« 「丹羽大使の公用車を襲撃=男が日の丸奪い去る、けが人なし―尖閣対応に不満か・北京」←日本本土攻撃と法的には同様である。 | トップページ | パラリンピック開幕。国際地理五輪で加藤規新さん銅メダル。 »

2012.08.28

【日中関係】本当は、今こそ両国民が、ドキュメンタリー「小さな留学生」を見るといいですね。

◆実は憎しみの連鎖からは何も生じないのですね。

昨日は極論を書きましたが、

「丹羽大使の公用車を襲撃=男が日の丸奪い去る、けが人なし―尖閣対応に不満か・北京」←日本本土攻撃と法的には同様である。

ついに、JIROは気が触れたか?と本気で心配なさる方がいらっしゃるといけませんから、

念のため書きそえますが、私は日本と中国が軍事的交戦状態に入る意味が無いし、

そんなことになりそうになっても、絶対にならない事ぐらいは分かっています。


憎しみの連鎖は何も生産しませんね。戦争になっていいことなど何も無い、ということがまだ分からないのは、

本当にバカな人だけだ、と思います。ただ、2005年、やはり反日デモが極端化したことがありまして、

その時に一度書いたことですが、リマインド(思い出させる)しておきますと、
2005.04.18 過去の日本の行為の如何に関わらず、中国政府はウィーン条約を遵守する義務を負う。

で、要は、外交関係に関するウィーン条約 第29条には、
外交官の身体は、不可侵とする。外交官は、いかなる方法によつても抑留し又は拘禁することができない。

接受国は、相応な敬意をもつて外交官を待遇し、かつ、外交官の身体、自由又は尊厳に対するいかなる侵害をも防止するためすべての適当な措置を執らなければならない。

って、一応「近代国家の常識」ですから、黒塗りのベンツで丹羽大使のクルマを前後で挟むって、あまりにも一般人の行動としては奇異ですから、

まあ、それぐらいの国際法は最低限守って頂きたい、と思います。


◆日中両国民が2000年11月に放送された「小さな留学生」を見るといいですね。

憎しみの連鎖からは、何も生まれませんが、

お互いに、他国にも「善意」が存在する、という余りにも当たり前のことを認識するべきです。

中国人の映像プロデューサー、張麗玲(ちょう れいれい)さん。

この人は元々は、映像とか放送の世界の人ではなくて、戦前の大財閥大倉財閥の流れを汲む大倉商事という、1998年に破産してしまいましたが、

とにかく、その大倉商事のOLだったのですが、何故か自分でカメラを回して、中国からの贈り物というドキュメンタリー番組のシリーズを製作

し始めて、一番最初に撮ったのが、小さな留学生というドキュメンタリーでした。

1996年に9歳で、お父さんが日本で一儲けしようというので、付いて来日し、八王子の公立小学校に入学した張素(ちょうそ)ちゃんという女の子。

結局、オヤジさんの商売が思ったほど上手く行かず、約1年でまた中国に帰国してしまうのですが、

その1年間、日本の小学校の友だちや先生が非常に親切であるようす。

また、張素ちゃんという子は頭が良くて、僅か一年で日本語を習得するばかりか成績もトップクラスになるんです。

中国に帰ってから、元、通っていた学校に戻るのですが、クラスメートに「日本人が如何に親切だったか」を力説します。

その一連の様子を企画し、撮影したのが日本人ではなくて、中国人の張麗玲さんであるところが、大事なのです。


これは中国でも、かなり広範に放映され大評判になり、当時番組のVHS(当時はDVDありません)が飛ぶように売れ、

今、日本のバカ野郎と言っているような中国の一般市民が皆、涙をながして、感動のあまり興奮したオッサンが、

我々は、もっと日本と仲良くすべきなんです!

と叫んでいたんです。


◆YouTubeに「小さな留学生」が、アップされてました。

見た覚えのある方も多いと思いますが。


小さな留学生① Little Exchange Students Part 1







小さな留学生② Little Exchange Students Part 2







小さな留学生③ Little Exchange Students Part 3



担任の先生は、同級生の一人に「毎朝、張素ちゃんを迎えに行くように」とご両親には言わずに指示をしていました。

張素ちゃんのお父さんは「ただの一人の外国人の転校生の為に、こんなに親切にして貰って・・・」と張麗玲さんに語っています。






小さな留学生④ Little Exchange Students Part 4







小さな留学生⑤ Little Exchange Students Part 5







小さな留学生⑥ Little Exchange Students Part 6







小さな留学生⑦Little Exchange Students Part 7







いい話ですよね。こういうのを見ると、日本も中国もへったくれもあるか。

世の中、どこにでも「良い人」や「善意」があるのだ、ということが分かります。


とはいっても、恐らく中国政府は今は、テレビで「小さな留学生」の放送を許さないでしょうから、できれば、ネットにも

規制が入る前に、日本でも中国でも、見る人が拡がるといいですね。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「丹羽大使の公用車を襲撃=男が日の丸奪い去る、けが人なし―尖閣対応に不満か・北京」←日本本土攻撃と法的には同様である。 | トップページ | パラリンピック開幕。国際地理五輪で加藤規新さん銅メダル。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

インターネット」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/55530581

この記事へのトラックバック一覧です: 【日中関係】本当は、今こそ両国民が、ドキュメンタリー「小さな留学生」を見るといいですね。:

« 「丹羽大使の公用車を襲撃=男が日の丸奪い去る、けが人なし―尖閣対応に不満か・北京」←日本本土攻撃と法的には同様である。 | トップページ | パラリンピック開幕。国際地理五輪で加藤規新さん銅メダル。 »