« 「首相“定数削減なら16日解散”」←意味がわかりません。 | トップページ | 【雑感】私には「散文的」な文章しか書けない、という「コンプレックス」があります。 »

2012.11.16

「NHKアナ、痴漢容疑で逮捕=「おはよう日本」担当―警視庁」←NHKが謝罪文を掲載しているのは正しくない。

◆記事:NHKアナ、痴漢容疑で逮捕=「おはよう日本」担当―警視庁(時事通信 11月15日(木)11時6分配信)

電車内で女性の体を触ったとして、警視庁玉川署は15日までに、強制わいせつ容疑で、

NHKのニュース番組「おはよう日本」担当のアナウンサー森本健成容疑者(47)=千葉県浦安市日の出=を現行犯逮捕した。

同署によると、当時酒に酔っており、「触った覚えはない」などと、容疑を否認している。

逮捕容疑は14日午後7時45~55分ごろ、東急田園都市線渋谷―二子玉川駅間を走行中の急行内で、

都内に住む女子大学生(23)の胸を触った疑い。

同署などによると、森本容疑者は14日正午すぎまで東京・渋谷のNHK本部で番組の打ち合わせをした後、

同僚数人と酒を飲んで帰宅する途中だった。

被害に遭った女性がその場で取り押さえ、二子玉川駅員に引き渡したという。


◆コメント:NHKが「職員の逮捕について」というプレスリリースで「謝罪し」ているが、正しくない。

何故なら、真実は何かがまだ分からないからである。

現在、わかっていることはNHKのアナウンサーが、痴漢の「容疑」で取り調べを受けている、ということだけだ。

しかし、他のメディア(テレビ・新聞など)は、あたかもすでに、森本アナウンサーが起訴されて、有罪判決が確定したかと

錯覚するほど、
やったにきまっている。
というアングルで報道している。これは良くない。

一番良くないのは、当のNHKである。NHKのサイトには、NHKについて 視聴者のみなさまへ/お知らせというコーナーがあり、

本日付で

【11月15日】 「職員の逮捕について」を掲載しました。(PDF 105KB)

とプレスリリースが乗っているので、中を見る。
職員の逮捕について

とあり、「NHKのコメント」には、
ニュースのキャスターを務めている職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、

関係社や視聴者の皆さまに深くお詫びいたします。事実関係を調べたうえで、厳正に対処いたします。

とあるが、まったく理解できない。

NHKのアナウンサーが痴漢の容疑で逮捕された、ということ「だけ」が現在断定出来る事実である。

痴漢の物的証拠はなく、仮に起訴をするとしても、証拠として採用されるのは「被害者の証言」と「自白」だけである。

こんな曖昧な話はなく、冤罪も多い。実際に故意に構成要件に該当する行為を実行したならば、責を免れないが、

冤罪だとしても、本人や家族の人生が狂ってしまう。だから「Shall we ダンス?」の周防正行監督が、

それでもボクはやってないDVD)を制作したくらいである。

本件において、森本アナウンサーは「容疑」をかけられている。それだけが確かな真実である。

刑事事件の取り調べにおいて、一番大事なことは、「本当は何があったのか」を明らかにすること。

即ち、事実認定、である。

そして繰り返すが、痴漢の「証拠」は「被害者の証言」と「自白」しかない。

被害者の証言が本当かどうか、分からない。

また自白については、つい先日、「遠隔操作ウイルス」を利用した犯行予告事件で、4人もの人が

誤認逮捕され、しかも、その中の少なくとも二人は、実際には身に覚えのないことを「自白」していた

という、とんでもない出来事があったのをメディアと世間は、もう忘れたのであろうか?

「容疑」がある、として取り調べを受けているが、まだ起訴されたわけでもないし、

仮に起訴されたとしても,有罪判決が下るかどうか、分からない。


NHKが今日プレスリリースで「謝罪し」たが、「本当は何があったのか」事実関係を調べるのは警察の

仕事だし、厳正な処分をする、とか、しない、とかは、容疑者が刑事被告人となり、有罪判決が

確定したときに、初めて使うべき表現だ。

だから、私は、メールによるご意見・お問い合わせからNHKに

抗議のコメント送った。
視聴者のみなさまへのWEBページに、強制わいせつの疑いで逮捕されたアナウンサーの実名を載せて謝罪していますが、

事実認定は完了しておらず、当該アナウンサーが違法行為を故意に行ったのかどうか、まだ分からない、という状況で、

謝罪することは要らぬ誤解の元になると思います。事実関係を警察が取り調べ中である、ということだけを書くべきです。

くどくなるが、もう一度整理すると、

私は、森本アナが痴漢行為を実行していないだろう、とも、実行しただろう、とも書いていないし、考えていない。

「何が真実か分からない」のが現在の状況である。それは、そのまま中立的に報じられるべきであるのに、

NHK自身のプレスリリースや、他のメディアの報道は、あたかも痴漢行為の既遂が確認されたかのような印象を世間に与える。

それは、間違っている、と、私は述べている。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「首相“定数削減なら16日解散”」←意味がわかりません。 | トップページ | 【雑感】私には「散文的」な文章しか書けない、という「コンプレックス」があります。 »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

冤罪」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事