« 人間の身体なんて、わからないことだらけのようですね。 | トップページ | 「暦の上ではディセンバー」。いるだけで、周囲を明るくする人々。 »

2013.09.05

「タンク汚染水、地下水混入か=放射性物質を検出―福島第1」←「シリアとTPPでアメリカと連携」どころではない。

◆記事1:タンク汚染水、地下水混入か=放射性物質を検出―福島第1(時事通信 9月5日(木)17時48分配信)

東京電力福島第1原発の貯蔵タンクから放射能汚染水が大量に漏れた問題で、東電は5日、

タンク南側の観測用井戸で4日に採取した地下水からストロンチウムなどのベータ線を出す放射性物質が

1リットル当たり650ベクレル検出されたと発表した。

東電は「汚染水が土壌に浸透し、地下水に混じっている可能性がある」と説明している。

東電はこれまでに、タンクから漏れた汚染水の一部が側溝から海に流出した可能性を認めているが、

地下水を通じて海に到達する恐れが出てきた。


◆記事2:シリア情勢、改善へ連携=安倍首相「大統領の努力評価」―日米首脳会談(時事通信 9月5日(木)21時13分配信)

安倍晋三首相は5日午後(日本時間同日夜)、ロシアのサンクトペテルブルクでオバマ米大統領と約1時間会談した。

両首脳はシリア情勢について、事態の改善を図るため連携していく方針を確認。国際的な強い対応が必要との認識で一致した。

首相は「国際社会の幅広いコンセンサスを得ようとする大統領の努力を評価する」と表明した。

首相は、米国の軍事介入を念頭に「大統領の考えは十分理解している。重い決意と受け止めている。

米国こそ非人道的行為を食い止める責任を有するという強い責任感に対して、心から敬意を表したい」と伝えた。

人道支援を拡大する方針も示した。

大統領は「化学兵器が使用されたことは悲劇というだけでなく、対処しなければならない国際法違反という認識だ」

と述べ、軍事介入への理解を暗に求めた。


◆コメント:安倍の馬鹿野郎。アメリカに敬意を表している場合じゃねえだろう!

問題の本質から目を逸らす安倍政権、それをそのまま論評を加えずに報ずるマスコミ、

そしてこれらを読んでも事の重大さに気がつかない世論。どれを見ても私は、腹が立って発狂しそうです。


福島第一の放射性物質が、いずれ地下水に達したら、地下水脈を伝わって広範囲に拡散する可能性は、

地震の直後から小出裕章京都大学原子炉実験所助教は指摘してきました。

地下の水脈が、日本中全部繋がっているとは思えませんが、地下水が汚染されたら、

その上の土壌で栽培された農作物が当然、放射性物質を吸い上げながら育つわけで、

そのうち、日本人は「放射性物質入り野菜」しか食べられなくなるかも知れない。

国家緊急事態です。


安倍首相はG20で、オバマ大統領とシリア問題に関して話し、

米国こそ非人道的行為を食い止める責任を有するという強い責任感に対して、心から敬意を表したい

と、伝えた、との報道です。シリアがどうなっても良いとは言いませんが、先日説明したとおり

国連憲章は、安保理決議がない、武力行使を違法行為と見なしています。

違法行為を支持してはいけないのです。

そして、化学兵器の使用は非人道的行為で、それを食い止めようとしているアメリカの責任感に、

「敬意を表する」そうですが、バカもほどほどにして頂きたい。

化学兵器が非人道的なら、アメリカが日本に原爆を落としたのは人道的なのか。

また、化学兵器が非人道的なら、アメリカはベトナム戦争で、大量の枯れ葉剤を散布しました。

名目はマラリア予防とかなんとかいいますが、実はベトコンが隠れ蓑とする草むらを無くして、

攻撃しやすくするためでした。この枯れ葉剤が原因で、ベトナムでは奇形児が大量に生まれました。

また、枯れ葉剤散布に従事した元米兵自身の健康にも害をもたらし、米国内で大問題になりました。


シリアであろうがどこであろうが、化学兵器に限らず武器は「非人道的」に決まっているし、

アメリカは他国を非難する資格はない。それに敬意を表する安倍首相はバカです。

明日以降、これを批判しなかったら、メディアも同じぐらいバカだし、そのニュースを聞いたり読んだりして

何も感じないとしたら、世論(国民)もバかです。問題外です。

安倍首相は、サンクトペテルブルクでガイジンと握手してはしゃいでいる場合では無く、

国家緊急事態である、汚染水の地下水汚染に対処することに全力を傾注するべきです。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 人間の身体なんて、わからないことだらけのようですね。 | トップページ | 「暦の上ではディセンバー」。いるだけで、周囲を明るくする人々。 »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

福島原発」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事