« 最近、あまり時事問題を書かないのは、「何を今更」と思うからです。 | トップページ | メディアが「五月病」と言い始める時期ですね。 »

2013.04.30

「アベノミクス」といっても実際にはまだ何もしてませんね。

◆株価や為替は「期待」で動きますが。

何度も書きましたが、日本人の多くは安倍政権になってから、株価が急上昇している。

「だから」、安倍政権は良くやっている、という理屈ですが、果たしてそうでしょうか。

株価や円相場は、資産価格で、市場で取引されていて、上がると思って買う人が多ければ、

上昇するのは当然ですが、それはあくまでも「期待」の表現ですが、

アベノミクスが目指す物価の上昇が、もし、金融緩和によって実現したとしても、


同時に家計の収入、つまり賃金の上昇を伴わないと、家計の負担が増えるばかりで景気は良くならない。

賃金は、「期待」ではあがりません。「期待」だけで、給料が増えるなら、誰も苦労しません。

設備投資や個人消費などの最終需要の増加を伴わないと、持続的に景気が拡大して需要が増えて、

その結果として物価が上昇するということにはならないと思います。


そして、何度も書いているのですが、「株さえあがれば、TPPも憲法も堂でも良い」というような考え方は

正しくありません。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 最近、あまり時事問題を書かないのは、「何を今更」と思うからです。 | トップページ | メディアが「五月病」と言い始める時期ですね。 »

デフレ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

安倍晋三自民党総裁批判」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

金融政策」カテゴリの記事