« 遙かなる、ロンドン。 | トップページ | 「東北の悲願 楽天が初の日本一」←休みの日に私を「早起き」させた楽天。おめでとうございます。 »

2013.11.02

警察は親切ですから、目の前の違法行為を放置するのは止めましょう。

◆マスコミは「大不祥事」ばかり報じるから誤解しがちですが。

対象は、警察に限りませんが、新聞やテレビなどのマスメディアってのは、

嫌な連中で、民間でも役所でもある組織が悪いことをしたり、構成員が不祥事を起こしたときには

鬼の首を取ったように報道しますが、「良いこと」をしても、大きく取り上げない、

ということを、念頭に置いておいた方が良いと思います。

私は、昨年から今年にかけて、たまたま、何度か警察に通報(110番ですね)したり、

警察に相談しなければいけないようなことに遭遇しました。

私の経験の範囲内では、大多数の警察署、警察官は、良心的だと思います。

確かに交通違反の取り締まりなどは、本来、警察は「犯罪、事故を未然に防止する」のが

重要な使命なのに、わざと違反させておいて、捕まえるというケースが多く、

ああいうのは感心しませんが、そうこと「だけ」が全てのように考えるのは、

正しくない。


◆ケース1:脅迫状の相談。

脅迫状というか、ネット上でのケンカが原因で相手がどういう手段を用いたかわかりませんが、

昨年、私の自宅に、なんと私の実名で、手紙がとどきました。

相手は、直前にネットで揉めたクラシックの演奏家以外にかんがえられませんが、

勿論、差し出し人の名前は書いて無い。

上手いことを考えたものです。

これがメールなら却って追跡し易いですが、封書の手紙だと

相手の居所が突き止めにくい。その相手であるという確証が無ければ、家宅捜索も逮捕もできません。

相手は、ネット上で謝罪しろ。さもないと会社に訴えるぞ、といいます。

最寄りの警察の生活安全課に相談したら、私の住所が突き止められているのは、危険だから

パトロールを強化する。異変があったら、すぐに連絡するようにいってくれました。

しかしながら、揉め事の経緯(注:当然私がネット上の揉め事をプリントアウトして説明したのです)を考えると

相手の要求をそのまま受け入れる必要はない。無視しろ、といわれました。


その後、驚いたことに、相手は私の会社に電話してきたようです(こういうことは会社の総務部が扱いますが、

相手が何と言ってきたか、詳細は教えてくれませんでしたが、

「お宅の会社の社員でJIROってのがいて、カクカクしかじかで誹謗中傷された」

というようなことを訴えたようでした。上司に呼び出されて事情をきかれましたが、

警察と同じようにそれまでの成り行きをプリントアウトしておいて、即座に事情を説明しました。

警察と、弁護士にも相談済であることも、申し添えました。隠していると、如何にもこちらがやましいようですが

全てを明らかにしたことと、相手のクレームが会社の私の仕事と全然関係ない、JIROの私事である、という事実。

これらを勘案し、会社としては、無視を決めたようで、何の処分もありませんでした。

その後、随分しつこく何度も封書が送られてきましたが、一番ひどいのは、

私がTwitterで、女房、子供について、文句と悪口(一番ひどいのは自分でも反省しましたが、

「いっそ、事故で死んでくれないかな」などと書いたのです)を書いたその過去ログを

「犯人」がプリントアウトして、私の勤務先の会社を差し出し人として

女房宛に送りつけてきたときです。家内は会社からの手紙だから、開封して読んでしまい、

それは修羅場になりますよ。

余りにもひどい。大恥をかきました。

警察に相談したら、かなり悪質だし、被疑者となりかねない人物はわかっていることから

正式に、事案として警察の記録として残してくれました。そうすると、また同じことがあったときに、

担当刑事が変わっていても、過去の経緯がすぐ分かるからと(因みに弁護士にも相談しまして、それなりの

アドヴァイスがありましたが、今日は警察の話なので省略します)、言ってくれました。


脅迫状はとまりましたが、担当刑事は1ヶ月後、2ヶ月後、
その後、何か変わったことはおきていませんか?

