« 【音楽】静かで穏やかな音楽です。 | トップページ | 【音楽】毎年恒例。12月5日はモーツァルトの命日です。 »

2012.12.03

「NHK世論調査 各党の支持率」←「何となく」はいけません。

◆記事:NHK世論調査 各党の支持率(12月3日 19時24分)

NHKが行った世論調査によりますと、各党の支持率は、

民主党が17%、自民党が24.7%、日本未来の党が1.7%、公明党が3.8%、日本維新の会が4.1%、

共産党が3.2%、みんなの党が1.3%、社民党が0.7%、「特に支持している政党はない」が36%でした。


◆コメント:私は支持政党がありません。

ある政党を「支持する」というからには、その理由を説明出来なければならないと、私は思っています。

また、一つの政党のある「政策」に賛成であるからと言って、政党全体を支持するのは誤りだと思います。

私は、何故、多くの人が、日本の戦争が出来る国にしようとしている人が党首を務める党を支持するのか

どうしても、分かりません。

また、何度も書いていますが、どの政党も「脱原発」という言葉を使わないと、支持されないので、

「脱原発」が何を意味するのか、それぞれ、政党によって考え方が違うのに、具体策は説明せずに誤魔化しています。

将来、原子力発電に依存しない、エネルギー供給体制を構築すると言う計画自体には反対しませんが、

それ以前に、今この瞬間、大地震が起きたら福島第一と同じ状態になるかもしれない53基の原子炉をどうするのか。

処理方法の目途が立っていない福島第一原発のメルトダウンした核燃料をどうするつもりか。

この問に対する政策、方針を表明している政党がなく、それでは、支持出来ません。

よって、私は、支持政党がありません。

投票に行くかどうかも、まだ、分かりません。

他人様がどのような考え方で投票行動を決定するかは、各人の自由意思に任されるべきことですが、

今回ばかりは、敢えて書きます。

今、日本で問題となっている、放射能、原発、デフレ、国際関係、貿易関係(TPP)、国防、憲法等々に関して

まったく勉強せずに、基本的な知識が無いまま、「何となく気分で」投票するべきではない、と思います。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 【音楽】静かで穏やかな音楽です。 | トップページ | 【音楽】毎年恒例。12月5日はモーツァルトの命日です。 »

2012年衆議院選挙」カテゴリの記事