« 「不祥事」いろいろ。 | トップページ | 領土問題(尖閣諸島・竹島)の基礎知識。 »

2012.08.11

五輪関係所感。なでしこジャパン、表彰式の態度は何だ?

◆女子サッカー表彰式に於ける、選手の行儀の悪さ。

「終り良ければすべて良し(All's Well That Ends Well」)とは、シェークスピアの戯曲であるが、

この際それは、さておき、昨日の女子サッカー決勝において、なでしこジャパンは逆だった。プレーは良かったが、

表彰式のマナーの悪さは国辱ものだった。


試合に関しては、アメリカのファウルをドイツ人審判が認定しなかった不満は残る。どう見ても「ハンド」や「ホールディング」

(相手チームの選手の腕を掴んだり、身体を押さえたりして動きを封じること)があり、いずれもフリーキックの対象である。

それは、アメリカの選手とドイツ人審判が悪い。


しかし、表彰式の日本チームはひどかった。それは、試合云々とは別だ。

試合終了のホイッスルが鳴り、一度は泣き崩れた「なでしこ」が、表彰式に笑顔で出てきたのはいいが、

「笑顔」と「悪ふざけ」が別物であることなど、言うまでも無い。


表彰式でブラッターFIFA(国際フットボール連盟)会長が選手一人一人に銀メダルを首からかけた後

握手をするのは、どの種目のどの競技でも共通しているのに、なでしこジャパンの複数の選手が、ブラッター会長の握手を

完全に「無視」して、中学生か高校生のサッカー部のガキのように、スタンドに手を振ったり、ふざけた態度を取っていた。

沢選手は、流石に(失礼ながら)年の功できちんとしていたが、多くは「バカ丸出し」だった。

「なでしこ」はどいつもこいつも、私から見れば、年齢的には娘であってもおかしくないが、

歴とした成人、社会人が殆どなのであるし、成人ではなくても国際的な舞台で活躍する機会がある人間は、

テレビを見ている世界中の人々やその場に居合わせる他国の人々にとって、日本人全体とほぼイコールなのだから、

精神的に、大人でなければならない。


彼女ら、彼らが礼儀正しければ、日本人はやはり礼儀正しいと思われるが、アホがいると日本人全体がアホだと思われる。

論理的ではないが、それが人情、印象、というものだ。小学生に向かって言うようなことを言わせないで欲しい。


◆パラリンピックが続く。

ロンドンオリンピックは12日で終わるが、ロンドン・パラリンピックが、8月29日から9月9日まで行われる。

毎度のことだが、あまりにも扱いの差が激しいが、メダル・メダルとあれほど騒ぐならば、

パラリンピック水泳、日本代表の成田真由美選手は、アトランタ、シドニー、アテネ、北京に連続出場し、

なんと、一人で金メダルを15個獲得し、そのうちの13個は世界新記録を伴う、圧倒的な強さを誇る大選手である。

障害者にも優しい世の中、のようなことを普段は口にしているくせに、オリンピックに比べ、テレビは数字を獲れない、

したがって、スポンサーは「費用対効果」が良くないと判断するのだろう。

冷たいものだ。


◆勉強五輪で金メダルを獲ったこともお忘れなく。

7月の出来事で、既に書いたが、ロンドン五輪の開始と共に、いや、多分その前に

既に忘れられているだろう。7月に書いた記事の見出しを並べリンクを貼っておく。

2012.07.17 「国際数学五輪で17位=日本代表の高校生、銀4個」「高校生の生物学五輪、日本代表の4人が銀」←「勉強五輪」の季節です。

2012.07.25 「国際物理五輪、2人が金=日本代表の高校生―文科省」←これが紙面でどのように扱われているか。

2012.08.01 「日本代表が「金」2「銀」2…国際化学五輪」←何度も同じ事を書きますが・・・。

ロンドン五輪は「騒ぎすぎ」だが、国際科学五輪はあまりにも扱いが小さい。

最後に。

蛇足ながら、8月10日は誕生日で、52歳になった。流石にこの年になるとどうでも良い。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「不祥事」いろいろ。 | トップページ | 領土問題(尖閣諸島・竹島)の基礎知識。 »

スポーツ」カテゴリの記事

エッセイ」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

オリンピック」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事