合ではない。

この映像をYouTubeの映像をアップした方は、

NHK「冷温停止宣言」野田首相記者会見中継を打ち切られた部分

というタイトルをつけている。NHKが真実の隠蔽に協力したような、印象を受けるが、

それは、違っている。前回の記事
「野田総理、冷温停止を宣言」←「冷温停止とはほど遠い状態です。(NHK 水野解説委員)」水野解説が正しい。

に書いたとおり、NHKの水野解説委員は、「冷温停止宣言」の日の夜に、

「時事公論」というニュース解説番組で、「冷温停止ではない」と

その理由も含め丁寧に説明して結論を述べている。

NHKがビデオニュース・ドットコムの質問が始まった瞬間に

スタジオに画面を切り替えていること自体は、どうでも良い、といいたいが、

要するに記者クラブの会員であるとか、ない、とかが問題になるらしい。

TwitterでフリーランスのジャーナリストのTweetを読んでいると、ニュースそのものよりも、

記者クラブの正会員である「大マスコミ」、つまり全国紙やテレビ各局の横暴さに腹が立てていることが

分かる。

政治家が、国難に乗じて政局争いに明け暮れるのは問題外だが、マスコミもこの際、

下らない「メンツ」や「スクープ合戦」の意識は捨て去り、

こと震災や福島原発関係の記事に関してはお互い、自由に引用していい、

但し、ネタ元は明示するとかなんとかできないだろうか。

つまり、日本のマスコミは「ロイターによりますと」とか「アメリカのCNNによりますと」というのは、

本当は自分で取材出来ないことを白状しているのであって、恥ずかしいことなのだが、平気でやっている。

ならばいっそのこと、国内のメディア同士、例えばNHKが「ビデオニュース・ドットコムによりますと」とか

その逆があってもいいではないか。ブンヤ(「しんぶんや」の略。新聞社のこと。転じてマスコミの総称)

のメンツや縄張り争いよりも、多くのメディアがお互いの情報を共有することによって、重要な情報が

より早く、広範に知られる可能性が高まるのであって、それが本来彼らの使命である。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「野田総理、冷温停止を宣言」←「冷温停止とはほど遠い状態です。(NHK 水野解説委員)」水野解説が正しい。 | トップページ | 「北朝鮮情報、収集の限界露呈=死去から2日、発表で把握―日本政府」←そうかな? »

ニュース」カテゴリの記事

ビデオ・ニュース・ドットコム」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

福島原発」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

野田政権批判」カテゴリの記事