« 「全身被ばく、最大50ミリシーベルト=福島原発事故でWHOが推計」←原文の所在を明らかにした方が良いと思います。 | トップページ | 大阪市教育委員会事務局 生涯学習部 音楽団 に出したメール。 »

2012.05.25

「2020年夏季五輪開催地、東京が1次選考通過」←「首都直下型地震の確率、4年以内の確率は50%以下」で五輪招致を続けるの?

◆記事:2020年夏季五輪開催地、東京が1次選考通過(読売新聞 5月24日(木)7時54分配信)

国際オリンピック委員会(IOC)の理事会が23日(日本時間24日)、ケベックで行われ、

2020年夏季五輪招致の1次選考で、名乗りを上げていた5都市のうち、

東京、イスタンブール(トルコ)、マドリード(スペイン)の3都市が立候補都市に選ばれた。

ドーハ(カタール)とバクー(アゼルバイジャン)は落選した。

1次選考は主に各都市の開催能力を評価したもの。IOCが作成した評価報告書によると、

1964年以来、2度目の開催を目指す東京は、選手村を中心としたコンパクトな競技施設配置が高く評価された。

一方で、東日本大震災の影響に加え、原発停止による電力不足への懸念について、「今後も観察していく必要がある」と明記した。


◆コメント:東日本大震災以降、日本は地震の「活動期」だし、東日本大震災の余震は100年以上でしょ?

私は、どうも理解出来ないのである。

2016年の夏季オリンピックにも東京は2007年に開催地として立候補した。

これは、まだ、あの大地震の遙か前だから、理解できる。

2009年10月2日にコペンハーゲンで開かれたIOC総会で、2016年の開催地は、リオデジャネイロに決まった。

それでも、まだ諦めきれない東京は、2020年夏季五輪大会開催地として立候補し、昨日、

3つの候補地の一つとして残った、というのが冒頭の記事である。


改めて調べて驚いたが、東京が2020年の夏季五輪開催地として立候補を表明したのは、

2011年7月16日。東日本大震災の4ヶ月後である。


311の約1ヶ月後の朝日新聞記事。

◆記事:「今は巨大地震活動期 M9級発生に懸念」米学会で発表(2011年4月15日12時24分)

マグニチュード(M)7以上の大地震は、起きやすい「活動期」が存在し、現在がその時期にあたるとの研究結果を

米ニューメキシコ鉱工業大などがまとめた。

別のチームは、M9級の超巨大地震が世界のどこかで起きる確率は統計的に、今後6年以内に6割と分析した。

活動期は2004年から始まっていたそうで、去年から6年以内にまたM9クラスの地震が起きる確率は63%である。

更に、今年の1月23日、東大地震研は
◆記事:M7級首都直下地震、4年内70%…東大地震研(2012年1月23日03時04分 読売新聞)

マグニチュード(M)7級の首都直下地震が今後4年以内に

約70%の確率で発生するという試算を、東京大学地震研究所の研究チームがまとめた。

東日本大震災によって首都圏で地震活動が活発になっている状況を踏まえて算出した。

首都直下を含む南関東の地震の発生確率を「30年以内に70%程度」としている

政府の地震調査研究推進本部の評価に比べ、切迫性の高い予測だ。

といったら、国に「余計な事をいうな」と脅かされたのであろうか。

最初の発表の約二週間後、
◆記事:首都直下型地震の確率、「4年で50%以下」に修正(ITmedia ニュース 2012年02月07日 11時53分)

4年以内にマグニチュード(M)7級の直下型地震が70%の確率で首都圏を襲う──。

東京大学地震研究所の平田直教授(観測地震学)らのチームが試算したこの衝撃的な予測が修正された。

サンプルとして使用する地震のデータを広げた結果、

4年以内の確率は50%以下に落ちるというのだ。

このような大事な研究発表を僅かに二週間で、それも国民が安心する方向に修正する

というのが、如何にもなにか作為を感じる。


これ以外にも日本は今後100年、東日本大震災の余震が続くだろう、との予想もある。
◆記事:<東日本大震災>余震100年以上 京大准教授発表へ(毎日新聞 5月15日(火)2時31分配信)

東日本大震災の余震が、福島、茨城県境で少なくとも今後100年以上続くとの推計を

京都大防災研究所の遠田晋次准教授(地震地質学)がまとめた。

震災後、地震活動が活発になった地域の観測データを基に、誘発地震の減衰を計算した。

余震には体に感じない地震も含み、秋田県内では約40年間、首都直下では約3年にわたり続くという。

20~25日に千葉市で開かれる日本地球惑星科学連合大会で発表する。

という次第。要するに、まだまだ、大地震が起きる可能性は(可能性と言ってしまえば

常に存在するけれども、今は特に、昨年の3月11日よりも前に比べて、危険である)高い。

そして、2020年の東京五輪における、競技会場プランを見て仰天した。

T_2020tokyoolympic

殆ど全てが「海沿い」である。東京湾には防波堤がない。東京湾を震源として巨大地震が発生したら、

それも、運悪くオリンピック開催期間中に発生したら、多分全ての競技会場は、津波に呑まれるであろう。

こんな状態で、このような計画で立候補してよいのか。無責任ではないだろうか。

それとも、4年以内に70%か50%以下の大地震という発表は、「冗談」だったのだろうか。

候補地の3つの中に残っても、常識で考えたら、誰もこのような危ない場所でオリンピックを開催

したいと思わないであろう。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「全身被ばく、最大50ミリシーベルト=福島原発事故でWHOが推計」←原文の所在を明らかにした方が良いと思います。 | トップページ | 大阪市教育委員会事務局 生涯学習部 音楽団 に出したメール。 »

オリンピック」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事