« 「安倍首相の歴史的評価、鍵は経済より原発事故対応」(ブルームバーグ・コラム)←一昨日書いたとおり。 | トップページ | 「上司と親は選べない」という言葉が存在するのは、何故か? »

2013.08.15

終戦記念日だけ平和主義者のふりをするな。日本を戦争する国に戻す、と言っている安倍自民党を何故支持するのか。

◆戦争の悲惨さを繰り返してはならない、などと自民党を勝たせた後で言うな、馬鹿野郎。

今日はネット見てると、本当にイライラするというか、腹が立ちます。俄か反戦者ばかり。

だったらどうして、憲法を改正し、集団的自衛権の行使を可能にし、

武器輸出三原則も無視しようとしている首相の政党を参院選で勝たせたのか?

自分のしたことが、わかっているのですか?どうしてこんなにバカなんですか?日本人?


宮崎駿作品の「風立ちぬ」がヒットしているという。ゼロ戦を設計した堀越二郎は、

純粋に飛行機が好きであれを設計したのに、自分が作った戦闘機が他国の国民を殺し、

その乗務員にも家族がいる、ということを突き詰めて考えて非常に苦しんだと言う話だろう?

宮崎作品を見なくても知ってる。そんなことは、日本人の常識なのだ。


その映画に「感動する」ぐらいなら、どうして、好戦的な自民党を勝たせたんだ?馬鹿野郎。考えろ!

今日だけ、特攻隊員の話に泣いたって、明日の朝にはわすれてるだろう?

だから、「戦争放棄」を「放棄し」ようとしている自民党に投票したりするんだよ。

この、バカ。能なし。役立たず!



何処のバカだ?「靖国で英霊」を「供養する」って言ってんのは?アホ。神社に祀られてるのは誰?仏様?

「神社」は「神様」の「社(やしろ)」でしょ? 靖国神社の思想では戦死した人は「神様」なんです。

神様を「供養」、慰めるの?え?あんた神様より上なのかね?

そもそも戦死した人は神様にされて喜んでいないと思います。

三国同盟に反対し、開戦に反対し、何とか早く終戦に持ち込もうとした海軍の井上成美なんか、

いくら武勲を立てても東郷神社なんて、軍人を神様にするなどとんでもない、と言っている。



山本五十六が戦死したあと、故郷の新潟に「山本神社」を建てようかという話が起きたとき、

生前の山本五十六を良く知る、普段は無口な米内光政が大反対します。

「山本はそういうのが大嫌いです。神様なんかにされて一番嫌がるのは山本です」と。

それでその話はなくなりました。


戦争に反対して亡くなった人々は

自分達を神様にして美化し、まさか、またバカな「戦争」をしようとしてるんじゃないだろうな?

と言いたいだろうと、私は思います。

要するに、多くの日本人は、今日だけ「特攻隊員の遺書」や、「収容所からの手紙」

を取り上げたテレビを見て涙している自分に陶酔しているだけで、明日になれば、安倍政権が集団的自衛権の行使を

合憲にしようとしていることも、憲法を改正し、日本を純然たる「軍事国家」にしようとしていることを忘れる。


戦争をしようとするのは世界の潮流ではない。むしろ外国が、「日本の憲法9条を世界中の国が取り入れるべきだ」といっている。

アメリカの退役軍人で、二度と戦争という行為があってはならない、と主張する人物が、
対訳 地球憲法第九条 チャールズ・M. オーバビー (著) 国弘 正雄 (翻訳)

を書いている。憲法改正などもってのほかで、戦争を永遠に放棄する、と宣言し、その憲法を守り、

戦後、ただの一度も武力を行使したことがない、という事実こそを、日本人は誇りに思うべきである。

戦争のことを終戦記念日だけ考えたフリをしても意味がない。史料は無限にある。勉強しないのは怠け者だ。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「安倍首相の歴史的評価、鍵は経済より原発事故対応」(ブルームバーグ・コラム)←一昨日書いたとおり。 | トップページ | 「上司と親は選べない」という言葉が存在するのは、何故か? »

エッセイ」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

安倍晋三自民党総裁批判」カテゴリの記事

憲法改正」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事