« 【衆議院選挙】安倍晋三「元内閣総理大臣」が実行した教育基本法改悪。 | トップページ | 「<ノーベル賞授賞式>「言葉出ないくらい感動」山中さん」←おめでとうございます。 »

2012.12.10

「比例投票先、自民29%…民主12%維新11%(読売新聞 12月10日(月)22時4分配信)」世論調査の信頼性。

◆記事1:比例投票先、自民29%…民主12%維新11%(読売新聞 12月10日(月)22時4分配信)

読売新聞社は7~9日、衆院選の第3回継続全国世論調査(電話方式)を実施した。

衆院比例選の投票先について政党名を読み上げて聞いたところ、

自民党が29%でトップとなり、民主党12%、日本維新の会11%などが続いた。

公示直前の第2回調査(11月30日~12月2日)と比べると、自民が10ポイント上昇し、

ほぼ横ばいの民主、維新の会との差を広げた。日本未来の党は3%(前回5%)だった。

投票先を「決めていない」と答えた人は26%(同32%)に減った。

支持政党のない無党派層は42%(前回49%)に減り、その比例選投票先は自民15%がトップで、維新の会12%などが続いた。

小選挙区での投票先は自民32%(同22%)、民主13%(同13%)、維新の会10%(同12%)の順だった。


◆記事2:<衆院選中盤情勢>自公 300議席超す勢い(毎日新聞 12月10日(月)21時27分配信)

毎日新聞は16日投開票される第46回衆院選を控え、8~10日に特別世論調査を実施し、

全国の取材網の情報を加味して中盤情勢を探った。

自民党は前回09年衆院選で民主党に議席を奪われた小選挙区の多くで優位に立ち、公明党と合わせ、300議席を超える勢い。

前回308議席を得て政権交代を果たした民主党は、小選挙区、比例代表ともに激減し、80議席を切る見通しだ。

日本維新の会は比例で第2党に躍進する可能性があり、全体で50議席以上をうかがう。


◆記事3:NHK世論調査 各党の支持率 民主党が16.1%、自民党が26.6%(NHK 12月10日 19時12分)

NHKが行った世論調査によりますと、各党の支持率は、民主党が16.1%、自民党が26.6%、

日本未来の党が1.6%、公明党が4.1%、日本維新の会が4.7%、共産党が2.7%、

みんなの党が2.1%、社民党が0.7%、国民新党が0.1%、新党大地が0.1%、新党改革が0.1%、

「特に支持している政党はない」が33.5%でした。


◆コメント:今回に限ったことではありませんが・・・。

昔はメディアの報道を鵜呑みにしていましたが、今は何しろ、ネットが普及しています。

特に今回は、Twitterの利用者が爆発的に増加してから、初めての国政選挙ですが、

カウントしたわけではありませんが、私が受ける印象では、自民党や維新の会を支持する意見よりも

批判的な声が圧倒的なのです。普段は政治の話などあまりしない方々をフォローしているので、

私が特に、反自民、反維新の会、の思想を抱いた方ばかりを見ているとは思えません。

無作為抽出に近いとおもうのですが、その印象とあまりにもメディアの世論調査結果が乖離しています。

これらメディアは、選挙の度に思うのですが、申し合わせたように(多分申し合わせているのでしょう)、

同じタイミングで、同じ調査期間の世論調査結果を、発表し、しかも、皆同じ傾向を示すのです。


こんな偶然があるでしょうか?

私は統計学の専門家ではないので、検証すべきポイントがわかりませんが、

これらメディアは、本当に統計学的に有為なサンプル抽出や設問や、集計を行っているのか。

どのメディアとも利害関係のない、専門家に、調査方法を精査してもらって、その結果を発表するべきだとおもいます。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 【衆議院選挙】安倍晋三「元内閣総理大臣」が実行した教育基本法改悪。 | トップページ | 「<ノーベル賞授賞式>「言葉出ないくらい感動」山中さん」←おめでとうございます。 »

2012年衆議院選挙」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事