と電話してきてくれました。親切だと思います。警察が気に掛けてくれているというだけで

随分、気持ちが落ちつきます。それにしてもこの「事件」は騒動の思いがけない発展もさることながら、

「犯人」と推定されるのが、私が子供の頃からずっと憧れていた、プロの音楽家に間違いない、というのが

物凄いショックでした。それがこの「脅迫状」以上に私を叩きのめしました、が、それは余談です。


◆ケース2:夜中の路上の大声を110番通報。

ケース1が収束してホッとしたら、昨年12月に母にガンがみつかり、

あれよあれよ、と言う間に容態が悪化。今年の1月3日に他界しました。それは、関係ないのですが、

四十九日法要やら、納骨が終わったある金曜日の夜。夜中に私の通例で夜更かししていたら、夜中の2時半ぐらいに

家内が起きて、私の所に来て、自宅マンションのすぐ脇で、物凄い大声で誰かを怒鳴っている男がいる。

ケンカらしい。五月蠅くて眠れない、といいます。

私は、本格的なヤクザとか犯罪者みたいな奴のケンカだったとしたら、顔を見られたらまずいので、

マンションの上の階の通路から見おろした所、ケンカではなく、若い、ガラの悪い男が、

携帯電話で仕事の部下だか、同僚だか(口調と話の内容がところどころ聞こえたのですが、それから

類推すると「水商売」のようすでした)を叱りつけているのですが、

新宿歌舞伎町的恐ろしさがありました。


夜中の住宅街で、眠っている住民が覚醒するほどの大声を出す。あまりにも非常識、異常です。

私は携帯電話から110番しました。男が立って電話で怒鳴っている位置を110番受付係の婦人警官に

説明したら、

わかりました。すぐに警官を派遣します。ご連絡有難うございました。

といいます。こちらの氏名は訊かれませんでした。

数分後、男が逃げられないように、という配慮でしょうか。

男の後方から回転灯を点灯させず、サイレンもならさないで、静かにパトカーが近づき、男に近づき

あれは、任意同行を求めて男が応じたのでしょうか。アッというまに男とパトカーがいなくなりました。

このようなことでも、随分素早く対応してくれます。


◆ケース3:コンビニで騒ぐ客がいたので、携帯から110番通報。

これは、もう日付がかわったので、昨日(11月2日土曜日)のこと。

自宅近くのコンビニに入ったら、男が騒ぐ声が聞こえました。

店員にクレームをつけているのではなく、如何にも精神科的にちょっと来てるな、という

のが明らか。広い店で、最初は姿が見えなかったのですが、様子を見にいったら、最近流行の

コンビニ・コーヒーを販売するポットの前で、20歳前後の男が、床に足を投げだして座っている。

それを連れの、こちらは精神科患者風ではない、まともな友人らしい男が、座り込んでいる男を大声で叱りつつ、

何とかして床を引きずって、他人に迷惑が掛からない位置に移そうとするのですが、

「キチガイ風」は、それに対してまた、大声を出して抵抗します。

もみ合っている間にコーヒーの入ったポットをひっくり返したのでしょう。コンビニの店員が、

床を拭いてます。明らかにハタ迷惑な「騒ぎ」です。コンビニから100メートルの位置に交番があります。

しかし、かならずしも交番に警官がいるとは限らない。パトロールに出ていて、誰もいないことがある。

だからまた、携帯から110番通報しました。

コンビニで尋常じゃない騒ぎ方をしている男がいて、今のところ客や店員が暴力をふるわれる

というような重大な被害は発生していないが、放置すると危険に見える、

という意味のことを告げました。

今日の110番担当者は、男性でした。「騒いでいる男は刃物などもっていないか」などを確認し、

すぐに最寄りの警官を急行を向かわせる、と言ってくれました。

通報者である私については、名前などは、やはり訊かれず。店員か客か

を確認しただけでした。


そして、騒いでいた「キチガイ風」と友人風は、まもなく店を出てしまい、その瞬間

二人、警官がやってきたので、私は

