« 【2013参院選】各党政策比較 「原発」 | トップページ | 【2013参院選】各党政策比較 「消費増税」 »

2013.07.12

【2013参院選】各党政策比較 「TPP(環太平洋経済協定)」

◆TPPで下手すると公的健康保険がなくなります。

「安倍首相は、「聖域無き関税撤廃が前提条件でなければ、TPPを推進」という立場ですが、

TPP(Trans-Pacific Partnership,環太平洋経済協定)で、非関税障壁を撤廃しろ、と言われたら、

押しのけられない気がします。

詳しくは、TPP関連で過去に書いた記事をお読み下さい。

2011.10.21 「野田首相、TPP交渉参加に改めて意欲」←ダメ。TPP絶対ダメ。

2011.10.29 「<民主党>TPP交渉参加 所属議員同士の議論をスタート」←TPP絶対ダメ(その2)。

2011.11.10 「首相『公的保険制度守る』TPP交渉巡り」←守れないでしょ?TPP絶対ダメ(その3)。

各党の公約からTPPに関する部分を抽出します。
・自民党「TPP等の経済連携交渉は、交渉力を駆使し、守るべきものは守り、攻めるべきものは攻めることにより、国益にかなる最善の道を追究します。

・民主党「TPPについては、農林水産物の重要五品目などの除外、食の安全の確保、国民皆保険の堅持などの国益を確保するために、脱退も辞さない厳しい姿勢で臨みます。

・日本維新の会「TPP参加。自由貿易圏の拡大」

・公明党 「TPP交渉で国益の最大化を」

・みんなの党「TPPのみならず、日中韓FTA、RCEP、日EU等の広域FTAを推進し、日本の国益を最大化。」

・共産党「TPP 交渉参加を撤回。TPP 交渉参加に向けてのアメリカとの事前協議では、コメ、乳製品、砂糖など重要農産物の関税で、何ひとつ保証を得ることはできませんでした。その一方で、日本の交渉参加の条件とされた「入場料」―牛肉、自動車、保険の3 分野で、アメリカの要求を丸のみしました。

・社民党「TPP参加反対。地域再生の柱に農林水産業を」

・生活の党「TPPには参加せず、各国とのFTA(自由貿易協定)を推進します。いのちと暮らしを守るために公的医療保険制度の崩壊を防ぎます。食料の自給率を高め、食の安全を確保します。」

・みどりの風「TPP参加に反対します。TPPはグローバル企業の利益を国民生活より優先させる制度です」

これは、殆どちょうど半々に賛成・反対が分かれます。

自民、民主、維新、公明、みんな、は賛成。

共産、社民、生活の党、みどりの風は反対。


TPPというのは、以前、米国が毎年日本に送りつけてきた、超内政干渉文書、「年次改革要望書」の巨大なもの、

と大雑把にいうと、そういうことです。

自民党は「攻めるべきものは攻め、」と書いてますが、共産党が書いているのが事実で、重要5品目の関税を守れてません。

それより、怖いのは繰り返しますが、アメリカは日本に対して、

日本の公的健康保険が、アメリカの保険会社が日本で商売をするのに邪魔だと

撤廃をせまるであろうということです。


今、昔ほど、個人の薬局がなくなり、皆、大手資本のドラッグストアが乱立しています。

以前は、「大規模小売店舗法」(大店法)により、量販店等が出店するに際しては、大規模小売店舗審議会の審査を受けなければならなかった。

それによって「商店街」を守っていたのですが、1989年から1990年にかけて行われた日米構造協議でアメリカが「大規模小売店舗法」の廃止を

要求し、日本がいいなりになったのが、個人商店の悲劇の始まりでした。結果的には日本で成功していませんが、アメリカのオモチャ量販店、

トイザらスが日本に出店したがっていて、アメリカ政府は日本を恫喝したのです。言われたら、絶対いいなりになるんですから。自民党は。

これを推進すると言ってるのは、人聞きが悪いけど「売国奴」だと思います。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 【2013参院選】各党政策比較 「原発」 | トップページ | 【2013参院選】各党政策比較 「消費増税」 »

2013年参議院選挙」カテゴリの記事

TPP」カテゴリの記事