« 「東北の悲願 楽天が初の日本一」←休みの日に私を「早起き」させた楽天。おめでとうございます。 | トップページ | 「秘密保護法案、反対」とか、まさか参院選でも自民党に投票した人がいってるんじゃないでしょうね。 »

2013.11.06

最近のニュースから、「食材表示」「中国共産党建物前で爆発」

◆記事1:消費者庁 業界団体に再発防止策報告を(NHK 11月6日 17時50分)

全国のホテルでメニューの表示とは異なる食材を使っていた問題が相次いで明らかになっていることを受けて、

消費者庁は、ホテルや旅館の業界団体に対し、再発防止に向けた取り組みについて、

その内容を報告するよう文書で要請しました。


◆コメント:細かいことを書かなければいいのではないでしょうか?<BR>

これは、虚偽表示していたのが良いことだ、とは勿論言いませんけど、

例えば「九条ネギ」が、普通のネギだった、とか、フランス産の栗が実は中国産の栗だったとか、

宮崎産の豚肉が岩手県産だったとか・・・・。


食中毒を起こしたとか、毒物、有害物質を含んでわけではないですね。

はっきり言って、九条ネギと普通のネギと食べて分かる人いませんよね?

何でもかんでもバラしてメディアは、得意そうですが。

一番確実なのは、もう細かいことは書かない。「ネギ」「栗」「豚肉」と。それならウソじゃないでしょ?

それしかないのではないでしょうか?


◆記事2;中国 共産党の建物狙った爆弾とみて捜査(NHK 11月6日 18時53分)

中国内陸部の山西省で6日朝、中国共産党の建物の近くで複数の爆発が起き、1人が死亡、8人がけがをした事件で、

現場で鉄球や電子回路が見つかったことから、捜査当局は、何者かが爆弾を作り、

共産党の建物を狙って爆発を起こしたものとみて調べています。


◆コメント:格差社会の鬱憤が爆発して、いよいよ危険です。

今までは、中央政府(中国共産党)が力ずくで抑え込んでいましたが、その共産党のビルがテロ攻撃を受けているのと

同然ですが、あまりのも経済的格差が激しいから、遂に大衆の不満が爆発した、

ということで、まかり間違えばクーデターですが、何しろ10億人以上もの国家だから、収集がつかなくなる。

しかし、かつて、ベルリンの壁が市民によって破壊されたり、冷戦の片方、ソビエト社会主義共和国連邦がなくなってしまうなど、

昔は、我々が生きている間にそんなことが起きるのを(テレビを通してですが)目の当たりにするとは、

想像だにしなかったのです。

山西省という地方ではありながら中国共産党、つまり国家権力そのものに対して

殆どテロ攻撃をした国民(多分少数民族など、上に上がるチャンスがない人)が遂にでた

ということは、ただちにではありませんが、国家の基盤が脆弱化している予兆かもしれません。

何が起こるか分からない。但し、そういう場合、中国政府の常套手段として、政府への不満を逸らす

ために、日本を攻撃して、あらゆことをきっかけに言いがかりをつけてくる可能性があるので、

極東情勢の不安定化に結び付きます。ですので、他人事ではないのです。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「東北の悲願 楽天が初の日本一」←休みの日に私を「早起き」させた楽天。おめでとうございます。 | トップページ | 「秘密保護法案、反対」とか、まさか参院選でも自民党に投票した人がいってるんじゃないでしょうね。 »

ニュース」カテゴリの記事