「すみません。通報内容の男はコンビニの外に出てしまいました」

といいましたが、まだ、2人の男はすぐそばを歩いていたので、「あの二人です」といったら、

警官は、コンビニの被害が内にもかかわらず、「いえ。ありがとうございました」と

言って、くだんの男の所に一応、何を騒いでいたのか、など職質をかけに行きました。

以前の警察だったら、何も起きていないし、大した事がなさそうだから、と、

すぐに帰ってしまったのではないかとおもいます。最近は、その辺がどうやら、

些細なことでも市民の通報を軽く扱うな、という指示が徹底しているのか。

私は警察の人間ではないし、身内に警察関係者がいるわけでもないので、

想像するだけです。


◆結論:関わり合いになりたくない、と見て見ぬフリをするのは止めましょう。

昨日の「コンビニ事件」では、実害を受けた客はいないのですが、様子を観察すると

特に女性客はかなり怯えていました。しかし、誰も何もしない。

また、私がレジで支払いの時に、店員に騒いでいた男に何か被害を受けていないか

大丈夫ですか?

と訊いたら、苦笑していました。そういえば、騒ぐ男の騒ぎ方が派手な割に店員は

冷静でした。多分「常連」なのでしょう。


ならば、問題ないのか。


私は、問題だと思います。店員は知っていても初めての客は何ごとかと思います。

私ですら、ちょっとした「危険な気配」を感じたのです。客商売としては、

そういう状況を起こしてはいけない。企業(コンビニ)側としては、安易に客のことで

警察沙汰にしたくないのも、人情としてはわかりますが、

私は、こういうのを黙認しておくと、警察に通報する客もいるのだぞ、ということを

コンビニ店員に知らしめたいという意図もあり、あえて110番しました。


それはさておき。

私が本稿で申しあげたいのは、騒ぎを見て見ぬフリをするな、ということです。

Broken Windows Theory(割れ窓理論)という犯罪学の学説があります。

軽微な犯罪をも取り締まることにより凶悪な犯罪を抑止できる、という理論です。

私が、土曜日にコンビニで目撃したことは、何らかの犯罪の構成要件に該当するとは思いませんが、

(コーヒーのポットをこわしていたら、器物損壊罪の構成要件に該当しますが)、それでも

特に最近の日本人を見ているとあまりにも(下世話な表現ですが)セコい。

自分さえ良ければ良い。騒ぎは見て見ぬフリをしようと。

そういう態度が習慣化してしまうと、かつてブログで問題にしましたが、

2006年8月、JR北陸線の特急車内で、21歳の女性会社員が暴行を受け、周りに乗客が大勢いたのに

誰も何もしなかった、というひどいことが起きます。ブログで取り上げました。
2007.04.24 特急車内で女性暴行=誰も通報せず、36歳男逮捕-大阪」←対処法がある。

あきれます。普段から頭の中でシミュレーションすることです。

そして、警察に連絡しても、通報者である貴方に関して、根掘り葉掘り訊かれることはありません。

私が複数回、経験したとおりです。勿論携帯の番号から、警察は私を特定できるでしょうが

あとから、何かいわれたことはありません。つまり、通報時の様子をもう一度話せと警察から電話がかかってくるとか

警官が自宅にやってくるとか。別に貴方が関わり合いになる、という言葉で何を連想するかわかりませんが、

心配症の人は「もしかすると、自分が通報したことが、『犯人』に知られ、復讐されるのではないか」と考えることでしょう。

そういうことは、ありませんから、目の前の不正、違法行為を見て見ぬフリをする、という怯懦な態度を取るべきではありません。

それが、申しあげたい結論です。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 遙かなる、ロンドン。 | トップページ | 「東北の悲願 楽天が初の日本一」←休みの日に私を「早起き」させた楽天。おめでとうございます。 »

エッセイ」カテゴリの記事