« 「火に包まれ飛び降りているのを見た…熱気球事故」←記事にデリカシーが無い。 | トップページ | 【音楽】サヴァリッシュ先生追悼番組情報/管弦楽名曲集2(廃盤)より。 »

2013.03.01

「<施政方針演説>『安全確認された原発は再稼働』安倍首相」←福島第一も「絶対安全」のはずでした。

◆記事:<施政方針演説>「安全確認された原発は再稼働」安倍首相(毎日新聞 2月28日(木)13時45分配信)

安倍晋三首相は28日午後の衆院本会議で、第2次安倍内閣発足後初めての施政方針演説を行った。

首相は「原子力規制委員会の下で、新たな安全文化を創り上げ、安全が確認された原発は再稼働する」と明言。

「原発の再稼働は、原子力規制委の専門的知見の判断による」との自公連立政権合意から一歩踏み込んだ。

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)については、日米共同声明を踏まえ

「政府の責任で交渉参加について判断する」と交渉参加への意欲を強くにじませた。

首相は冒頭で、福沢諭吉の「一身独立して一国独立する」という言葉を引用し、演説全体を通じて「自立」を強く訴えた。

外交・安全保障分野では、「在日米軍再編を日米合意に従って進める」と述べ、

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設を早期に進める考えを表明。

日米安保体制の抑止力を高めるため、日本として「さらなる役割を果たす」と述べ、

集団的自衛権の行使を禁じた憲法解釈の見直しなどを進める意向を示した。(引用者注:以下、省略)


◆コメント:こんなのが支持率70%とは、日本人は皆、バカになったのでしょうか?

2月28日の過去を調べたら、1953年のこの日、麻生太郎氏の祖父、吉田茂首相の「馬鹿野郎解散」の日でした。

何のことか分からない方は、「字引を引い」て下さい。

謂わば、「バカヤロウ記念日」ですので、私はコメント見出しに敢えて「バカ」と書きました。


安倍首相の施政方針演説に関する毎日新聞の記事を途中までしか載せなかったのは、

これ以上は意味がない、と思ったからです。


抜萃引用した部分だけでも、文句を言いたいところは幾つもありますが、今回は原発の問題に絞ります。


今、日本にある(壊れたのも含めて)54基の原発は、全て自民党政権時代に造られたものです。

自民党という政党は、原発は絶対安全だ、と国民に言い続けていましたが、

福島第一原発は、東日本大震災の震央から約180キロもはなれているのに、

簡単にこわれました。元はと言えば電源喪失により核燃料を冷却出来ず、ベントも遅れたので、

水素爆発が起きたのですが、その程度で、壊れている。これが「絶対安全」の正体だった。

自民党は「安全だ」といって建てた原子炉が壊れ、何十万という人々が故郷から避難し、大変な苦悩を強いられている

というのに、国民に謝罪もせず、原発を再稼働するという。正気の沙汰とは思えません。


そもそも、デフレ脱却もTPPも憲法改正もへったくれもありません。

福島第一原発の1号機から3号機までのメルトダウンした核燃料がどういう状態でどこにあるのかわかっていません。

あまりにも強い被曝環境のため、人が原子炉建屋に入って、中の様子を確認することもできない。

もしかすると、建屋の床のコンクリートなどとっくに溶かして地面を沈降しているかもしれない。

それが地下水脈に達したら、放射能汚染は日本中に拡がり、もうどうしようもない。

現在はとにかく上から水を注入して核燃料がありそうな所を冷却していますが、その水は汚染されていて、

無限に溜まっていくわけです。放射能は無毒化できないから、汚染水もどうしようもない。

捨てられません。超長期的には日本中に汚染水のタンクを置いてもやがて置き場所がなくなります。


更に、4号機の使用済み核燃料プールには、放射性セシウムでいうと「広島原爆の一万発以上」(小出助教)

を発する放射性物質が沈んでいますが、プールが宙づりのような不安定な状態であるうえに、

度重なる余震で、プールの構造が脆弱になっている可能性が高い。これが壊れたら、

南ならば、横浜あたりまで人が住めないほどの放射能が出るだろうといいます。


一カ所の原子力発電所で事故がおきたことにより、日本の国土そのものが

危ないというときに、施政方針演説では、福島第一の処理について真っ先に述べるべきなのに、

首相も国民も、見なければ、考えなければ、問題は存在しない、とみなす

謂わば、「一億、総オストリッチコンプレックス」に陥っているのではないと思います。

本稿の要点を結論的に繰り返すならば、

福島第一原発の処理が出来ないために、国が存続が危ういというときに、

まだ懲りないで、壊れていない原発を再稼働しようとしている。

経済も外交も憲法も日本が存続できなくなったら、意味がないのに

政治家も大衆も「怖いものはないことにする」という行動において一致してる。

それは正しくない。

ということになります。国家が「物理的存続の危機」にあるのに、

そんなことは誰も考えようとせず、ただ、安倍内閣になってから、株が上がっているから

いい内閣だと思っている日本人が多すぎます。安倍政権が支持率が70%です。

日本人から、「考える能力」が失われていると思います。悪夢を見ている気分です。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「火に包まれ飛び降りているのを見た…熱気球事故」←記事にデリカシーが無い。 | トップページ | 【音楽】サヴァリッシュ先生追悼番組情報/管弦楽名曲集2(廃盤)より。 »

ニュース」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

安倍晋三自民党総裁批判」カテゴリの記事

小出助教」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

福島原発」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自民党批判」カテゴリの記事