« アイスコーヒーに関する一考察(続編)「ワンダ オン・ザ・ロック 氷点下スペシャル」出ます。 | トップページ | 都議選。一体何度だまされたら、分かるんだよ!この馬鹿ども! »

2013.06.22

6月23日は東京都議選。7月21日が参議院選挙です。自民党議席を増やしてはいけません。

◆最も重要なことは、自民党(あるいは自公連立)に参議院で過半数を取らせないということです。

今度の日曜日には、東京都議会選挙。そして来月には参議院選挙を控えています。

最も大事なのは、アベノミクスの是非とかではなく、憲法を改正して、言論・表現の自由を制限することを公約に

掲げている自民党を勝たせてはいけない、ということです。

◆記事:23日投開票 自民第一党、自公過半数の勢い(産経新聞 2013.6.21 22:35)

参院選の前哨戦として各党が全力を挙げる東京都議選(定数127)は23日、投開票される。

自民党が民主党から都議会第一党の座を奪還し、公明党とともに過半数(64議席)を確保できるか、

第三極の日本維新の会とみんなの党が都議会に一定の勢力を築けるかが焦点。これまでのところ、

自民の第一党復帰は確実な情勢で、安倍政権の進める経済政策「アベノミクス」が一定の評価を得ることになりそうだ。

ということですが、特に参議院選挙に向けて、都議会議員選挙で自民党が勝つと、

参院選に向けて既に発表されている公約が国民に支持されている、という事になるのです。

自民党の平成24年改正憲法草案は、ここでもなんどか取り上げましたが、

憲法改正に関しては、今までの9条だけではなくて、自民党改正草案が危険なのは、

集会・結社・表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密を保障している現行憲法第21条に但書(第2項)を付け、
前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。

といってます。今の憲法は何も書いていません。何が「公益及び公の秩序」なのか、明確には書かれていませんから。

自民党の気に入らない奴は、極端な話捕まえて投獄される世の中になり得ます。今の北朝鮮や旧ソ連と変わりません。

民主党その他は、政権担当能力がある、とは思いませんが、別にもう一度民主党政権にしなくてもいいけど、

自民党が勝つと、この恐ろしい全体主義的国家に、日本が変化することになりかねません。

それは、歴史を読むと分かりますが、前回の戦争の前の日本の雰囲気に似ています。

民主党もマニフェスト掲載政策を掲載していて、

やはり憲法改正を主張するのですが、少なくとも、基本的人権をいじるつもりはないようです。

だから、都議選における東京都の有権者、参院選に於ける日本中の有権者は、

支持政党に投票するのではなく、自民党や自公連立に勝たせると、基本的人権すら侵害されるおそれがある、

それに対する「反対」意思表示をすることが大事なのです。民主党政権散々だったから、自民党に

とやってはいけません。自民党以外の一番勝ちそうな候補(参院選の選挙区)や政党(比例代表)に

投票することにより、少なくとも自公連立による独裁政治を防ぐ。

それが今回の一連の選挙で最も大事なことです。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« アイスコーヒーに関する一考察(続編)「ワンダ オン・ザ・ロック 氷点下スペシャル」出ます。 | トップページ | 都議選。一体何度だまされたら、分かるんだよ!この馬鹿ども! »

2013年参議院選挙」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

憲法改正」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事