« 「安倍首相、敵基地攻撃「自衛の範囲内」と答弁」←「先制攻撃」も「自衛」に含まれるそうです。 | トップページ | 【音楽】ピアノのはなし。 »

2013.02.14

「危機感不足が要因=日本協会の福田会長―レスリング除外問題」←ガイジン相手の交渉が出来ない日本。

◆記事:危機感不足が要因=日本協会の福田会長―レスリング除外問題(時事通信 2月13日(水)19時56分配信)

日本レスリング協会の福田富昭会長は13日、国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で

レスリングが五輪競技から除外候補となったことを受けて記者会見し、

「(残るために)それほど力を入れて努力していなかった」と、当事者に危機感が不足していたという認識を示した。

福田会長は国際レスリング連盟(FILA)の副会長も務めているが、「IOC理事の中の情報がなかなか取れなかった」と、

事前に情報をつかめなかった事情も明かした。

その一方で、「第1回から続く伝統的な五輪競技。なぜ外れたのか」と話し、「中核競技」となった25競技の中に、

観客数や競技人口などの数値でレスリングを下回るものがあることなどを把握していたと指摘した。

今後の対応については、5月のIOC理事会までさほど時間がないこともあり、

福田会長は実施競技に残れるかどうかについて、「半々より厳しいのではないか。

相当努力しないといけない」との見方を示した。

FILAは今月16、17日にタイのプーケットで開く理事会で今後の対策を議論することになっている。


◆コメント:レスリングが除外されて、テコンドが残るのは何故か?

はっきり言って、誠心誠意韓国がロゲ会長を説得したからとは到底思えません。

余りにも不自然です。多分、「袖の下」を使ったのでしょう。


もっとも、袖の下「だけ」ではダメでしょう。

日本人の大部分は、今だにガイジンとの交渉で一番大事なことがわかっていない。

それは、「黙っていたら、認めた事になってしまう」ということです。


ガイジンを見ているとわかりますが、本当は自分に落ち度がある、と分かっているときですら、

色々と言い訳をします。彼らの中では、そのようにして自己主張し、自分を守ることが容認されています。


それから、国際レスリング連盟からはIOC理事を送り出していないそうです。

他の国が出さないなら日本から出せばいい。

レスリングが廃止になるとか、東京五輪招致などは、私は正直言って余り関心がありません。

ただ、今のオリンピック運営を見ていると、日本人がメダルを多く獲った種目はしばしばルールが変更になったり

競技自体が廃止になったり(ソフトボール等)、IOCが決める時に多分JOCの人間は何だから分からなくてだまっているのでは

ないでしょうか?

それで、ルールはガイジン(特に白人)に有利なように変更されたり、競技の廃止が決められて

日本人は、IOCにとって、

カネだけ出させておけ

という所ではないか、と思います。

差別は良くないのですが、はっきり言って現在も白人は黄色を馬鹿にしてます。

多分、それは、未来永劫なくならないと思いますが。

余りにも癪ではないですか?

天下りは大抵腹が立ちますが、語学は、「出来る」か「できない」か、

ですからどうしようもない、

外務省の役人の天下り先をJOCにしましょう。流石に普通の日本人よりは

ガイジン相手の交渉になれているでしょう。

とにかくガイジンを相手にするときに肝心なのは、パワー全開の自己主張を続けるということです。

日本式の「謙譲の美徳」など一切通じない、ということが分かっている人が、JOCに来ないとだめです。

それから、本気でレスリングを残したいなら、汚い手もいとわないこと。

ロゲ会長をこれでもか、と接待しまくる。存続した競技関係者は絶対にやっているとおもいます。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「安倍首相、敵基地攻撃「自衛の範囲内」と答弁」←「先制攻撃」も「自衛」に含まれるそうです。 | トップページ | 【音楽】ピアノのはなし。 »

オリンピック」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事