« 唐突ですみません。私、最近、おかしいですか? | トップページ | 福島第一原発4号機の危険を指摘しているのは、小出助教だけではない。 »

2012.04.21

皆様、ありがとうございました。お騒がせ致しましたことをお詫びします。/御礼にモーツァルト。

◆昨日の文章に多くの方からコメント、メールを頂戴いたしました。

昨日の日記(ブログ)記事、

唐突ですみません。私、最近、おかしいですか?

に、大変、多くの方々から、ご丁寧かつご親切なコメントとメールを

頂戴いたしました。お一人お一人のお言葉を何度も読み返しました。

「時間」は取り返しが付かないものです。

皆さま、それぞれの人生における、二度と戻らない貴重なお時間を私めごときの為に

割いて下さったわけで、それ自体、大変にありがたいことでございます。

心より御礼申しあげます。ありがとうございました。

同時に、皆さまはその時間を、ご自分の為のもっと楽しい事、有意義なことに、

お使いになることができたのですから、

私が昨日の記事を載せてしまったが為に、

取り返しが付かない、よけいなお手間を掛けてしまいました。

そんなことは、「ご意見をお聞かせ下さい」とお願いする時点で当然の結果として

私は推測できたことで、にも関わらず、「構ってちゃん」記事を載せた、自らの不明に

今更、ですが、大袈裟ではなく、顔を赧らめております。



しかしながら、皆さまのお言葉のおかげで「正気に返る」ことが出来たのもまた事実です。


本来、お一人お一人に、返信を差し上げ、その後にこのような文章をここに載せるのが

「筋」でございます。


勿論、コメント、メールには、できる限りはやく、お返事もうしあげますが、

予想(という言い方自体が失礼ですが)よりも多くの方から

大変にお心のこもったメッセージを頂いておりますから、通り一遍の

返信では失礼ですので、全部御礼を書いたのち、この場で御礼を書くとなると遅くなってしまいます。


この記事自体を、皆様への返信の代替物にするつもりは、毛頭ございませんが

取り急ぎ、なるべく早く、最初の御礼をもうしあげたく、

ここに駄文を載せた次第でございます。

皆様ありがとうございました。


◆お礼に音楽を。モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K.595 第3楽章(ピアノ独奏:ワルター・クリーン)

ワルター・クリーン氏に関しては、少なくとも過去2回、書いています。

直近では、昨年の暮れに一度ご紹介したのですが、サーバーを替えまして、

音が聞けない、という状況なので、最初に取り上げた、

2010.02.06 【音楽】お薦め。ワルター・クリーン氏(ピアニスト)のモーツァルトピアノ協奏曲第27番を含むアルバム。

にリンクしておきます。

その記事で、ワルター・クリーン氏が1989年に故・若杉弘氏指揮、NHK交響楽団と協演した、

「伝説的名演」について書きました。

このときには、まだ録音が商品になっていませんでしたが、今調べて驚きました。

なんと、ちょうど一週間後、CD化されて発売されます。
モーツァルト: ピアノ協奏曲第20番, 第24番, 第23番, 第27番 Walter Klien 、 Horst Stein 、 若杉弘 、 NHK交響楽団

「伝説的名演」の27番以外に、ワルター・クリーン氏はN響名誉指揮者、ホルスト・シュタイン氏と親友でしたが、

そのシュタイン氏の伴奏(指揮)で弾いた他の、更に伝説的名演が含まれております。

2枚組ですが、今予約すると(私はTOWER RECORDSと何ら利害関係はないのですが)、¥1,884だそうです。

ワルター・クリーン氏を、まだお持ちでないかたにはもとより、既に、これからご紹介するCDをお持ちの方にも

まだ発売されていませんから本当は無責任なのですが、是非、お薦めします。

今日お聴き頂くのは、
モーツァルト:ピアノ協奏曲集(第12、14、16、17、18、21、23、24、26、27番)

で、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキー(この人も何度も来日してますが)指揮、ミネソタ交響楽団です。

これはこれで名演ですが、4,370円です。Amazonの邪魔をする気はないですが、伝説的名演の予約をお奨めします。

今日はとにかく今はこれしか、音源がございません。しかし、大変美しい。

モーツァルトは、このピアノ協奏曲27番、第3楽章の主題をもとに、数日後、「春への憧れ」という歌曲を書いてます。

ワルター・クリーン氏はその「春への憧れ」を、コンチェルトのカデンツァに使っています。


ワルター・クリーン(ピアノ)、スタニスワフ・スクロヴァチェフスキ(指揮)、ミネソタ管弦楽団。


モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番変ロ長調K.595 第三楽章 



Walter Klien Mozart Piano Concerto K.595 Ⅲ Allegro



非常にモーツァルトですね。

くどくなりますが、お薦めは「伝説的名演」を含む、4月28日発売、
モーツァルト: ピアノ協奏曲第20番, 第24番, 第23番, 第27番 Walter Klien 、 Horst Stein 、 若杉弘 、 NHK交響楽団

です。



乱文、何卒、ご容赦のほど。

皆様、良い週末をお過ごし下さい。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 唐突ですみません。私、最近、おかしいですか? | トップページ | 福島第一原発4号機の危険を指摘しているのは、小出助教だけではない。 »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

エッセイ」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

ブログ」カテゴリの記事

お詫び」カテゴリの記事

ピアノ・ピアニスト」カテゴリの記事

御礼」カテゴリの記事